ネグレクトとは?育児放棄や育てられない親が増えてきている?

雑学
あいどん君
あいどん君

先生、ネグレクトって何ですか?

あいのー先生
あいのー先生

幼児・児童・高齢者・障害者などに対し、その保護、世話、養育、介護などを怠り、放任する行為を指すよ。

でも最近は子どもに対するネグレクトがよく話題になってるね。

育児を放棄して遊びに出かける親などがTVで話題に上がる事が多くなっています。
その背景には、貧困、薬物やアルコールの乱用、精神障害、片親による育児などがあるようです。

今回は、子どもに対するネグレクトについて紹介します。

スポンサーリンク

ネグレクトとは

一般的にネグレクトとは、「幼児・児童・高齢者・障害者などに対し、その保護、世話、養育、介護などを怠り、放任する行為」を指します。

最近では中でも特に、子どもに対して行われるネグレクト、すなわち「育児放棄」を意味して使用されることが多いです。
育児放棄による死亡例がTVなどで取り上げられているので、そのイメージが強いのだと思います。

小どもに対するネグレクトは、身体面、情緒面、医療面、教育面で必要不可欠なものを与えないことです。
ネグレクトは「身体的虐待・精神的虐待・心理的虐待とならぶ虐待の一つ」とされています。

ネグレクトの原因

ネグレクトは多くの場合、不十分な育児技能、ストレス対処技能の不足、支援が得られない家庭環境、ストレスの多い生活環境など、複数の要因が組み合わさって生じます。

ネグレクトは経済的ストレスと環境ストレスのある貧困家庭で発生することが多いです。
特に、親に精神障害(典型的にはうつ病、双極性障害、統合失調症)、薬物またはアルコールの乱用、または知的障害などがみられる場合に、その傾向が強まります。

片親家庭の小児では、収入が低く、利用可能な資産が少ないことにより、ネグレクトのリスクが生じます。

ネグレクトの種類

小どもに対するネグレクトには、いくつかの種類があります。

身体的ネグレクト

親や養育者が、小どもに十分な食事、衣類、居住環境、監督、潜在的危害からの保護を与えない状況を言います。

情緒的ネグレクト

親や養育者が、子どもに愛情やその他の情緒的な支援を与えない状況を言います。
子どもは無視されたり、拒絶されたり、他の子どもや大人との交流を妨げられたりします。

医療ネグレクト

親や養育者が、子どもにけがや(身体的または精神的な)病気がある時に必要な治療を受けさせない状況を言います。
子どもが病気になったときに医療機関の受診を遅らせ、より重い病気にかかるリスクを高め、死亡に至らしめることさえあります。

教育的ネグレクト

親や養育者が、子どもを学校に入学させなかったり、公立学校や私立学校などの通常の学校へきちんと出席させなかったり、在宅教育を受けさせなかったりする状況を言います。

ネグレクトの影響

虐待の一つであるネグレクトは、子どもにさまざまな悪影響を与える可能性があります。

身体的影響

ネグレクトが子どもに与える身体的影響としては、十分な食事が与えられず栄養障害になってしまったり、愛情不足により成長ホルモンが抑えられて成長不全を引き起こしたりという身体的発育への悪影響のほか、保護者の監督不十分により子どもが事故に巻き込まれたり、保護者の関心あるいは知識不足によって治療すべきケガ・病気が放置され悪化したりという直接的な悪影響が挙げられます。

知的発達面の影響

ネグレクトのなかには、子どもが学校に行けていないケースも存在します。
そのようなケースでは、子どもの言語発達に遅れが生じたり、学力が同年代の子どもと比べて低くなってしまったりする可能性が高いです。学年に応じた学力が身に付かないことで、その後の進学や就職において困難を抱えてしまうことが予想されます。

心理的影響

ネグレクトが原因で、親との間に適切な愛着関係が築けないと、愛着障害や感情のコントロールに関する障害を発症することが多く、そのために対人関係で困難を抱えるようになってしまうことがあります。

また、ネグレクトされた経験がトラウマとなり、長い間苦しむこともあります。

ネグレクトを回避するには

ネグレクトから子どもを救うためには、ネグレクトが行われている疑いがあることを関係機関に伝えられる必要があります。

ネグレクトを受けていると思われる子どもを見つけた場合、その内容を児童相談所に通告しましょう。
虐待の通告は「児童虐待対応において極めて重要」とされており、したがって、児童虐待防止法では、すべての国民に通告義務を課しています。

速やかな通告がされないと、行政機関も虐待の防止に向けた活動を行うことができず、虐待を受ける子どもの生命や心身に大きなダメージを与える危険性が高くなります。

ネグレクトの通告先は?

「189」に電話連絡します。
「189」は厚生労働省により設けられた全国の児童相談所の共通ダイヤルです。

相談は24時間365日いつでもすることができます。
相談者の氏名や相談内容に関する秘密に関しては口外されないよう定められているため、相談者にとって安心して相談しやすい環境が整えられています。児童相談所の担当者に対して氏名を明かしたくない場合は、匿名での相談もおこなうことができます。

まとめ

保護者の愛情や関心が子どもに向かないことで生じるネグレクトは、子どもの精神的・身体的な発達に大きなダメージを与えます。

しかしネグレクトを受けている子どもは、日常的に虐待を受けていながら、それを虐待と感じていないこともあります。また、幼児などの小さい子どもは自分でSOSを出すことができません。

子どもを救うためには、周りの人が気づき、早急に支援の手を差し伸べることが極めて重要です。もし疑いのある子どもを見つけたら、勇気をもって行動するようにしましょう。

ネグレクトとは?育児放棄や育てられない親が増えてきている?


コメント

タイトルとURLをコピーしました