何をやるかではなく何をやらないのを決めるのが良い。その決め方は?

雑学
あいどん君
あいどん君

あれもしたい、これもしたい、もっとしたい、もっともっとしたい

あいのー先生
あいのー先生

喋ってる?歌ってる?やりたいことをやるためには、やらないことを決めるのも重要だよ。

やりたい事、やった方がいい事、やらなきゃいけない事ってそれぞれありますよね。

そういうことを全部やろとして積み重ねていくと、それだけで時間も体力も資金も消費してしまいます。

ジムに行って、英会話ならって、自炊して、子どもの世話して・・・
すべてを自分一人でこなしていくことはできません。

自分の時間は有限です。
何かを辞めないと、新しい事は始めれませんし、そもそも新しいことがしたいと思える思考になりません。

やりたい事、やった方がいい事、やらなきゃいけない事、色々とあると思いますが取捨選択して辞める勇気も必要です。

会社の中で無駄な作業ってありますよね。
この会議やる意味ある?この作業ってやる必要ある?いくらでも出てきます。
こういうのは、第三者的に物事を見ているので結構気付けます。

でも、自分の事となると意外とやらなくてもいい事を自分でやってしまっていることもあります。
本当にそれをアナタがやる必要があるのか、考えてみてください。

今回は、何をやらないかを決める方法を紹介します。

スポンサーリンク

何をやらないかを決める

人生において優先順位付けは非常に大事です。

なぜなら人の時間は有限だからです。

自分の人生を豊かなものにしたいのであれば時間の使い方を大切にしましょう。
そして何に自分の時間やお金を使うかを決めてください。

やりたいことに注力するためにも「やらないこと」をはっきりさせることは非常に重要です。

使うべきじゃない所にお金や時間を使っていると、自分が大事にしている物事にお金や時間を使う事ができなくなってしまいます。

自分がどういう人生を歩みたいかを考えた時に、それに必要のないことに対して時間やお金を使うのを辞める必要があります。
そして、残った物事に時間やお金を使う事で、よりいい人生になります。

やった方がいい事から、やらなくてもいい事を辞める

最近はSNSをやる人が増えて、情報がどんどん溢れてきます。

そうなると、絵がうまい人を見ると絵の勉強がしたい、英語ができる人を見ると英語を習いたい、スタイルのいい人をみると筋トレがしたいなど、SNSを見ているとやった方がいい事が次々あふれてきます。

たしかに、どれも出来たほうがいい事ではあります。

しかし、「時間」は有限です。
下手に「やった方がいいこと」に手を出すと、時間を浪費することになります。

英語が話せると便利でしょうが、本当にあなたの人生に必要でしょうか。

頻繁に海外に行きますか?
将来英語を使って何かをする予定ですか?

ちゃんとした目的がないと英語の勉強を始めたとしても長続きしないでしょう。中途半端に勉強して途中でやめてしまうのが落ちです。それこそ時間とお金の無駄です。

やった方がいい事の中から、本当に自分がやりたい事なのかどうかを見極めて、やらない事を決めるとよいでしょう。

辞める事の例

例えば、以下のような事で日々の時間の大抵を使っている場合は辞めてみてもいいかもしれません。

TVや新聞、雑誌を見るのをやめる

TVや新聞・雑誌からは自分に必要のない情報、偏った情報、毎日同じような情報が流れてきます。必要な情報を必要な時に自分でとりに行くようにすれば時間がかなり節約できます。

SNSをやめる

SNSは全く見る必要のない情報をダラダラと見続けてしまう中毒性があります。あるものを調べものをしようとしても、気が付いたら別の情報を見てたなんてことが多々あります。無意識に時間を消費されてしまうSNSは辞めましょう。

お酒、たばこをやめる

お酒やたばこに使う時間、さらにお金を節約して自分のやりたい事に使うことをおすすめします。

通勤をやめる

通勤時間は人生においてかなりの時間を使います。会社の近くに住んだり、働き方を変えてリモート業務だけにしたりすることで時間が節約できます。

自分じゃなくてもできる事はやめる

他の人に頼める仕事であれば頼みましょう。例え休日には家事をしないと決めて家事代行にお願いするなど、自分じゃなくてもできる事はやめて、自分のための時間を作りましょう。

まとめ

人生においてやりたいことはたくさんでてきます。
しかし、時間は有限なので、全てをやることはできません。

そのような場合はやりたい事ではなく、やらない事を決めるとよいでしょう。
やらない事をきめることで、空いた時間を自分のやりたい事へ時間を使うようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました