ディートリック・エンスのメジャー成績一覧!年棒も気になる?

NPBの埼玉西武ライオンズが22日、新外国人として、MLBレイズからFAになった左腕のディートリック・エンス投手の獲得を発表しました。

ディートリック・エンス投手とは成績や経歴は?メジャーでのこれまでの評価や実力、年俸などを探ってみました。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

菊池雄星投手が活躍したこともあって「西武の左腕」はいわば看板。剛腕サウスポーが欲しいところだったからね!

ディートリック・エンスのメジャー成績一覧

まずはディートリック・エンス投手のメジャーでの成績一覧を以下にご紹介しましょう。

年度球団登板先発完投完封無四球勝利敗戦セーブホールド勝率打者投球回数被安打被本塁打与四球奪三振暴投ボーク失点自責点防御率WHIP
2017MIN210000000214.0720200436.752.00
2021TB9000020211.0008822.117102500872.821.03
MLB:2年11100020211.00010926.12430270012103.421.18
スポンサーリンク

ディートリック・エンスの年棒は?

ディートリック・エンス投手は米イリノイ州出身の30歳。中央ミシガン大を経て12年にMLBドラフト19巡目でヤンキースから指名されました。17年途中まではヤンキース傘下マイナーでプレー。

その後ツインズに移籍し、17年8月にメジャーで先発デビューを果たします。さらにパドレス、マリナーズと移り、20年にはレイズとマイナー契約。上記一覧でご紹介したとおり、今季は3Aでプレーし、8月には4年ぶりにメジャーに上がり、オリオールズ戦に登板しています。

今季メジャー成績は9試合登板で2勝2セーブ1ホールド、防御率2・82。3Aでは8勝2敗でした。

そんな左腕ディートリック・エンス投手の年俸はいくらなのでしょうか。米の情報サイトによると、今季レイズでのメジャー契約年俸は57万500ドル(約6500万円)。ヤンキース傘下時代からメジャー契約としてはほぼ変わってないようです。

西武との契約年俸は不明ですが、恐らくメジャーに近い1億円弱程度ではないかと思われます。

エンスも若い頃トミージョン手術を受けて丸1年くらい休んでるね

ディートリック・エンスはどんな投手か?

メジャーでの成績は登板11試合と少ないものの、西武は潜在力を期待するディートリック・エンス投手。タイプとしては、外国人左腕らしく最速156キロもの力強い直球を投げるほか、カーブ、カットボール、チェンジアップなど変化球も多彩だといわれます。

また先発、中継ぎどちらもこなせる器用さもあり、長年マイナーで登板しているだけにタフさも備えていそうです。

西武は今季、元々課題の投手陣も自慢の「山賊打線」も振るわず。先発左腕による勝利数はわずか2勝と、意外にも「左腕不足」でした。

ただ来季は西日本工大の隅田、筑波大の佐藤両投手と即戦力で力のある左腕をドラフト1、2位で獲得しています。ここにエンス投手が加わることで、先発ローテーション、勝ちパターンの中継ぎいずれでも強力な「左腕戦力」を構築でき、投手陣の厚みが一気に増すことが期待されます。

渡辺GMも「球が強くストライクゾーンで勝負できる」と先発ローテ入りを想定の様子。「日本で成功してやる、という意気込みを感じる」とその前向きな人間性も評価しています。

エンスさん早速「日本は素晴らしいとたくさんの人から聞いているので、妻と行くのが待ち遠しいです!」とコメント
↓9月のタイガース戦5回に登場(6:00頃)。雄星っぽいパワフル投球!
スポンサーリンク

ディートリック・エンスの評判まとめ

  • かなり期待していんじゃないか?メジャーでも今年は3A最高のサウスポーと言われてる
  • 下位低迷から這い上がるには外国人の貢献は絶対必要。年俸が高くてもいい投手を獲ってほしい
  • 球速もだが制球。日本のストライクゾーンに適応できるか。縦の変化が無いと厳しいと思う
  • 日ハムに話題を持っていかれてるから、西武も明るいネタがあると来シーズンが楽しみになるね
  • 集めた左腕達が活躍してくれたら一気に左腕王国になる!今の時期はただ単に楽しいですな、ファンて。夢抱けるだけ

出典:ヤフコメ欄

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

  • 西武が新外国人ディートリック・エンスの獲得発表。パワフルな左投手
  • 今季レイズで2勝2セーブ。156km速球と多彩な変化球。先発も救援もOK
  • 左腕不足に悩む西武。来季は隅田・佐藤の新人も入団で「王国復活」へ
名門西武が最下位は悲しい。雄星ポスティングの9億円資金があるし、来季はしっかり投打を補強してV奪回を目指してほしいね!
この記事を見ている人は以下の記事も見ています
関連記事

クライマックスシリーズでは、初戦の先発を任され、98球でプロ初完投初完封し、史上最年少記録となるMVPを獲得するなど、今季ヤクルトスワローズのエースに大きく成長した奥川恭伸投手の数々の優れた点を、数字をもとに確認してみましょう。奥川[…]

スポンサーリンク