賞味期限と消費期限の違いは?どれぐらい過ぎると問題になるの?

グルメ

気が付いてたら切れてるものと言えば、

そう「賞味期限」ですね。

冷蔵庫を見直したら、あれも切れてる、これも切れてる。
もう全部捨てちゃおう!

って待ってください!
それまだ食べれるかもしれません!

実は日本の食品ロスは年間600万トンを超えており、家庭での食品ロスにおいて捨ててしまう理由として多いのが
「食べきれなかった」
「いたんでしまった」
についで「賞味期限、消費期限が切れてしまった」だそうです。

賞味期限、消費期限を正しく理解すると、実は食べることができるものがわかって食品ロスも減らせれます。

今回は、意外と知らない
「賞味期限と消費期限の違いとは?」
「賞味期限が切れたものはいつまで食べられるの?」
「期限表示って誰が決めてるの?」
「期限表示がない食品とは一体」

を紹介します。

スポンサーリンク

賞味期限と消費期限の違いは?

すべての加工食品の期限表示には、賞味期限と消費期限の2つがあり、製品の特性に応じてどちらかを表示する義務があります。(一部の製品を除きます)

「賞味期限」は、定められた方法に従って保存した場合に、その食品に期待されるすべての品質を十分保っていると認められる期限のことをいいます。つまり、加工食品について、期限内であれば、おいしく食べられることを保証する期限のことです。
例:スナック菓子、即席めん類、缶詰、牛乳、乳製品など

「消費期限」とは、定められた方法において保存した場合において、品質が劣化しやすく速やかに消費すべき食品(製造または加工後、およそ5日以内で品質が劣化するもの)について、腐敗・変敗などの劣化に伴う衛生上の危害が発生するおそれがないと認められる期限のことをいいます。例:弁当、調理パン、惣菜、生菓子類、食肉、生めん類など

簡単に言うと
「賞味期限」は「おいしく食べられる期限」
「消費期限」は「安全に食べられる期限」

ということになり、
食品の期限表示は品質の劣化が早いものには「消費期限」、
品質の劣化が比較的緩やかなものは「賞味期限」が製品に記載されています。

どれぐらい過ぎると問題になるの?

はたして、賞味期限、消費期限を過ぎたものは食べても大丈夫なのでしょうか。
賞味期限、消費期限によって対応が変わってくるのでご注意ください。

賞味期限が切れたらどうする

賞味期限の表示は、以下ルールが定められています。

製造加工後3か月以内のものは年月日表示
製造加工後3か月以上のものは年月表示

年月しかない場合は、その月いっぱいはおいしく食べれますよという意味になります。

賞味期限は、製造者(メーカー)が自社や試験機関で、微生物試験(腐敗や食中毒の原因菌検査)、理化学試験(粘りや濁り)や官能試験(実際に人が匂いを嗅いだり、味見)などを経て決定するほか、試験せずに、類似の商品の科学的・合理的な根拠に基づいて期限を設定しています。

そういった試験の結果、賞味期限が決まるのですが、そこからさらに安全係数(約0.7~0.8)と言われる数値をかけて、実際よりも短い期間が賞味期限が設定されています。

仮に試験の結果、製造から30日間の賞味期限が保証できるとしても、安全係数をかけて21日間が賞味期限として設定されるということです。
安全性を高めるために、期限にゆとりを持たせているわけです。

なので賞味期限を超えた場合は、必ずしもすぐに食べれなくなるわけではなく、多少賞味期限を過ぎても問題なく食べることができるということです。

ただし、未開封・未使用・適した保存方法を守った場合はいいのですが、開封後や決められた方法で保存していない場合には、期限前でも品質が劣化することがあります。
賞味期限だから過ぎても大丈夫という事ではなく、食べられるかどうかは、最終的には消費者が個別に判断する必要があります。

変なにおいがする、ぬめりがある、などの異常が見られたら、たとえ賞味期限内であっても捨てたほうがよいでしょう。

消費期限が切れたらどうする

先述しましたが「消費期限」は「安全に食べられる期限」です。
ということは
「消費期限が切れた」は「安全に食べられる期限が過ぎた」ということになります。

消費期限が記載されているものは劣化が早い商品なので、見た目やにおいに異常がない場合でも消費期限を過ぎたものは食べないようにしてください。

消費期限には厳しく記載のルールがあり必ず年月日まで書かなければなりません。
スーパーやコンビニの商品なんかは、時間まで書かれていたりします。

消費期限も、賞味期限と同じく、試験を行い消費期限を決めて、さらに安全係数がかけられていますが、そもそも消費期限は5日以内と期間が短いので、安全係数で発生する期間も短くなります。
ものによっては安全係数をかける前と後で賞味期限が変わらない場合もあります。

消費期限が記載されているものは、消費期限内に食べるようにしましょう。
また、開封をした場合は、消費期限に限らず、すぐに食べきるようにしてください。

賞味期限表示義務なし、という特別枠の食品あり

食品表示基準上の加工食品については、容器や包装の表示可能面積が30cm2以下のもの、品質の変化が極めて少ないものは、表示の省略ができるとされています。

期限表示が省略できる食品は以下です。

  • でん粉
  • チューインガム
  • 冷菓
  • 砂糖
  • アイスクリーム類
  • 食塩およびうま味調味料
  • 酒類
  • 飲料水および清涼飲料水(ガラス瓶入りのもの(紙栓を付けたものを除く。)またはポリエチレン製容器入りのものに限る。)

まとめ

  • 「賞味期限」は「おいしく食べられる期限」
  • 「消費期限」は「安全に食べられる期限」
  • 賞味期限・消費期限は、法律で一律に決められた設定基準はないので、メーカーがそれぞれの基準に沿った保存テストをし決めている
  • 袋や容器を開けると賞味期限・消費期限は短くなる
  • 保存方法が悪いと賞味期限・消費期限は短くなる
  • 消費期限表示のものはとにかく早く消費する
  • 賞味期限表示のものは期限過ぎてもある程度の期間は食べられる
  • いつまで食べれるかは、最終的には匂いや見た目で判断する必要がある
賞味期限と消費期限の違いは?どれぐらい過ぎると問題になるの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました