メジャーMVP歴代一覧!基準は?大谷と去年の選手を比較してみた

メジャーリーグはまもなく2021年のレギュラーシーズンを終えます。9月中にはおおむね、ポストシーズンの顔ぶれや各個人タイトルも見えてきそうです。

我らが大谷翔平選手は、果たして新人王以来のタイトル獲得なるか。最も有力視されているのがリーグMVPですが、ところでメジャーのMVPってどうやって選ばれるのでしょうか。その基準や歴代受賞者一覧などをご紹介しましょう(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

MVPは「Most Valuable Player Award」の略。シーズンで最も活躍した「最優秀選手」をたたえる賞ね!

\ MLBを見たい人のための比較表! /

月額(税込)月額960円
登録後2週間無料!
2,944円1,650円2,170円
MLB放送166試合
日本人選手中心
ほぼ全試合全試合不定期
ホームランダービー
オールスターは?
番組表なし
デメリットテレビはつなげないと
見ることができない
CSが家に通っていることが前提wi-fi定額が必須
テレビで見れない

メジャーMVP歴代一覧

9月11日現在、メジャーで激しく本塁打トップを争っている大谷翔平選手。投手でも10勝の大台まであと1つと迫り、ベーブ・ルース以来1世紀以上出ていない「2桁ホームラン&2桁勝利」の同時達成も間近です。

この大活躍から、米メディアやファンからは「オータニのMVP間違いなし!」の声が聞こえてきますが、果たしてどうなるのか。その基準をお伝えする前に、まずは過去の歴代MVP一覧をどうぞ。

アメリカンリーグ選手名所属チームポジションナショナルリーグ選手名所属チームポジション
2020ホセ・アブレーユホワイトソックス1B2020フレディー・フリーマンブレーブス1B
2019マイク・トラウトエンゼルスCF2019コディー・ベリンジャードジャーズ1B
2018ムーキー・ベッツレッドソックスOF2018クリスチャン・イエリッチブルワーズOF
2017ホセ・アルチューベアストロズ2B2017ジャンカルロ・スタントンマーリンズRF
2016マイク・トラウトエンゼルスCF2016クリス・ブライアントカブス3B
2015ジョシュ・ドナルドソンブルージェイズ3B2015ブライス・ハーパーナショナルズOF
2014マイク・トラウトエンゼルスOF2014クレイトン・カーショードジャーズP
2013ミゲル・カブレラタイガース3B2013アンドリュー・マカッチンパイレーツCF
2012ミゲル・カブレラタイガース3B2012バスター・ポージージャイアンツC
2011ジャスティン・ヴァーランダータイガースP2011ライアン・ブラウンブルワーズOF
2010ジョシュ・ハミルトンレンジャーズLF2010ジョーイ・ヴォットレッズ1B
2009ジョー・マウアーツインズC2009アルバート・プホルズカーディナルズ1B
2008ダスティン・ペドロイアレッドソックス2B2008アルバート・プホルズカーディナルズ1B
2007アレックス・ロドリゲスヤンキース3B2007ジミー・ロリンズフィリーズSS
2006ジャスティン・モーノーツインズ1B2006ライアン・ハワードフィリーズ1B
2005アレックス・ロドリゲスヤンキース3B2005アルバート・プホルズカーディナルズ1B
2004ヴラディミール・ゲレーロエンゼルスRF2004バリー・ボンズジャイアンツLF
2003アレックス・ロドリゲスレンジャーズSS2003バリー・ボンズジャイアンツLF
2002ミゲル・テハーダアスレチックスSS2002バリー・ボンズジャイアンツLF
2001イチロー・スズキマリナーズRF2001バリー・ボンズジャイアンツLF
2000ジェイソン・ジアンビアスレチックス1B2000ジェフ・ケントジャイアンツ2B
1999イヴァン・ロドリゲスレンジャーズC1999チッパー・ジョーンズブレーブス3B
1998ファン・ゴンザレスレンジャーズOF1998サミー・ソーサカブスOF
1997ケン・グリフィー Jr.マリナーズOF1997ラリー・ウォーカーロッキーズOF
1996ファン・ゴンザレスレンジャーズOF1996ケン・カミニティーパドレス3B
1995モー・ヴォーンレッドソックス1B1995バリー・ラーキンレッズSS
1994フランク・トーマスホワイトソックス1B1994ジェフ・バグウェルアストロズ1B
1993フランク・トーマスホワイトソックス1B1993バリー・ボンズジャイアンツOF
1992デニス・エッカーズリーアスレチックスP1992バリー・ボンズパイレーツOF
1991カル・リプケン Jr.オリオールズSS1991テリー・ペンドルトンブレーブス3B
1990リッキー・ヘンダーソンアスレチックスOF1990バリー・ボンズパイレーツOF
1989ロビン・ヤウントブルワーズOF1989ケヴィン・ミッチェルジャイアンツOF
1988ホセ・カンセコアスレチックスOF1988カーク・ギブソンドジャーズOF
1987ジョージ・ベルブルージェイズOF1987アンドレ・ドーソンカブスOF
1986ロジャー・クレメンスレッドソックスP1986マイク・シュミットフィリーズ3B
1985ドン・マッティングリーヤンキース1B1985ウィリー・マギーカーディナルズOF
1984ウィリー・ヘルナンデスタイガースP1984レイン・サンドバーグカブス2B
1983カル・リプケン Jr.オリオールズSS1983デイル・マーフィーブレーブスOF
1982ロビン・ヤウントブルワーズSS1982デイル・マーフィーブレーブスOF
1981ロリー・フィンガーズブルワーズP1981マイク・シュミットフィリーズ3B
1980ジョージ・ブレットロイヤルズ3B1980マイク・シュミットフィリーズOF
1979ドン・ベイラーCAL エンゼルスOF1979キース・ヘルナンデス

ウィリー・スターゲル

カーディナルズ

パイレーツ

1B

1B

1978ジム・ライスレッドソックスOF1978デイヴ・パーカーパイレーツOF
1977ロッド・カルーツインズ1B1977ジョージ・フォスターレッズOF
1976サーマン・マンソンヤンキースC1976ジョー・モーガンレッズ2B
1975フレッド・リンレッドソックスOF1975ジョー・モーガンレッズ2B
1974ジェフ・バローズレンジャーズOF1974スティーヴ・ガーヴィードジャーズ1B
1973レジー・ジャクソンアスレチックスOF1973ピート・ローズレッズOF
1972リッチー・アレンホワイトソックス1B1972ジョニー・ベンチレッズC
1971ヴィダ・ブルーアスレチックスP1971ジョー・トーリカーディナルズ3B
1970ブーグ・パウエルオリオールズ1B1970ジョニー・ベンチレッズC
1969ハーモン・キルブルーツインズ1B1969ウィリー・マコーヴィージャイアンツ1B
1968デニー・マクレインタイガースP1968ボブ・ギブソンカーディナルズP
1967カール・ヤストルゼンスキーレッドソックスOF1967オーランド・セペダカーディナルズ1B
1966フランク・ロビンソンオリオールズOF1966ロベルト・クレメンテパイレーツOF
1965ゾイロ・ヴァルサレルツインズSS1965ウィリー・メイズジャイアンツOF
1964ブルックス・ロビンソンオリオールズ3B1964ケン・ボイヤーカーディナルズ3B
1963エルストン・ハワードヤンキースC1963サンディー・コウファックスドジャーズP
1962ミッキー・マントルヤンキースOF1962モーリー・ウィルズドジャーズSS
1961ロジャー・マリスヤンキースOF1961フランク・ロビンソンレッズOF
1960ロジャー・マリスヤンキースOF1960ディック・グロートパイレーツSS
1959ネリー・フォックスホワイトソックス2B1959アーニー・バンクスカブスSS
1958ジャッキー・ジェンセンレッドソックスOF1958アーニー・バンクスカブスSS
1957ミッキー・マントルヤンキースOF1957ハンク・アーロンブルワーズOF
1956ミッキー・マントルヤンキースOF1956ドン・ニューコムBRO ドジャーズP
1955ヨギ・ベラヤンキースC1955ロイ・キャンパネラBRO ドジャーズC
1954ヨギ・ベラヤンキースC1954ウィリー・メイズNY ジャイアンツOF
1953アル・ローゼンインディアンズ3B1953ロイ・キャンパネラBRO ドジャーズC
1952ボビー・シャンツフィリーズP1952ハンク・ソーヤーカブスOF
1951ヨギ・ベラヤンキースC1951ロイ・キャンパネラBRO ドジャーズC
1950フィル・リズトヤンキースSS1950ジム・コンスタンティフィリーズP
1949テッド・ウィリアムズレッドソックスOF1949ジャッキー・ロビンソンBRO ドジャーズ2B
1948ルー・ブードローインディアンズSS1948スタン・ムシアルカーディナルズOF
1947ジョー・ディマジオヤンキースOF1947ボブ・エリオットBOS ブレーブス3B
1946テッド・ウィリアムズレッドソックスOF1946スタン・ムシアルカーディナルズ1B
1945ハル・ニューハスサータイガースP1945フィル・カバレッタカブス1B
1944ハル・ニューハスサータイガースP1944マーティー・マリオンカーディナルズSS
1943スパッド・チャンドラーヤンキースP1943スタン・ムシアルカーディナルズOF
1942ジョー・ゴードンヤンキース2B1942モート・クーパーカーディナルズP
1941ジョー・ディマジオヤンキースOF1941ドルフ・キャミリBRO ドジャーズ1B
1940ハンク・グリーンバーグタイガースOF1940フランク・マコーミックレッズ1B
1939ジョー・ディマジオヤンキースOF1939バッキー・ウォルターズレッズP
1938ジミー・フォックスレッドソックス1B1938アーニー・ロンバルディレッズC
1937チャーリー・ゲーリンガータイガース2B1937ジョー・メドウィックカーディナルズOF
1936ルー・ゲーリッグヤンキース1B1936カール・ハベルNY ジャイアンツP
1935ハンク・グリーンバーグタイガース1B1935ガビー・ハートネットカブスC
1934ミッキー・コクランタイガースC1934ディジー・ディーンカーディナルズP
1933ジミー・フォックスフィリーズ1B1933カール・ハベルNY ジャイアンツP
1932ジミー・フォックスフィリーズ1B1932チャック・クラインフィリーズOF
1931レフティー・グローヴフィリーズP1931フランキー・フリッシュカーディナルズ2B
スポンサーリンク

メジャーMVPの決め方・基準は?

ジョー・ディマジオ、ルー・ゲーリック、ミッキー・マントル、ハンク・アーロン……歴史の教科書でしか見かけないような〝偉人〟級の名前がズラリと並ぶメジャー歴代MVP

そこに何と何と、日本人の大谷翔平選手が並ぶのか!!そもそもMVPはどんな基準でどうやって選ばれるのか、まずはその基本から見てみましょう。

MLBは、1931年から始まったBBWAA(全米野球記者協会)によるMVP表彰を公式記録としているから、意外にもベーブ・ルースの名前はリストにないんだね

MVPの基準

後述するように、メジャーのMVPは全米の投票権を持つベテラン記者が選手に投票し、最高点を得た選手が受賞します。このため「候補者リスト」があるわけではなく、記者個人個人が全メジャーリーガーの中から自分の分析や判断で選ぶものです。

とはいえ、一定の「不文律」的な基準はある様子。例えば、1956年に最優秀投手賞「サイ・ヤング賞」が創設されて以後は「MVPは投手以外から選出すべき」という考え方が浸透しています。

そして野手を選ぶ際は「WAR」というセイバーメトリクスの指標が最も重視されるそうです。これは「Wins Above Replacement」の略で「そのポジションの代替可能選手に比べてどれだけ勝利数を上積みしたかを示す数値。

つまりそのチームで、交代要員がたくさんいる〝平均的なフツーの選手(=WAR0)〟がプレーした場合と比べて、その選手がプレーしたことで何勝上積みできたかを表します。

投・打・守備の各部門ごとに算出。だから投手と打者の貢献度を公平に比較できる利点があるといわれるわね

権威ある「Baseball reference」の最新データでは、2021シーズンのWARランキングは以下の通りとなっています。

1位 大谷(エンゼルス投手・打者) 7.7

2位 ウィーラー(フィリーズ投手) 6.6 

3位 セミエン(ブルージェイズ野手) 6.5

4位 レイ(ブルージェイズ投手) 6.5

WARは8以上だとMVP級、5でオールスター級、2でスタメン級だとされる
スポンサーリンク

MVPの選び方

MVPはBBWAAから選ばれた30人の記者が投票して決めます。NPBと異なり、投票結果は「どの選手が何票得たか」まで詳細に公開されます。記者名と所属メディア、その記者が誰に投票したかも公表されるため、逆に記者には投票に明確な説明責任が課せられる厳格な賞です。

記者が各リーグ10名までに順位をつけ投票。1位の選手には14ポイント、2位9ポイントなどポイントが付与され、合計点が一番多かった選手がMVPとなります。

最近ではケングリフィー、ボンズ、プホルス、トラウトさんが1位満票!さて大谷サンはどうかしら

大谷翔平とアブレイユ、フリーマンを比較してみた

MVP基準とされるWARでは今季、トップを独走中の大谷翔平選手。では昨季2020年のMVPである、アブレイユ(アリーグ)、フリーマン(ナリーグ)の両選手と比較してみましょう。

■大谷翔平(2021年9月11日現在)

・(投手)9勝2敗、防御率3.36、(打者)本塁打44、打率.258、打点94、盗塁23、OPS.972

・WAR 7.7

■ホセ・アブレイユ(ホワイトソックス)

・(20年)打率.317、本塁打19、打点60、OPS.987

・WAR 3.3

■フレディ・フリーマン(ブレーブス)

・(20年)打率.341、本塁打13、打点53、OPS1.102

・WAR 3.1

20年は60試合の短縮シーズンだったため、WARもスタッツも少ないのだな

大谷翔平はMVPか?海外の反応

  • この男は野球に命を吹き込んでいる。すでに伝説なのだ
  • 100パーセント疑いなく大谷がMVPです
  • 最近ちょとスランプだけど、審判の嫌がらせが多すぎるせいもある。差別じゃないの?
  • 万一MVP取れなかったら抗議モノだ。彼はすべてのカテゴリーで非常識な数字を出している。他に誰がやっているというのか
  • 大谷翔平はMVPという言葉を再定義した。彼にこの賞を与えないのは犯罪だ。超絶なパフォーマンスと謙虚さ、スポーツマンシップ。リトルリーグの子供たち全員が好きだという。彼のおかげで沢山の新しい野球ファンが生まれてる

出典:YouTube

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

  • 2021メジャーで注目のMVPは誰?全米記者30人の投票で最多得点選手が受賞
  • 基準は「投手以外」「WAR重視」。大谷翔平は現在WAR7.7でメジャートップ
  • 海外SNSでは「100%大谷」「彼以外なら犯罪」「他に誰がやれてるのか?」

日本のプロ野球では、いまだ「三冠王」「優勝チームの中軸打者」といった〝オールド基準〟で、しかも記者の無記名投票で行われているMVP選出。

メジャーでは透明度や論理性、ファンへの説得力が非常に重視されている点で、やはり長い歴史へのリスペクトや「メジャーは世界一の野球」という誇りを感じます。

「厳粛なるメジャーMVP」。11月とみられるその発表の瞬間を静かに待ちたいと思います。

▼▼【朗報】Abemaで2021/7/1からMLBが見れるようになった!!!▼▼


2週間無料!その他オリジナルドラマ多数。韓国ドラマも多いから見てみて

この記事を見ている人は以下の記事も見ています

スポンサーリンク