山形県の方言丸わかり!山形弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、山形県で日常的に使われている山形弁を紹介します。

スポンサーリンク

山形弁(村山弁、新庄弁、置賜弁、庄内弁)

山形弁には村山弁、新庄弁、置賜弁、庄内弁の4種類がありますが、主に使われているのは村山地方で使われている村山弁になります。

あ行の山形弁

あ行意味
あがすけ
あがすけたがり
目立ちたがりや
あがてけらっしゃいおあがりになって
どうぞごゆっくり
あがれ召し上がれ
あぐどかかと
あんぽんたんバカ
うがえ多い
うそこぎ嘘つき
えーふりする気取る
えぐらわりえ意地が悪い
えぶて煙たい
えぶりけむり
おしょーしない
おしょーしなっし
おしょーしねー
ありがとうございます
おどがえ
おばんですこんばんは
おめさんあなた
おもしゃいおもしろい

か行の山形弁

か行意味
がんすございます
ぎんばるがんばる
来ねが?来ないかい?
げさく下品
こだなものこんなもの
ごっつぉごちそう
こわえ疲れた

さ行の山形弁

さ行意味
ししゃますする困る
したげつば
しばれる非常に寒い
しゃね知らない
しょうしいはずかしい
ずるこえずるい

た行の山形弁

た行意味
食べてごえ召し上がれ
たね電池
たんぱらすぐに腹を立てる
気が短い
づさまおじいさん
つったえ冷たい
でぼっこ不器用な人
てんつこきうそつき
てんつこくうそをつく
てんぽかたりうそつき
どげーだどう
どんな

な行の山形弁

な行意味
なしてんだなやいったい
どうしてなの?

は行の山形弁

は行意味
ざさまおばあさん
はずかすえ恥ずかしい
ばっこうんこ
ばっち
ばっつ
末っ子
はやえなっすおはよう
はらくっついお腹がきつい
ぶずぐず壊す
べご
へなこ女の子
ほでなしろくでなし
馬鹿
ほんて?ほんとう?
ほんてんだの?ほんとうにそうなの?

ま行の山形弁

ま行意味
めんごいかわいい
もっかえる倒れる
もっけだのありがとうございます

やらわ、その他行の山形弁

やらわ行意味
やくたね役に立たない
つまらない
やろこ男の子
わらす
んぼこ
子ども
わらわら急いで
んだそうだ
んだっすそうです(敬語)
んだっけが?そうだっけ?
んだべ?そうだろ?
んだべっす?そうでしょ?(敬語)
んだべがそうかしら
んだがもすんねそうかもしれない
んだの?そうなの?
~が?~ですか?
~か?
~ねが?~ないですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました