正しい昼寝の仕方とは?夜の睡眠を邪魔しない正しい昼寝を解説

雑学

仕事に追われる毎日だったり、ゲームや読書をしたい時などにやりがちなのが「睡眠時間を削る」ことです。しかし睡眠時間を削るという行為は、身体のリズムを崩しますし、不規則な睡眠時間を長く続けると体調不良にもなりかねません。

夜の寝る時間をきちんと確保することが一番いいのですが、それも難しい場合におすすめなのが昼寝です。
実は昼寝は、身体を休めるだけでなく、日中の作業効率を上げる重要な行為なのです。

今回は昼寝の驚くべき効果と正しい昼寝の仕方を紹介します。

スポンサーリンク

昼寝の効果

日本人は、欧米人に比べて平均睡眠時間が30分も短いそうです。
さらに、睡眠に不満を抱えている人も多く、寝酒に頼らないと寝れない人も多く存在します。

睡眠不足が続くと、昼間に眠くなりやすいです。
そんな時に眠気を我慢して仕事や勉強などをしようとしても結局集中力が続かずにパフォーマンスが低下してしまいます。どうしても眠い時は昼寝(仮眠)をとることで、眠気がなくなり集中力を維持することができます。

また、午前中の仕事で会議が続いてストレスが溜まったり、単純作業が続くことで仕事への飽きを感じてくると、眠気が発生しやすくなります。昼食後に満腹感を得ることによって眠気がさらに加速され、仕事への意欲が一気になくなってしまいます。
このような眠気や意欲の低下も、昼寝をとることで解消することができます。

昼寝をした方がいい人

1日の睡眠時間は、6~8時間とるのが理想です。(適切な睡眠時間は個人差があります)
次のような状態にある人は、昼寝も利用して睡眠不足を解消するようにしましょう。

  • 朝、すっきり起きられない
  • 睡眠不足だと感じているが、睡眠時間を確保できない
  • 平日と休日の睡眠時間に2時間以上の差がある
  • 寝る前にアルコールを飲まないと寝れない
  • 睡眠の質に不満がある

正しい昼寝の仕方

昼寝は長い時間取ってしまうと、脳が深い眠りの状態にはいってしまうので注意が必要です。
短い睡眠(仮眠)をとることで、頭がスッキリして集中力や注意力の向上につながります。

昼寝(仮眠)は12時~16時の間に15分~20分間だけ行うようにしましょう。

16時以降に眠気が来た場合は夜まで我慢した方がよいでしょう。
遅い時間に仮眠をとると、夜の睡眠に悪影響がでてしまいます。昼寝は必ず16時より前に終わらせるようにしましょう。

また眠る時間も20分を目安にしてください。
それ以上寝てしまうと、脳が深い睡眠状態になってしまい、その状態で起きると眠気や倦怠感が残ってしまいます。
人によって睡眠に入るまでの時間が異なるので、自分が気持ちよく起きれる時間を探してみてください。最大でも30分までとしましょう。

一番ベストな時間はお昼休みの時間です。
お昼休みの前半で昼食をとり、コーヒーや緑茶でカフェインをとってから昼寝をすると良いでしょう。目覚める頃にはカフェインの効果でスッキリとした頭で午後の仕事をはじめることができます。

まとめ

睡眠不足の解消や、日中の眠気対策には昼寝を活用しましょう。
15分~30程度の短い睡眠をとることで、低下していた集中力を持ち直すことができます。

実は、昼寝は厚生労働省が推奨している睡眠12か条の中でも推奨されています。

みなさんも、昼寝をとって睡眠不足による疲労から解放されましょう!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました