手取り18万円でいかに快適に過ごすか。ライフプラン見直し!

お金&暮らし
あいどん君
あいどん君

手取り18万円でも快適に過ごす方法を教えてください!

あいのー先生
あいのー先生

ライフプランを見直そう。贅沢はたまにね。

手取り18万円と聞いて、高いと感じますか?低いと感じますか?

多くの人はこの金額を低いと感じると思います。

家賃の相場など、いろいろな物価を考えると手取り18万ではあまり好き勝手使うことは難しいのが現状です。

しかし、手取り18万円でも、趣味や貯金にお金をまわすことは可能です。

今回は、「手取り18万円でいかに快適に過ごすか。ライフプラン見直し」を紹介します。

スポンサーリンク

手取り18万円とは

給与はそのままの金額が手元にはいるわけではありません。

給与から社会保険料や税金などが控除された額が支払われます。

給料から厚生年金保険料や健康保険料、雇用保険料、所得税の源泉徴収額、住民税が控除された金額が手取りになります。

手取り18万円は大体月収22万~23万円になります。

手取り18万円の理想的な生活費内訳

手取り18万円が手に入ったとしても全てが自由に使えるわけではありません。
そこから家賃や食費などの生活費を抽出する必要があります。

主な生活費と手取り18万の場合の内訳は以下です。

家賃6万円
食費3.5万円
水道光熱費1万円
通信費1万円
交通費0.5万円
雑費(日用品・消耗品)1万円
娯楽・交際費2.5万円
その他(貯金など)2.5万円
合計18万円

それぞれの項目についてみていきましょう。

・家賃

家賃は手取りの30%程度を目安に考えておきましょう。

手取り18万円だと約6万円です。
6万円以内の物件は地方だとわりとありますが、東京23区内だと少し厳しいかもしれません。
東京の場合は、23区外に住むか、給料を上げる事を考えたほうがよいでしょう。

家賃は一度決めてしまうと、下げようと思っても下げれない固定費になってしまいます。
家賃はできるだけ抑えることが重要です。

家を選ぶ際は、検索条件を絞りすぎないのがポイントです。

場所、間取り、駅近、築浅と色々な条件を足すと選択肢が少なくなってしまいます。
ここだけは外せないというポイント以外はできるだけ条件を緩くして、沢山の中からよりいい物件を探してみてください。

食費

食費は3.5万円。
1日あたり約1160円と結構厳しく思うかもしれませんが、これは自炊をすれば意外とクリアできると思います。
食費月3.5万だと時々外食をしても大丈夫な金額です。

YouTubeなどにも、節約ご飯などの動画がありますので参考にしてみてください。

【夫手取り15万で専業主婦したいので】1ヶ月食費1.5万円生活その1【ゆる国産縛り編】

この動画の方なんて、2人で月1.5万円ですから、1人で月3.5万円も使えると思ったら楽ですよね。

人間、体が資本なので、節約の為に食べないという選択はしないでください。
しっかり食べて、節約もするようにしましょう。

水道光熱費

水道光熱費は1万円前後で抑えましょう。
これらは変動費なので、削減しやすい部分でもあります。

毎月1万円を超えるようであれば、契約内容や家電の使い方を見直してみてください。

通信費

スマホやパソコンの通信費は1万円に抑えましょう。

格安スマホに変えたり、契約プランを見直すことで通信費は5,000円以下に抑えることも可能です。

交通費

交通費は5,000円です。
これは、休みの日に外出した際の交通費を想定しています。
通勤にかかる交通費は、会社負担である会社を選んだ方がよいでしょう。

雑費(日用品・消耗品)

日用品や消耗品に使う雑費は1万円に抑えましょう。
セール時にまとめ買いをしたり、割引クーポンを利用したりすることで節約すると良いでしょう。

娯楽、交際費

娯楽、交際費は月2.5万円です。
友達との飲み会など週1回程度は可能です。

ここに月7000円のスポーツジムや習い事などの高額な固定費が入ってくると負担が大きくなってしまいます。
身体を動かしたいのであれば市民プールやジョギングや家での筋トレなど、習い事であればWEBサイトや本などで習うと安く済みます。

その他(貯金など)

残ったお金は貯金に回すようにしましょう。

友達の結婚式のお祝いや、怪我や病気など急にまとまったお金が必要になる場面は多々あります。

将来の自分のためにも、貯金も毎月行うようにしましょう。

もっと自由に使えるお金が欲しい!

もっと娯楽にお金を使いたい!と思う人が取れる行動は2つあります。

  • 支出を減らして、自由に使えるお金を増やす
  • 本業や副業を頑張って、収入を増やす

支出を減らす方法

支出を減らす最も効果的な方法は「固定費を減らす」ことです。

  • スポーツジムに通っている人は、ジムを辞める
  • スマホをキャリアから格安スマホに変えてみる
  • 使っていないサブスクリプションサービス(動画配信など)を解約する
  • 車を手放して維持費を削減する

これらを行うことで、月数千~数万円の支出を減らすことができます。

収入を増やす方法

支出を減らす額には限度がありますが、収入を増やす額に関しては限度がありません。

節約もいいですが、節約をすることで何かを我慢したり、日々の生活でストレスを抱えるようであれば収入を増やすことを考えたほうがよいでしょう。

収入を増やすには、以下の方法があります。

  • 昇格し、給料アップを目指す
    └仕事を頑張って給料を上げましょう。
  • 資格を取る
    └資格手当などがある場合は、資格を取るのもいいでしょう。
  • 転職をする
    └今いる会社に成長性がないさそうであれば、今後伸びそうな業界へ転職するのも手です。
  • 投資を行う
    └株式などの資産を運用することで配当金などの副収入を得ることも可能です。投資は元手が大きいほど有利なので、毎月少額でもいいので若いうちからコツコツと積み重ねるとよいでしょう、
  • 副業をする
    └あいた時間を使って副業をしましょう。副業に関しては以下の記事を参考にしてみてください。

まとめ

今回は、手取り18万円で快適に過ごす方法を紹介しました。

手取り18万円でも「自炊」や「固定費の削減」で支出を抑えることで、自由に使えるお金も増えます。
抑えるところはしっかり抑えて、使う場面でパーっと使えば、生活も豊かになるのではないでしょうか。

節約自体がつらいという方には、収入を上げることをおススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました