食べられる草と食べられない草の違いとは?いざという時に備える!

雑学

山菜は美味しい!
それは紛うことなき事実です。

しかし、山菜狩りなどで誤って有毒な野草を採取し、食べたことにより、食中毒が発生するケースがあります。
また、有毒植物による食中毒で死亡するケースも発生しています。

今回は、いざという時に使える「食べられる草と食べられない草を見分ける方法」を紹介します。

スポンサーリンク

食べられる草と食べられない草の違い

食べられる、食べられないは毒があるかないかによって決まります。
そして、それは見た目では判断が難しい場合があります。

例えばニラに似たスイセンなど、ぱっと見では見分けがつかない植物も多くあるので、素人判断で採取して食べるのは危険です。
ちなみに、この記事のサムネイル(トップ画像)で出した問題は、スイセンです。ニラに似ていますが有毒植物なので食べられません。

食べられない草(有毒植物)による死亡例もある

厚生労働省が発表している有毒植物による食中毒発生状況(平成22年~令和元年)によると、過去10年で患者数は793人、死亡数は14人となっています。

食べられる草と勘違いして、食べられない草を食べて食中毒になったり、死亡するケースもありますので、食用と確実に判断できない植物は、絶対に採らない、食べない、売らない、人にあげないようにしましょう。

食べられる草と食べられない草の見分け方

毒があるかどうかわからないけど、どうしても野草を食べなきゃいけない!

そのような状況になる人間がどれほどいるかわかりませんが、人生何が起こるかわかりません。
いざというときに使える、食べられる草と食べられない草を見分ける検査法「Universal Edibility Test」を紹介します。

この方法では7つのステップに従って検査を行います。少々手間と時間がかかりますが最悪のケースに陥らないためにもしっかり行いましょう。
また、この検査をしている間は、水以外一切摂らないことが重要です。

  1. 分ける
    葉・根・茎・芽・花の5つに分ける。野草によっては、部分的に食べられるもの、食べられないものがあるため。虫がついているところは腐っているので、廃棄しよう。
  2. 触れる
    一部を捕って、手首や肘の中で15分間こする。野草が触れた箇所の反応をみて、赤くなったり腫れたりあざができたら、人体に害があります。
  3. 調理する
    野草によっては、火を通すことで食べられるようになることもある。火を通したら、唇に3分間触れさせる。腫れたりヒリヒリする反応があれば、その部分は食べないようにしよう。
  4. 舌に乗せる
    舌の上に乗せ、15分間待つ。腫れたりヒリヒリする反応がないかチェックする。不快感があれば、水で口をすすぎましょう。
  5. 噛む
    野草を噛んで、口の中に15分間入れる。この時、絶対飲み込まないこと。腫れたり、ヒリヒリする感じがあったら、吐き出して水で口をすすぎましょう。
  6. 飲み込む
    ステップ5で15分間経過して何もなければ飲み込んでみましょう。そのあと8時間は、そのまま様子を見ます。この間は水以外のものは摂らないようにしよう。気分が悪くなったら、すぐに吐いて、水を多めに飲むこと。
  7. 食べる
    同種の野草を1/4カップ程度集め、ステップ3でやったとおりに調理する。これを食べたら、さらに8時間そのまま待つ。 この間も水以外のものは食べないこと。8時間経過して何もなければ「食べられる」と判断できる。

また、一般的な法則として、以下の点にも注意してください。
中には人体に問題のないものもあるが、毒性の高い植物も少なくないので食べない方がいいでしょう。

  • とげのある植物は食べない
  • テカテカと輝いている葉の植物には近づかない
  • キノコは食べない(安全なものも多いが、中には毒性の強いものがある)
  • 傘型の花は避ける
  • 白・黄色の実は食べない
  • 樹液が白っぽかったり、変色しているものは、やめておく
  • さやの中に種が入っている植物は避ける
  • 苦かったり、石けんっぽい味のものはやめる
  • アーモンドっぽいにおいのするものは避ける
  • 蔦(ツタ)など、3枚の小葉で成る植物はやめる

まとめ

草の中には、毒を持った有毒植物がいます。
食べてしまうと、食中毒になったり、最悪死亡してしまうケースもあります。
食用の野草と確実に判断できない植物は絶対に採らない!食べない!売らない!人にあげない!を徹底しましょう。
また、野草を食べて体調が悪くなったら、すぐに医師の診察を受けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました