サボテンにもかなりの種類がある。その数と特徴とは

インテリア

花屋さんに行くとなぜか見てしまうサボテン

色んな形の種類があって可愛いですよね。
今回は、サボテンの種類や特徴について紹介します。

スポンサーリンク

サボテンの種類

サボテンを見ていると、様々な形のものがあることがわかります。
サボテンって一体何種類あるのでしょうか。

サボテンは、サボテン科に属する植物の総称で、北アメリカと中央アメリカを中心に生育しています。そして、その数はなんと2000種類以上と言われています。

サボテンの種類

シャコバサボテン

サボテン科スクルンベルゲラ属に属する森林性樹上着生生活をするサボテンの一種である。ブラジルリオデジャネイロ州のオルガン山脈などの高山を原産とするサボテンで、冬場(北半球ではクリスマスの時期)に開花することから「クリスマス・カクタス」と海外では呼ばれる。短日性植物で一日の日照時間が短くなってくると蕾を形成することが知られている。シャコバサボテンの種内交配園芸品種も昭和期には日本に多数存在していたが、現在はほとんどが失われてしまった。茎の節ごとに一対の突起が隆起しており、これがシャコの身体を彷彿とさせることからこの名が付いた。

Wikipediaより

ウチワサボテン

形態は、一部の種を除き、円筒形または小判型の茎節をいくつも連ねた姿をしている。ハシラサボテン亜科のように一つのシュートが何年も伸び続けることはあまりない。若い茎節には鱗片状の葉がつき(すぐに脱落する)、一部の属では明確な葉に発達する。全体の形としては、樹木のようになるもの、小山状のクッション(群落)を形成するものの二つが多い。

Wikipediaより

月下美人

メキシコの熱帯雨林地帯を原産地とする、サボテン科クジャクサボテン属の常緑多肉植物である。葉状茎の丈が1mから2mにまで達するとつぼみの形成が見られる。花は、夜に咲き始め翌朝までの一晩でしぼみ、めしべに他家受粉が起きなければ散ってしまう。花冠は20-25cm程度であり、白い。香りが強いこと、夜間開花すること、小型哺乳類の訪花に耐える強度を持つこと、花粉と花蜜が虫媒花よりも多いこと、それらは生態学的に送粉シンドロームのコウモリ媒花の特徴に一致する。これは原産地の新大陸の熱帯地域において花蜜食・花粉食を示す一部のヘラコウモリ科の小型コウモリ類媒介受粉への適応と考えられている。

Wikipediaより

ハンニャ

ハンニャは、サボテン科アストロフィツム属(有星類)の一種である。アストロフィツム属のなかでは最も大きく生長する植物で、若いうちは腰高の球形だが、成長すると円柱形になり、直径30cm、高さ1m以上になることもある。茎は深緑色で星状のピンドットがあり、鋭角になっている稜は普通8本で、螺旋状にカーブしている。稜に沿っていくつかの刺座があり、鋭い針状の刺が放射状に映えている。「星」の出方は個体によってかなり個性があり、おもしろい模様に出るものは、高値で取引されている。星が全くない「青般若」というのもある。

Wikipediaより

サボテンの育て方

サボテンは水やりが少なくて済むので育てやすい植物です。
トゲトゲだけかと思いきや、かわいい花を咲かせてくれます。

サボテンは乾燥した砂漠や、雨の少ない土地、高山などの他の植物が育ちにくい過酷な環境でも生育できるよう、葉、茎、根に水と栄養分を蓄えています。

サボテンの保管場所

サボテンは日当たり、風通りの良い場所に置くようにしましょう。

ただし直射日光はNGです。直射日光を当てると植物の日焼け「葉焼け」状態になってしまいます。
また風通しが悪いと、病害虫の原因となります。

また温度管理にも気を付けましょう。
5度以下の寒い場所での保管はやめましょう。
寒い冬などは、外に出しておくよりも室内で保管するとよいでしょう。

サボテンの水やり

サボテンは5~9月に生育期を迎え、12~2月に休眠期となります。
それぞれの時期に合った水やりを行うようにしましょう。

春:ある程度水を必要とする次期です、土が乾いたら全体が湿る程度の水を与えます。
夏:夏は水を上げすぎると蒸れてしまうので、土が乾いてから2日ほど空けてから温度の高くない夕方に水やりを行います。
秋:冬の休眠期に向かう時期です。2週間に1回くらいのペースで十分です。
冬:上げなくても大丈夫ですが、乾燥で枯れてしまう場合もあるので、乾燥している時は月に1回程度の水やりを行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました