子どもを20歳まで育てるにはいくらかかる?色んなパターンでシミュレーション

お金&暮らし

子どもを20歳(成人)まで育てるのにかかる費用をご存じですか?

当然ながら、子どもの進路などによってかかる費用は大きく変わります。
どのタイミングでいくら必要になるのかを把握しておかないと、子どもを好きな学校へ通わせることが難しくなってしまいます。

今回は、子どもを20歳まで育てるのにかかるお金を紹介します。

スポンサーリンク

子どもを育てるのにかかるお金

子どもを育てるのに必要な費用と聞くと、学校や習い事にかかる「教育費」が大半だと考える方が多いと思います。

しかし、子どもを育てる費用には教育費のほかに「養育費」もかなりの割合を占めます。
養育費は、食費や衣服、おもちゃ代など教育以外にかかるお金全般を指します。
子どもを育てるのには「養育費」と「教育費」が必要です。

子どもを成人まで育て上げるのに家が一軒建つくらいの金額になると言われていますが本当でしょうか。
詳細を見ていきましょう。

20歳までに必要な養育費

まずは養育費ですが、出産から20歳(成人)までにかかる養育費は約1,500万円と言われています。

<20歳までに必要な養育費>

出産・育児費用85万円
食費610万円
衣服130万円
保険医療・理美容175万円
おこづかい410万円
私的所有物90万円
合計1,500万円

赤ちゃん~幼児の頃がオムツ代などで一番かかるように思うかもしれませんが、大きくなると食費やお小遣い、携帯代などの負担が増えたりします。
毎年で80万円近くは必要になると思っていた方がよいでしょう。

養育費に関しては事前に準備するというよりは、毎月の給料などからしっかり払えることができれば問題はないでしょう。

20歳までに必要な教育費

養育費は20歳までに約1,500万円かかることがわかりました。
それでは、教育費はいくらかかるのでしょうか。

教育費に関しては、子どもの進路によって大きく変わってきます。
「公立 or 私立」
「高校に行く or 行かない」
「大学に行く or 行かない」
などで大きく教育費用は異なります。

子どもの希望をかなえられるように、生まれてからすぐにでも教育費の貯蓄準備を始めたほうがよさそうです。

以下は、文部科学省が出している「平成28年度子供の学習費調査」の、学校種別の年間学習費です。この金額は学校に納めるお金に学外の習い事などの費用も含めた平均額です。

幼稚園の教育費

公立:233,947円/1年(3年で約70万円)
私立:482,392円/1年(3年で約145万円)

小学校の教育費

公立:322,310円/1年(6年で約193万円)
私立:1,528,237円/1年(6年で約917万円)

中学校の教育費

公立:478,554円/1年(3年で約144万円)
私立:1,326,933円/1年(3年で約398万円)

高等学校の教育費

公立:450,862円/1年(3年で約135万円)
私立:1,040,168円/1年(3年で約312万円)

大学の教育費

国立:4年で242万5,200円
公立:4年で254万8,150円
私立文系:4年で335万5,823円
私立理系:4年で466万2,357円
私立医歯系:6年で1,813万7,946円

※入学料と授業料

まとめ

子どもにかかる費用は「養育費」と「教育費」に分けられる。
20歳までにかかる養育費は約1,500万円

教育費に係る費用は、
高校まですべて公立の場合:約542万円
高校まですべて公立+大学(国立)場合:約784万円

高校まですべて私立の場合:約1,772万円
高校まですべて私立+大学(私立理系)場合:約2,238万円

など、大きく変わってくるので子どもの進路を確認して、必要な費用をあらかじめ知っておくとよいでしょう。

子供を20歳まで育てるにはいくらかかる?色んなパターンでシミュレーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました