水圧の弱いシャワーから水圧の強いシャワーにする方法がある?

雑学

「勢いよくシャワーを浴びたい」
「最近、シャワーの水圧が弱まってきた」
「家が古いから水圧は諦めている」

シャワーの水圧が弱いと、お風呂の時間が楽しくなくなりますよね。
築年数が経っている家や、マンションの高層階などに住んでいると諦めがちなシャワーの水圧。

今回は、弱いシャワーの水圧を強くするにはどうすればいいか紹介します。

スポンサーリンク

水圧が弱い原因

シャワーの水圧が弱い家と強い家では何が違うのでしょうか。
ここでは、シャワーの水圧が弱くなる原因を紹介します。

シャワーヘッドが詰まっている

シャワーヘッドの目や、中のストレーナー(固形物が出ないようにするフィルターのような部分)が詰まっている場合があります。
長年シャワーを使っていると、ゴミ、水あか、サビなどが溜まっていき、詰まりをおこしてしまします。シャワーヘッドを外して、中を掃除してみると水圧が強くなる場合があります。

元栓が完全に開いていない

元栓や止水栓が完全に開いていない場合も、シャワーの水圧が弱くなることがあります。
あまり触ることのない元栓や止水栓ですが、何かの拍子に少し締まってしまう場合があります。
元栓や止水栓が完全に開いていないと、水圧が弱くなる原因になってしまうので、一度確認してみましょう。

高層階に住んでいる

古いマンションや、重力給水方式のマンションは高層階の水圧が弱くなる傾向にあります。

重力給水方式は水道本管からの水を一度受水槽に貯水し、揚水ポンプで屋上や高台に設置されている高架水槽を使用し、高架水槽から重力式で水を供給する給水方式です。
重力を利用するので下の階に行くにつれて水圧は強くなるが、高層階では水圧が強くなる前にシャワーにたどり着くことで水圧が弱くなってしまいます。

水圧を強くする方法

水圧が弱い原因で紹介した、給水方式を変更するのは大掛かりな工事が必要となり費用もかかります。大家さんも慎重になるので、マンション全体での水圧の改善をするのは諦めたほうがいいでしょう。
ここでは自宅でできるシャワーの水圧改善の方法を紹介します。

シャワーヘッドに節水機能がついていないか確認する

引っ越しなどをした際に以前の入居者やオーナーが節水用のシャワーヘッドを設置している場合があります。
節水用のシャワーヘッドには、水圧を調節できる機能がついているものがあるので、リセットすることで水圧が強くなる場合があります。

シャワーヘッド、ストレーナーの掃除をする

まず、行ってほしいのがシャワーヘッドとストレーナーの掃除です。
水に含まれるミネラルなどの汚れが蓄積してシャワーヘッドやストレーナーが詰まることはよくあることです。

掃除を頻繁に行っていないのであれば、まずはシャワーヘッドやストレーナーの掃除することから始めましょう。

シャワーヘッドを交換する

掃除しても改善されない場合は、シャワーヘッドを交換するのも手です。
水圧調整付きのシャワーヘッドなら、水圧を強くすることができます。


おすすめは、ReFaのファインバブルSです。
節水もできて、水圧の調整もでき、さらにはウルトラファインバブルとマイクロバブルという細かい泡で肌の汚れを浮かして洗浄することができます。

水の元栓、止水栓をチェックする

元栓、止水栓の場所を確認し、閉まっている場合は緩めます。
止水栓の開閉にはマイナスドライバーが必要となるので用意しておきましょう。

元栓:水道メーターの近くにある、家の水の元栓です。2つ栓があると思いますが、その両方を反時計回りに回して完全に開けましょう。

シャワーの止水栓:これはおそらく家の床下や地下、シャワーの背後にあるアクセスパネルの中などにあると思います。これも反時計回りに回して開けましょう。

水漏れの可能性も

今までは普通の水圧だったのに、急に弱くなったいという場合は、水道管の劣化などによる水漏れが原因ということもあります。水道局に問い合わせて、点検してもらいましょう。

まとめ

今回はシャワーの水圧が弱い原因と対処法を紹介しました。

シャワーは使っているうちに汚れが内部にたまっていくので、定期的なメンテナンスが必要です。

毎日使うシャワーの水圧が弱いとイライラしますよね。
今回紹介した方法で改善されない場合は、大家や水道工事やなどの専門家に助けを求めたほうがいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました