隠れ熱中症とは?どんな症状や注意すべき点とは

雑学
あいどん君
あいどん君

暑い日が続きますね~。

あいのー先生
あいのー先生

隠れ熱中症にならないようにね。

暑い日が続くと気を付けたいのが熱中症です。

日本では熱中症により2020年8月10日~8月16日までの1週間で全国で1万2,804人が救急搬送されています。
前年同時期に比べて、5,165人も多い数字となっています。

自分は大丈夫と思っていても、すでに熱中症になっているかもしれません。
そんな自覚がなくても熱中症になっている「隠れ熱中症」の方が今増えてきています。

今回は隠れ熱中症とは?症状や注意すべき点を紹介します。

スポンサーリンク

隠れ熱中症とは

熱中症とは、温度や湿度が高い中で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、体のだるさ、ひどいときには、けいれんや意識の異常など、さまざまな障害を起こす症状のことです。

湿度が高く、風もなく、冷房機器を使用していない場所に長時間いると起こりやすくなります。

隠れ熱中症は無自覚のうちに熱中症になっている状態のことです。

子どもや高齢者は熱中症になっても自覚しにくいので隠れ熱中症になりやすいと言われています。

また、体力がある人などは熱中症になっても単なる夏バテや睡眠不足などと思い込んで重症化してしまうケースがあります。

気付かないまま放置していると症状が悪化してしまうので、体調が悪いと感じたら熱中症対策を講じてみてください。

熱中症対策!注意すべき点は?

隠れ熱中症になっている人は、脱水症状になるので次の症状が出ている可能性があります。
次の項目をチェックしてみましょう。

・手のひらが冷たい
脱水状態になると手のひらに血液が行きわたらないため冷たくなります。
手のひらで自分の頬や額に触れて熱く感じれば手のひらが冷たいのがわかります。

・舌が乾いている
脱水状態になると唾液が減少するので舌を出して鏡で見ると乾いていることがわかります。

・つまんだ皮膚が戻りにくい
脱水状態になると皮膚の弾力が失われます。
手の甲の皮膚を指でつまんで放し、3秒上以上戻らなかったら脱水症の疑いがあります。

・親指の爪を押して赤みが戻るのが遅い
指先に流れている血液は爪の色でわかります。
親指の爪をギュッと押したあと、赤みが戻るのに3秒以上かかったら脱水の疑いがあります。

この中で1つでも該当していたら、隠れ熱中症の可能性があります。

また、トイレの回数が少ない場合も注意!
通常2~3時間に1回は排尿しますが、それより長くトイレに行かない場合脱水症状になっているかもしれません。
お子様やお年寄りは自分では気づけないかもしれないので、周りの人も気を付けてみてあげるようにしましょう。

熱中症の疑いがあったら

熱中症になると脱水状態にあるので、水分補給をしましょう。
塩分も摂れるスポーツドリンク、0.1%~0.2%の食塩水やイオン飲料、経口補水液がよいでしょう。

お茶やビールでは水分補給にはなりません。
お茶やアルコールには利尿作用があり、身体の中の水分を外に出してしまうため、水分の補給に適していません。

また、エアコンが稼働している屋内に移動しましょう。
屋外なら日陰の風通しがよいところを探してください。

水分を摂って休息したあとにも、めまい、立ちくらみ、しびれ、筋肉痛、頭痛や吐き気、けいれん、意識障害といった症状があれば、救急車を呼ぶなどして医療機関で診てもらうようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました