三つ子の魂百までを克服する大人になってから性格を変える方法とは

雑学

大人になると色んな人に出会い、自分の足らない部分が色々と見えてきます。
そんな時には、
「あの人は友達がいっぱいいて羨ましい」
「すごく行動力のある人だ、すごいな」
「自分の性格がこうじゃなければよかったのに」


このように、他人を羨んだり、自分を卑下したりしがちです。
特に、仕事や恋愛などのプライベートがうまくいっていない時は、このような気分になりがちです。

三つ子の魂百までとも言いますし、果たして大人になってから性格を変えることはできないのでしょうか?

今回は大人になってから性格を変える方法を紹介します。

スポンサーリンク

大人になってから性格を変える方法

先ほど出た「「三つ子の魂百まで」は、幼いころの性格は、年をとっても変わらないという意味のことわざです。

これは半分その通りで、半分は間違っています。

人間、生まれ持った気質は変わりませんが、
後天的に形成された性格はいくつになっても変えることは可能です。

性格とは、思考の癖のこと。
人は年齢を重ねるごとに思考の癖が固まっていきます。

自分の性格で悩む方というのは、この自分の思考の癖が自分自身で窮屈なものになっているのです。
なので、性格を変えたいのであれば、思考の癖を修正する必要があります。

思考の癖を変える方法、すなわち性格を変える方法をいくつか紹介します。

会う人を変える

毎日同じ、会社の人や友人と会うばかりではありませんか?
そのような状況だと、毎日同じような話で新しい刺激がなく、性格も変わりません。

そんな時は思い切って、新しい出会いの場所へ出向いてみましょう。
自分を変えるには、周り(付き合う人)を変えるのが有効です。

あなたと同じ悩みを抱えている人、まったく違う考えを持っている人など様々な人に出会う事で新しい知識や経験が生まれます。

実際に会う事が難しければ、SNSなどで趣味が合う仲間を探してみるのも手です。

見た目(髪型、着る服)を変える

鏡に映る自分をいつもの自分と違う自分にしてみましょう。

憧れていたけど、自分には似合わないと思って諦めていた髪型や服装にチャレンジしてみるのも良いでしょう。
いきなりガラっと変えるのは勇気がいるかもしれませんが、最初は普段帽子をかぶらない人は被ってみる、メイクを変えてみたり、サングラスをかけてみるなど小さな変化でも大丈夫です。

太っている自分が嫌ならダイエットも効果的です。
外見のコンプレックスを解消することで、性格が明るく活発になることがあります。

見た目を変えるだけで何か新しい自分に出会えるかもしれません。

新しい知識を得る

最近はスマホのニュースサイトや、YouTubeなどで情報を仕入れている人もいます。
しかし、それだと自分の興味のあることしか取り入れないなど、普段の自分に必要な情報しか入ってきません。

新しい自分に出会うために、本屋さんに行って普段読まないような本を手に取ってみたりしてみてください。

新しい知識を取り込むと、視野が広がり新しい価値観を受け入れやすくなります。

いつもと違う言動をする

性格は言動のあとからついてくる、という面があります。

たとえば、憧れのあの人だったらこう言いそうと思った言葉を発言をしてみてください。

たとえそれがあなたの本心でなかったとしても、発言後に抱く自分へのイメージはポジティブなものに変わります。
これを意識的に続けることで言動に内面が引っ張られ、徐々に性格が変わっていきます。

人間は、「言動と性格に一貫性を持たせたい」という意識があります。

内気な性格を変えたいのであれば、まずは無理にでも大きな声で喋ったり、作り笑いでもいいので笑顔を心がけたり、いろんな人に自分から話しかけたりと、普段とは逆の行動をとってみます。
続けるうちに、いつしか本心からそういった行動をとれるようになります。

まとめ

自分の性格を変えたいと思うなら、変えていきましょう。

「私はこういう性格だから仕方ない」「大人になった今からではもう遅い」と諦める必要はありません。
性格は大人になってからでも変えられます。

自分を変えたいと思っているなら、すでにあなたは変わり始めています。
すべては行動できるかどうか、それだけです。
最初の一歩を踏みだすことが何よりも大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました