【画像】山口香の若い頃や高校は?結婚せず息子を出産した理由も気になる

「日本オリンピック委員会理事」の山口香氏。

山口香JOC理事の発言に支持する声や

「まとも」という声があったりと話題になっています。

山口香氏は1998年のソウルオリンピックで銅メダルを獲得。

山口香氏はあの有名なマンガ、「YAWARA」のモデル。

山口香氏の若い頃の活躍など気になりました!

今回は『山口香の若い頃や高校は?結婚せず息子を出産した理由も気になる』

としまして、

山口香氏の若い頃や高校についてまとめました。

スポンサーリンク

山口香氏の若い頃の画像

山口香氏は東京都豊島に出生。

1964年生まれ。現在は56歳。

筑波大学出身。

↓こちらが山口香氏の若い頃の画像

引用元:https://twitter.com/

↓現在の山口香氏の画像はこちら

山口香氏は子供の頃はおままごとよりも外遊びが好きで、鉄棒・鬼ごっこ・かけっこなどが大好きな”お転婆娘”だったようです。

山口香は高島高校出身

山口香氏は東京都立高島高校の出身。

高島高校は板橋区にある進学校です。

偏差値は51(2021年現在)

運動部・文化部ともに多くの部活があって、

今はダンス部が特に強い高校。

山口香氏は在学中に「ミス高島」に選出。

ミス高校に選ばれるということは高校でも有名だったのかもしれません!

山口香氏といえば「柔道」なので、簡単に柔道での経歴をご紹介します。

スポンサーリンク

山口香の柔道の経歴

山口香氏は小学生1年生の頃柔道を始め、1989年に現役を引退。

小学1年生の時、ドラマ「姿三四郎」に憧れて柔道を始め、週6日で道場へ。

負けず嫌いで対戦相手が男の子でも負けないほどの強さ。

中学2年生で全日本選抜女子体重別選手権大会でチャンピオンに。

その後1978年〜1987年まで全日本選抜女子体重別選手権大会で10連覇。

世界選手権では4個の銀メダルを獲得。

1988年 ソウルオリンピックで銅メダルに輝く。

1989年 現役を引退。

現役引退後は筑波大学女子柔道部監督、全日本柔道連盟女子強化コーチとして指導。

現在は筑波大学体育系教授をしながら、JOC理事を務めています。

山口香氏が柔道を始めた頃は道場で女子がいることが珍しい時代。

今は女子柔道は当たり前のように認知されていますが、

山口香氏がここまで女子柔道を牽引してきたうちの1人で、第1人者と言っても過言ではなさそうです。

山口香は結婚せず子供を出産

山口香氏が結婚しているのか気になったため調べてみました。

山口香氏は結婚せず未婚のようです。

ですがお子さん(息子)が1人います。

1988年のソウル五輪の女子柔道(当時は公開競技)52キロ以下級で銅メダルを獲得した翌年に引退したあと、

JOCの在外研修制度で英国に留学し、そこで出会った男性とのあいだに子供を儲けた。

だが、彼女は悩んだ末に、結婚しないで子供を産み育てる道を選んだ。《私の中では、出産と家庭を持つことはワンセットではなかったのです。長い間柔道に縛られて、今やっとそこから離れたのに、今度は家庭という枠組みに縛られる。それは私にとってすごく困難なことでした》と、山口はその真意を語っている

引用元:NumberWeb

山口香さんは現役を引退後の1993年に『JOCの委員会在外研修制度で1年間イギリスに留学』とありました

そこで出会った男性との子供を妊娠、出産。

山口香氏の相手の男性は一般企業に勤めるイギリス人ではないかという声があります。

山口香氏のお子さんはハーフの可能性が高そうです。

1993年に妊娠したのであれば、子供の年齢は27歳くらいでしょうか。

まとめ

今回は山口香JOC理事の若い頃や結婚、柔道の経歴などについてまとめました。

山口香氏はお転婆な女の子で、小学1年生の頃から柔道を始めた。

山口香氏が柔道を始めた頃は女子が道場にいることが珍しいくらいの時代。

そこから山口香氏が全日本選抜女子体重別選手権大会でチャンピオンになるなどした頃から

段々と女子柔道が認知され始める。

山口香氏は女子柔道を牽引してきた1人。

今後オリンピックの開催について色々議論されて話題に上がってきそうです。

スポンサーリンク