7月7日は七夕ではない?七夕は何をしてどう過ごすのがいいのか?

雑学
あいどん君
あいどん君

もうすぐ7月7日。七夕ですね~。

あいのー先生
あいのー先生

7月7日は実は七夕ではない。

あいどん君
あいどん君

え!?

七夕は織姫と彦星が、年に一度だけ会うことを許された特別な日。
日本では7月7日が七夕というのが常識ですが、実は七夕は本来、7月7日ではないんです。

今回は、夏の夜空を彩る七夕の真実についてご紹介します。

スポンサーリンク

7月7日は七夕ではない?

「伝統的七夕」という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

七夕の行事は、もともと現在の7月7日ではなく、江戸時代まで使っていた太陰太陽暦(旧暦)の7月7日に行われていました。

旧暦の7月7日は、現在の暦で8月20日頃となり、毎年日にちが異なります。

太陰太陽暦による7月7日に近い日、月の動きに関係して、南西の空に輝く夏の夜に月齢がおよそ6の月の日が、伝統的七夕にあたります。

ちなみに2020年の伝統的七夕は、8月25日です。

7月7日はたいてい梅雨の時期にあたりなかなか天候に恵まれていないので、比較的天気が安定している伝統的七夕の頃は、両者の距離はさておき、織姫と彦星にとっても報われる日なのかもしれません。

七夕は何をして過ごすのがいいのか?

天に流れる天の川を眺めたり、短冊に願い事を書いたりして過ごす方が多いと思いますが、七夕はどのように過ごせばよいのでしょうか。

短冊に願い事を書く

七夕には、短冊に願い事を書いて、笹に括り付けたことは誰でも子どもの頃にあるはず。
街中でも誰でも自由に願い事を書けるよう、短冊と笹を用意しているイベントなどを見かけます。

でも、短冊に書く願い事は、もともと何でもいいわけではなかったんです。

七夕に短冊を飾るのは、中国の乞巧奠(きこうでん・きっこうでん)に由来しています。
陰暦七月七日の夜に、牽牛星(けんぎゅうせい)・織女星を祭る儀式で、織姫は「機織り」が上手だったことから、これにあやかって裁縫が上手になるように祈ります。

それが日本に伝わり、日本では和歌や習字などの「芸事」が上手くなるようにと短冊に書くようになり、現在ではどのような願い事でも良いという風習に変化していっています。

そして実は願い事の種類によって適した色があるのはご存じでしょうか。

短冊の色は「五行思想」と呼ばれる考え方にちなんだ色使いがされています。

白(正しさ):規則や義務を守る願い事
黄色(真実・信頼):人間関係を円満にする願い事
青・緑(思いやり・真心):人間的成長の願い事
赤(誠意):相手に感謝する願い事
紫・黒(知識):勉強や資格に関係する願い事

短冊の色別に上記のような意味があります。

飾り付けをする

七夕飾りには、ひとつひとつに意味があります。

神衣(かみこ):裁縫が上達し、着るものに困らなくなるといわれています。
網飾り:魚を捕る網を表し、幸せを絡めとる、豊年豊作大漁の意味があります。
巾着(財布):金運上昇や商売繁盛の意味があります。
折鶴(千羽鶴):長寿のシンボルである鶴を飾って、長寿を願います。
吹き流し:織姫の織り糸を表しており、五色を用いて魔除けの意味もあります。
くずかご:ものを粗末にしない、整理整頓、清潔という意味があります。

そうめんを食べる

人日の節句に七草粥を食べたり、ひな祭りにちらし寿司を食べるように、七夕にも行事食があります。
七夕の行事食は「そーめん」です。

お祭りに行く

「月遅れの七夕」として、8月7日前後に七夕を行う地域が全国にあります。

旧暦では7~9月が秋にあたるため、7月といえば初秋の行事。
そのころの季節感でお祭りができるよう、ひと月遅れの8月に七夕を行うところが多いのです。

名称時期場所
ねぶた祭り8月2日~7日青森県青森市
仙台七夕祭り8月6日~8日宮城県仙台市
精大明神例祭7月7日京都府京都市
安城七夕まつり8月第1金・土・日愛知県安城市
湘南ひらつか七夕まつり7月第一金曜日から3日間神奈川県平塚市

星を見て過ごす

七夕の日は夜空を見て過ごすのも風情があります。

ただ、7月上旬は梅雨の時期なので、天候が場合はプラネタリウムに行ってみるのも面白いかもしれません。

7月7日は七夕ではない?七夕は何をしてどう過ごすのがいいのか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました