WHOとは?何をメインにやっているかわからないから解説する

雑学
あいどん君
あいどん君

コロナの流行でこの人よく見かけるんですけど、何をしている人なんですか?

あいどん君
あいどん君

あいのー先生
あいのー先生

WHOの人だね。

新型コロナウイルスの感染拡大のニュースを見ていると度々出てくる「WHO」。
このWHOが一体どんな組織なのがご存じでしょうか?

名前は聞いたことがあるけど、「健康分野の国連機関」ぐらいの認識の方が多いのではないでしょうか。

今回は、WHOとは何なのか?何をしているのかを紹介します。

スポンサーリンク

WHOとは?

WHOは英語で「World Health Organization」の略で日本語では「世界保健機関」と呼ばれます。
(フランズ語では「Organisation mondiale de la santé」の略でOMSと呼ばれる)

「全ての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」を目的として設立された国連の専門機関です。

WHOは人々の「健康」を守り、害するものから防ぐ唯一かつ核心をなす国際衛生機関と言えます。

WHOが定める「健康」とは「病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること」。
つまりコロナ等の感染症対策はもちろんのこと、精神的な病や生活環境にまで対応しています。

WHOはいつできたのか?

Wikipediaより参照

WHOは1948年4月7日に設立されました。
設立日である4月7日は世界保健デーとなっています。

WHOのシンボルマークは、世界地図をオリーブの葉が取り巻く国際連合旗の中心に、医療の象徴であるアスクレピオスの杖(蛇の巻き付いた杖)をあしらったもの。

設立以来全世界の人々の健康を守るため、広範な活動を行っています。
現在の加盟国は194カ国であり(※1)、日本も、1951年5月に加盟しています。

※1 2020年3月現在の加盟国

WHOは何をしている所なのか?

WHOは、国連システムの中にあって保健について指示を与え、調整する機関です。

グローバルな保健問題についてリーダーシップを発揮し、健康に関する研究課題を作成し、規範や基準を設定します。
また、証拠に基づく政策選択肢を明確にし、加盟国へ技術的支援を行い、健康志向を監視、評価しています。

WHOの活動分野は、以下のようなものがあげられます。

  • 国際保健事業の指導的かつ調整機関としての活動
  • 保健事業の強化についての世界各国への技術協力
  • 感染症及びそのたの疾病の撲滅事業の推進
  • 医学情報の総合調整
  • 保健分野における研究の促進・指導
  • 生物学的製剤及び類似の医薬品、食品に関する国際的基準の発展・向上
  • 健康関連SDGs目標に到達するために各国を支援

代表的な取り組みが国際疾病分類(ICD)の作成です。
あらゆる病気とけがの分類と死因など約1万4000項目がまとめられていて多くの国が参照し、日本だと医療保険の支払いなどの基準にもなっています。

TVでよく見るあの人は誰なのか

Wikipediaより参照

TVでよく見かけるこの方は、WHOの事務局長です。
エチオピア政府で2005年から2012年にかけて保健大臣を務め、2012年から2016年にかけて外務大臣を務めています。
2017年7月1日にWHO事務局長に就任し、任期は2022年6月30日までとなっています(5年間)

名前:テドロス・アダノム
生年月日:1965年3月3日
出身:エチオピア

WHOとは?何をメインにやっているかわからないから解説する

コメント

タイトルとURLをコピーしました