爬虫類を飼ってみたい!爬虫類をペットにするために必要なものとは

雑学
あいどん君
あいどん君

爬虫類ってどうやったら飼えるんですか?

あいのー先生
あいのー先生

爬虫類とひとくちにいっても色んな種類がいるよ。種類によって準備するものが異なるから教えてあげるよ。

ペットとして犬や猫が人気があるのはもちろんですが、近年は爬虫類を飼育する人も増加しています。

爬虫類はペットとして密かに人気を集めています。
最近では猫カフェなどに続き、爬虫類カフェなるお店も登場してきているほどです。

ただ爬虫類といっても、トカゲ、ヘビ、カメなど様々な種類がいて、飼育方法も様々です。

今回は、爬虫類をペットにするためには何が必要なのかを紹介します。

スポンサーリンク

爬虫類を飼う

現在、爬虫類はペットとして大変人気がペットショップでも非常に多くの品種が取り扱われるようになりました。
愛くるしいコミカルな動きやマニア性からも愛好者は年々増えていて、人気はとどまるところを知りません。

爬虫類をペットとして飼いたいと思っても爬虫類にはそれぞれに特徴があり、その種類に適応するペット用品を用意する必要がありますので紹介します。

ヤモリを飼う場合

ヤモリは、民家に棲みつき、家を守ってくれる生き物として身近な存在です。
害虫を食べて家を守ってくれることから、「家守」=ヤモリと呼ばれるようになったといわれています。

ヤモリの寿命

  • ニホンヤモリ …10年前後
  • ヒョウモントカゲモドキ …10年前後
  • ヨツメヒルヤモリ …5~10年前後
  • トッケイ …5年前後
  • オウカンミカドヤモリ…10年前後

飼育用品

ヤモリの飼育用品は、ケージや隠れ家となるシェルター、ヒーターなどがあれば十分です。
大掛かりな設備が必要ないため、少ない初期費用で飼い始めることができます。

【必要な用品】
・ケージ
・保温器具
・床材
・シェルター

【餌】
・コオロギやミールワームなどの生餌
・バナナやモモ昆虫ゼリー

ヘビを飼う場合

ヘビはマムシなど獰猛なイメージが強く「毒がありそうで怖い」「噛みつかれそうで心配」と思う方も多いかもしれません。
しかし、ヘビは種類や個体によっては大人しく、人懐こいため意外と飼育しやすい生き物です。

世話にもあまり手間がかからないので飼いやすいとじわじわ人気が高まっています。

ヘビの寿命

ヘビの寿命は個体差はありますが10年~15年ほどです。

飼育用品

ヘビの飼育に必要なものは、飼育用ケージと水入れ、パネルヒーターに床材だけなので非常に飼いやすいペットです。

【必要な用品】
・ケージ
・暖房とサーモスタット
・シェルター
・水入れ


【餌】
・マウス(冷凍マウスを解凍して与える)

カメを飼う場合

カメの魅力はのんびりとした動きと、その飼いやすさにあります。
騒音もなく、賃貸物件でも買うことができることから気軽に飼い始めることができます。

カメの寿命

カメの寿命は非常に長く、長生きする種類のカメはなんと100年以上も生き続けますが、ペットして飼うカメであれば10年から30年ほどになります。

飼育用品

カメは身近なペットではありますが、きちんと飼うためにはかなりの準備が必要です。

【必要な用品】
・水槽
・水場と陸(リクガメに水場は必要なし)
・床材
・フィルター
・シェルター
・温度管理(ヒーター、サーモスタット、温度計)


【餌】
水棲カメ:レプトミン
リクガメ:リクガメフード

トカゲを飼う場合

ペットとして飼われるトカゲはヤモリに比べ、昼間行動する 「昼行性」 の種類が多いといわれています。
愛嬌もあり、ベビーの時から飼えば手から餌を食べるようにもなります。

トカゲの寿命

5年~10年

飼育用品

昼行性の爬虫類を健康に育てるためには、ケージやシェルターに加え、 「バスキングライト」「UVランプ(紫外線ランプ)」「保温ランプ」 と呼ばれる、温度や紫外線を調整する器具を揃える必要があります。

【必要な用品】
・ケージ
・床材
・紫外線ランプ
・パネルヒーターやプレートヒーター
・シェルター


【餌】
・昆虫やミールワーム

まとめ

今回は、爬虫類を飼うのに必要な道具を紹介しました。
爬虫類をペットとして飼う人が増えていますが、きちんと最後まで面倒を見れなくなっている事もあるようです。
ペットも買い始めると数年から数十年一緒に暮らすことになりますので、その覚悟を持って飼い始めるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました