中学生でもできるバイトはあるのか?法的に難しいなら解決方法はあるのか

お金&暮らし
あいどん君
あいどん君

中学生でもできるバイトってあるんですか?

あいのー先生
あいのー先生

あるにはあるけど、基本的には中学生は働いてはいけないよ。

求人サイトや、バイト雑誌などを見ているとよく見かけるのが

「学生歓迎!」
「高校生可!」

などの文字。

大学生や高校生をターゲットにした宣伝文句なのだろうが、中学生がアルバイトをすることはできないのだろうか。

今回は、中学生でもできるバイトはあるのか?法的に難しいなら解決方法はあるのかを紹介します。

スポンサーリンク

中学生でもできるバイトはあるのか?

そもそも中学生は法律で基本的に働いてはいけないとされています。

労働基準法で、雇い主のルールとして
「満15歳になってから最初の3月31日が終了するまでは雇ってはいけない」
つまりは働かせてはいけないということになっています。

15歳の3月31日は、ちょうど中学校卒業までの期間にあたります。
中学校まで義務教育なので、学業優先ということなのでしょう。

しかし、禁止されている中学生のアルバイトですが、一部例外があります。

新聞配達や芸能活動はOK。

中学生アルバイトの例外に関して、労働基準法第56条で、以下のように定められています。
(雇用側のルールです)

・児童の健康及び福祉に有害でなく、かつ、その労働が軽易なものについては、行政官庁の許可を受けて、満十三歳以上の児童をその者の修学時間外に使用することができる。
・映画の製作又は演劇の事業については、満十三才に満たない児童についても、同様とする。

「児童の健康及び福祉に有害でなく、かつ、その労働が軽易なもの」に明確な線引きはありませんが、新聞配達や牛乳配達は中学生でも許可されています。

修学時間外のみ働くことが許されているので、早朝か夕方の時間帯のみのアルバイトになりますが、その時間帯なら好きに働いていいというわけでもなく、「行政官庁の許可を受けて」とありますので、学校や役所の許可が必要になります。

「映画の製作又は演劇の事業」については、テレビや映画等で活躍する、子役の仕事などが該当します。

また、働く時間に関しても、18歳未満は22:00~8:00の間は働くことが禁止されています。

やりたい仕事がしたい!

アルバイトは先ほど説明した通り色々な制限がありますので、
やりたい仕事をするのは難しいかもしれません。

しかし、アルバイト、つまり雇われる働き方でなければやりたい仕事が可能です。

「学生起業」という言葉があります。

大体の人は大学生が在学中に起業するようなイメージをもっているのではないでしょうか。

実は、起業は中学生でも可能ですし、実際、中学生で起業している方もいます。

会社設立を伴わない起業であれば、何歳からでも可能です。
(起業というより、個人事業という感じですね。)

会社設立を伴う場合は、設立時に印鑑証明が必要で、印鑑登録が15歳以上しかできないため15歳から可能です。

中学生で起業した方で有名な方と言えば
椎木 里佳さんが2013年2月14日(当時中学3年生)で株式会社AMFを設立されています。
会社を設立してすぐに高校生になっているので、「女子高生社長」として有名になった方です。

まとめ

中学生は基本的には働いてはいけないとされていますが、中学生でもできるアルバイトや仕事はあります。
しかし、中学校は義務教育で学業優先のため、働くためには親、学校、役所などの許可が必要です。

中学生でもできるバイトはあるのか?

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました