新庄監督の名言まとめ!ビッグボスの意味とは?

NPB日本ハムファイターズの新庄剛志新監督が、このほど沖縄の秋季キャンプ地入りし、いよいよ本格始動しました。

新庄剛志監督といえば現役時代からこれまで数々の名言・新庄語録で有名。今回は、改めて振り返りたい「新庄名言まとめ」をお届けします。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

軽い、チャラい人に見えてこの人凄く深いーーのよね。太陽みたいな?それが魅力

新庄監督の名言まとめ

新庄剛志監督の名言。あまりにいいフレーズが多すぎて紹介しきれないのですが、カテゴリーを分けて、筆者独断厳選でまとめてみました。

■金言系

スポンサーリンク

「ビッグボスと呼んで」

(以下5番目まで監督就任会見より)記者から名刺に「監督」の肩書がないと聞かれ「監督って呼ばないでください。ビッグボスでお願いします。好きなんで。新庄監督とか僕いらないです」。

「野球を変える」

監督像や目指す野球について「僕がプロ野球や監督像というものを変えていきたい」と新しい型破りな挑戦を表明。

スポンサーリンク

「優勝目指さない」

いきなり優勝なんか一切目指しません宣言。その心は「高い目標をもちすぎると選手はうまくいかない。1日1日地味な練習を積み重ねて、何気ない試合や1日を過ごして勝ちを重ねた先に優勝がある」。

「メンタルを引き出す力がある」

新庄色について「プロ選手のレベルはほぼ一緒。ただメンタル的な問題の差。僕はそれをものすごく引き出す力があると思う。メンタルを鍛えてチームに投手3人、野手4人のタレントを作りあげたい」。

「夢はでっかく根は太く」

「土台をしっかり作って、夢に向かって突き進んでいきたい」とチームづくりのイメージを表現。

「人の悪口言わない」

若い選手に人間性の大事さを指導したいと強調。「人の悪口を言わない、いただきます、ありがとうございましたの言える選手を育てたい。僕はちゃらんぽらんしてるがそこ(礼儀)はしっかり親から躾られた。選手にはそれが後に役立つよと教えたい」。

「プロ野球は人の暮らしを少し彩る」

04年のプロ野球再編・ストの混乱で心を痛め「プロ野球の存在意義は、その街の人々の暮らしが少し彩られたり、単調な生活がちょっとだけ豊かになることに他ならない」と謙虚に指摘。監督就任時も同じ言葉をツイート。

「北海道で逞しい金色の花咲いた」

06年の現役引退会見で、日ハム時代を自らの登場曲の福山雅治『美しき花』になぞらえ「北海道で種を蒔き、皆で一生懸命水を与え花が咲いた。とても美しくて逞しい金色の花が咲いたことを凄く嬉しく思う」。

■ぶっ飛び系

「これからは新庄剛志」

日ハム時代の名言「これからはパリーグ」にちなみ、監督就任で「これからはセリーグでもメジャーでもパリーグでもない、新庄剛志です」。

「記録はイチロー、記憶は僕で」

日本人野手初のメジャーリーガーに二人が同時になった際、この一言。

「毎日日本シリーズなら4割打てる」

日ハム当時「観客が多いほど打率が上がる」と指摘されて一言。

「試合中にインスタライブ」

監督会見でSNS活用の重要性を表現し「例えばこんなことができれば」。

「僕自身がファッション」

監督会見のファッションポイントを聞かれて一言。

「普通の会話が名言になる」

監督会見で「数々名言があったが、次は」と振られて一言。

コーチを熱望してる日ハム投手OB岩本勉氏が「ガンちゃんゴメン」と振られたのは可哀想だった…

ビッグボスの意味とは?

新庄剛志監督の数々の名言まとめ集をご紹介しましたが、ところで冒頭のビッグボスとはどういう由来や意味なのでしょうか。

本人いわく「インドネシア・バリ島でビックボスと呼ばれてたから」。あるメディアがバリ島在住の新庄監督の知人に取材したところ、これはインドネシアの習慣で、日本で店員などがお得意様のお客を「よっ社長!」「殿!」と呼ぶような感覚なのだだそうです。

「監督」と距離をとらず、選手たちにもっと気楽に接してほしいという思いなのでしょうか。

確かに以前見たTV番組でも新庄さん、バリ島民に凄く慕われてた。米メディアも「あのshinjoが監督!?」と驚きで、ビッグボスも「喜んでそう呼ぶ」とww

新庄監督名言へのSNSの反応

  • 何をやっても面白くなっちゃうのは流石!って尊敬します
  • 「顔を変えずにチームを変える」も自虐的名言
  • 確実にビッグボス率いる日ハム応援しちゃいますねこれは
  • ビッグボスさすがです!香ばしい名言量産してます
  • 新庄父の名言で「新庄で頑張れ」って聞いた時は素晴らしいと思いました😁

出典:Twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

  • 新庄剛志監督の名言集まとめ。現役時代から「新庄語録」数多く
  • 監督会見でも多数の「名言」誕生。1番は「ビッグボスと呼んで」?
  • 金言、ぶっ飛び、爆笑系と種類様々。本人「普通に話してるだけ」

最後に筆者が好きな「新庄面白系名言」をお届けします。

「バント?ムリオだね。右打ち?意味ナシオ」
※メジャー時代、流行語大賞を狙うと造語。

「にがっ」
※メジャー時代、ロッカーでコーヒーを飲みこう叫んだら「ニガー」と聞き間違えられ、黒人選手から殴られそうに。

・「メジャーでは英語ばかりで、やっと日本語で話ができると思ったら監督が外国人だった」
※日ハム移籍一年目、ヒルマン監督が就任して。

・「MVP?今年はもう無理。MBPぐらいかな、Most Bakushou(爆笑) Player

この記事を見ている人は以下の記事も見ています
関連記事

この10年、いや数十年を振り返っても野球界でこれほどのサプライズ人事はなかったでしょう。何とプロ野球北海道日本ハムファイターズの新監督に、新庄剛志氏が正式に就任しました。就任会見でも〝期待通り〟の新庄ファッションを身にまとい「新庄節[…]

スポンサーリンク