サーモスのタンブラーと水筒がすごい!真空断熱技術を解説

雑学
あいどん君
あいどん君

サーモスのタンブラーってなんで人気なんですか?

あいのー先生
あいのー先生

保温・保冷能力の高い、真空断熱技術が凄いよね。

飲み物を飲むときに必要なのがコップ。

最近では、飲み物の冷たさ、温かさがキープできるタンブラーが人気です。

中でもサーモス(THERMOS)のタンブラーの人気が高く、沢山の人の愛用されています。

サーモスのタンブラーや水筒には、真空断熱技術が使われており、高い保温性、保冷性があります。

今回は、サーモスのタンブラーや水筒に使用されている真空断熱技術について紹介します。

スポンサーリンク

熱や冷気を逃がさない2重構造

サーモスのタンブラーや水筒は、熱々の飲み物をいれても外側が熱くならないので手で安全に持てますし、冷たい飲み物を入れても外側が結露しないのでテーブルを汚しません。

これはサーモスのステンレス製の魔法びんが、外びんと内びんの2重構造の容器になっているからです。
外びんと内びんの間は宇宙空間と同じ、高真空状態になっています。

高真空状態は、熱を伝える気体分子がほとんどないため、熱が外びんまで到達することがありません。

また、内びんの外側に放射率の小さな金属箔を巻きつけていて、熱放射による放熱を防いでいます。
これが、ステンレス製魔法びんの高い断熱効果の秘密となっています。

熱移動による放熱の遮断

魔法びんはステンレスの2重構造で、外びんと内びんの間を真空状態にしています。真空は宇宙と同じで、熱を伝える気体分子がほとんどないため熱を伝えません。

熱放射による放熱の遮断

内びんの外側に金属箔を巻きつけることで逃げようとする熱を反射させ、熱放射による放熱を防ぎます。

1重構造と2重構造では、保温力・保冷力が大きく異なります。
長時間の保温や保冷には真空断熱の魔法びん構造が圧倒的に有利です。

上記図のように、通常の1重構造のやかんでは時間経過とともに温度は急激に下がっていきますが、サーモスの2重構造ステンレスポットの場合はその減少が緩やかで、長い時間たった後でも温かさをキープしています。

保冷に関しても同様で、サーモスの製品なら長時間冷たい状態をキープすることが可能です。ガラスコップと時間経過の温度差を見るとこんなにも違います。(上記図)

高い保冷力があるので、氷が長持ちします。時間がたっても氷が溶けにくいので飲み物の味が薄まりにくく、最後まで美味しく頂くことが可能となっています。

安心できる徹底した品質管理

サーモスのステンレス製魔法びんは、はじめに高度な金属加工によって作られた二重構造の容器を大型の真空チャンバーの中に入れ、1/1000万気圧以下という高真空状態の中で二重構造の底の封止穴をふさいで作られます。

さらに容器をそのまま2~3週間保管して、製造後に発生しやすい真空不良を発見するエージング工程や、その後に保温性能を全数検査するなど、厳しい品質管理を実施しています。

この高度な技術と厳格な管理こそ、サーモスが高い人気を誇る理由です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました