【悲痛】苦境に立つお笑い芸人!TKOの木本が投資仲間への返金に奮闘!

お笑い芸人コンビ「TKO」の木本武宏さんが不動産やFXに投資をし、木本は芸人仲間も誘って、総額7億円ほどのお金を投資したそうです。

しかし、投資先の男性2人が行方不明になり、何の返金もないまま2年近く経過しているため、仲間に投資を誘った木本は、アルバイトをして仲間への返金に務めています。

木本がインタビューに応じて、その経緯を話したことで「投資トラブル渦中のTKO木本」とニュースで報じられました。

さて木本さんとはどのような方で、ニュースの詳しい内容はどのようなものでしょうか。

調べてみたいと思います。

木本武宏さんのプロフィール

まずは木本さんのプロフィールを見てみましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

木本武宏(@tkokimoto)がシェアした投稿

  • 名前:木本武宏(きもとたけひろ)
  • 生年月日:1971年5月6日(51歳)
  • 出身地:大阪府大東市
  • 身長:178cm
  • 結婚:既婚
  • 特技・趣味:釣り・サッカー・木工・PC映像制作
  • 職業:お笑い芸人(木下隆行さんとコンビ「TKO」)・俳優
  • お笑い芸人になった経緯:木下と木本は中学時代からの友人。初めは木下が別の男性と吉本興業に入る約束をしていたが、その男性がフィリピンに行ってしまい、その後大木が木下に声をかけコンビ結成を約束→1990年10月、松竹芸能事務所に所属→事務所の先輩「森脇健児」のKBS京都のラジオに初出演→関西を中心にテレビやラジオで活躍→2008年と2010年、2011年に「キングオブコント」で決勝進出→2020年3月に木下、2022年7月に木本が松竹芸能事務所を退所
  • TKOはコントが主で、木下がボケ、大木がツッコミ担当

 

この投稿をInstagramで見る

 

木下 隆行(@tko.kinoshita)がシェアした投稿

スポンサーリンク

「投資トラブル渦中のTKO木本」ニュースの内容

木本さんは、FXをする男性トレーダーと不動産会社の社長から投資の話を持ち掛けられて、出資をしていました。

そして芸人仲間や後輩などにも声をかけて皆で総額7億円ほどの額を投資したのですが、トレーダーだけでなく不動産会社の社長とも連絡がつかなくなってしまったのです。

仲間にも声をかけて一緒に出資をしたはずが、返金は2億円のみ。残りのお金は木本さんがアルバイトをして、出資者に返金するということです。

このトラブルについて、女性セブンが新たな情報を公表したことで、9月27日付けで「TKO木本、投資家の社長失踪、1.6億円返金受けるも仲間へ返済めど立たず」(スポニチアネックス)や「TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に」(NEWSポストセブン)などのニュースになったということです。

実は7月ごろに、木本さんが「投資トラブルに見舞われているのではないか」という報道があり、それ以降、松竹芸能事務所を退所したりレギュラー番組を降板したりしています。

この時の報道を受け、木本さんは7月23日のツイッターで次のように述べています。

「この度は、お騒がせをしてしまい申し訳ありません。
本日をもって松竹芸能を退所することになりました。
ご迷惑をおかけした番組・スタッフ・スポンサー・友人の皆様、またこんな私のことを応援して下さったファンの皆様に、心からお詫び申し上げます。」

そして松竹芸能側のコメントは次のようなものでした。

「7月初旬に個人的な投資活動に関し、トラブルが発生しているのではないかという情報が弊社に届いたため、本人への事情徴収を重ねてまいりました。
現在も事実確認中ではございますが、一連の報道が過熱することを受け、本人より退所の希望がございましたため、本日をもって本人との契約を修了することとなりました。」

松竹芸能を退所した後、木本さんは個人事務所に所属したのですが、その個人事務所からの説明は次のようなものでした。

2,3年前に知り合ったAさんに投資の話を持ち掛けられ、資金を預けたところ当初はリターンもありました。そこで木本さん自分の知人たちにも声をかけ、その話に便乗した知人たちはAさんに出資したのです。

ただしこの時、木本さんは紹介料などのお金を受け取ることはありませんでした。

ところがある日、Aさんと連絡がつかなくなって、木本さんも知人たちも返金されることもなく被害に遭ってしまったという内容です。

その後木本さんは弁護士を立てて協議をし、弁護士がAさんと接触したところ、「今すぐには返金できない」ということでした。

木本さんは被害を被った人たちに対して自分で説明をしたうえで立て替えて一部返金していて、今後は訴訟などでAさんに返金を求めるということでした。

そして今後、「必ず私自身で説明させていただき、経緯などをお話しさせていただきます。」と話していました。

自身で説明をしたのか?

松竹芸能を退所した7月23日の1週間後くらいに、木本さんは5時間ものインタビューに答えています。

食べ物も喉を通らなくて10㎏も痩せ、憔悴しきった様子の木本さん。

まず「これだけは言わせてください」と、関係者やファンの皆様に心配をかけたことと、コロナ禍でもあり事務所を辞めたばかりで手伝ってくれる人を確保するのが難しいため、会見を開けなくて心苦しく思う旨を話しました。

そして、時が経過するうちに話がどんどん変わって行ったり、無関係の人の名前まで出てきてしまうので、早く会見をしたいと思っていたところ説明の場をいただけて良かった、とも話しています。(かねてから木本の投資トラブルを追いかけていた女性セブンが取材を申し込んでいたところ、今回は木本本人から連絡があったとのことです)

さて本題ですが、投資トラブルのキーマンはFXトレーダーA氏と不動産会社の社長B氏です。

木本から投資話を聞いた芸人たちの出資金は消え、A氏とB氏は無登録業者だったことも判明しました。

出資した金額の合計は、7億円以上とも言われていますが、木本が言うには6億円強だそうです。いずれにしても高額です。

そのうち一部は返金されましたが、まだ3億円は返金されていません。

「声をかけたのは投資に興味がある仲間で、『みんなで得しよう』『稼ごう』という話の中での誘いでしたが、無理に勧誘はしていないし、興味のない人に「やりませんか」と誘ったこともありません。
しかし誘ったのは自分に間違いないので、重大な責任を感じています。」と話しています。

そして「FXに関わったのは自分以外に9人で、一般の方もいます。FXの損失についてはいったん解決していますが、出資した人はみな素人で書面さえ交わしていない人もいました。
A氏を連れてきた責任として、自分がみんなの損失を補填することが筋だと思って、家族や親族にも頭を下げて、みんなに返すことができました」

「何より噂が拡散するのがこわかった」「もともと投資は興味がなかったけれど、ビットコインを教えてもらって利益を得てから興味を持つようになり、同じ投資に興味を持つ仲間も増え、自分でも分かったような気になっていたのです」などと話しています。

スポンサーリンク

今回の新たな情報とは・・

FXのトレーダーとはずいぶん前から連絡がつかなくなっていましたが、不動産会社の社長は弁護士を通してなら連絡がついていました。
7月の時点では「返金できる資金がない」と言いながらも、返済計画を示していたそうです。木本もそれを信じていたようですが、8月にはついに失踪してしまったとのことなのです。

そして木本が出資者に返済するというのも行き詰っているようで、芸人仲間にも一部しか返済できていないということなのです。

木本さんはとても苦境に立たされています。

ツイッターは7月23日の「お騒がせして申しわけありません」のツイッターから、更新されていないようです。

インスタの方も春ごろに愛犬2匹の写真を投稿したきりになっています。

しかしそこにファンの皆さんから「応援しています」「頑張ってください」など応援メッセージが次々と届いているようなので、木本さんに届くと良いですね。

まとめ

いくら自分が誘ってしまったとはいえ、皆さんに全額を返すために、一人で抱え込むにはあまりにも負担が大きいと思います。

お金に目がくらんで投資話に飛びついたので自己責任ともいえますが、誘った人たちも自己責任で投資をしたのは同じなので、木本さんにだけすべてを負わせるというのは、私は疑問に感じます。

それにしても一番悪いのは、お金を集めて失踪した二人です。
そんな人たちこそ早く捕まってほしいと思います。

スポンサーリンク