生活リズムを一定に保つには?生活リズムが狂うと大変なことになる!?

雑学

金曜日の夜に夜更かししちゃったり、土日に寝だめしたりで、
生活リズムが崩れる人は多いのではないでしょうか。

「昼間頭がぼーっとする」
「食欲がない」


それって、もしかして生活リズムの崩れからくるものかも?

今回は、生活リズムが狂うことで起きる影響と、生活リズムを一定に保つ方法を紹介します。

スポンサーリンク

生活リズムが狂うとどんな影響がある?

生活リズムが狂うと体にどんな影響があるのでしょうか。
夜更かしや、昼夜が逆転した生活などを続けると

  • 日中頭がぼーっとする
  • 疲れがたまりやすくなる
  • 食欲がでない
  • 寝たい時間に眠れない

など、慢性的な体の不調の原因になってしまいます。

また、生活リズムが狂いやすい人は、肥満(メタボ)であったり、糖尿病のリスクが高いと言われています。
さらには、WHO(世界保健機関)は、日勤・夜勤を繰り返す交代勤務のシフトワーカーは生活リズムも乱れやすく、日勤者より発がんのリスクが高いと認めています。

生活リズムが乱れることのリスクは相当大きいと言わざるを得えません。

生活リズムについて

なぜ生活リズムがあるのか

人にはそもそも24時間(実際にはプラス数十分)のリズムで体温や血圧、脈拍、ホルモンの分泌が体内で行われています。
そして、生活リズムは朝の太陽の光で整います。

朝起きて太陽の光が眼に入ることで体内時計がリセットされ、24時間の生活リズムが始まります。
逆に変な時間に強い光を浴びると体内時計も乱れ、眠れなくなったりすることもあります。

なぜ生活リズムが狂うのか

先ほどもありましたが、生活リズムは太陽のなどの強い光に影響を受けます。

体内時計の機能に最も影響のある要因は光なので、夜遅くまで起きてずっと明るい環境に身をおいていたり、朝遅い時間まで寝て太陽の光を浴びる時間が遅れてしまったりすると生活リズムが乱れてしまいます。

今では、カーテンの質もあがり、朝太陽が出ている時間でも遮光カーテンで部屋の中が暗い状態を作ることもできます。
現代人は生活リズムが崩れやすい環境にいるといえます。

また、光の他にも食事によって生活リズムが崩れるとも言われています。

脳などの視交叉上核にある体内時計は太陽の光によって調整されますが、
心臓や肝臓、腎臓などの臓器にも固有の時計があり、それらは食事、特に栄養バランスの整った朝食の刺激により1日をスタートさせます。

朝日を浴び、朝食をとって1日の活動をスタートさせるというリズムが体の調子を整えているからこそ、朝食抜きといった生活リズムの乱れが眠りの問題、ひいては心と身体の健康状態を左右することになります。

生活リズムを整えるには?

生活リズムを整えるには、以下の点を気を付けましょう。
毎日できることから少しずつ取り組んで、生活リズムを整えましょう。

朝、決まった時間に起きる

起床時間は、1日の生活リズムの基本です。朝弱くてどうしても起きられない方は、朝にやらなきゃいけない用事を作ると起きやすくなります。

太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びることで体内時計がリセットされます。そこから15~16時間後にメラトニンが分泌されて眠気が起こるように体はできています。

朝食を食べる

朝食を食べると、眠っていた脳やからだが目覚めます。朝日を浴び、朝食をとることで体内時計がリセットされ、一日の生活リズムが整います。

夜、強い光を浴びない。

寝る前にPCやスマホの光などを浴びると体が、朝になったと勘違いして寝付けなくなります。

夜、寝る3時間前には食事を済ませる。

体(内蔵)を休ませ、肥満を予防するためにも眠る3時間前までには夕食を済ませておきましょう。

まとめ

生活リズムが狂った生活を続けると体に負担がかかり、精神的にも辛くなります。
人間は自然と朝起きて、夜寝るように出来ています。
このリズムを崩すことで、無気力になったり、体がだるくなったり、病気のリスクが高まったりします。
自分では普通だと思っている生活リズムを、一度見直してみませんか?

生活リズムを一定に保つには?生活リズムが狂うと大変なことになる!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました