のり弁に入っている魚のフライは何の魚なの?安すぎて怖い中身とは

グルメ
あいどん君
あいどん君

のり弁ってなんであんなに安いんでしょう?

あいのー先生
あいのー先生

白身魚が安いからじゃないかな。

お弁当といえばコレといってもいいくらい人気なのがのり弁です。

私もお弁当屋さんに行って頼むのは、たいてい唐揚げ弁当かのり弁になります。
どちらも安いしお腹いっぱいになるからコスパがいいんですよね。

唐揚げ弁当は、ブラジル産の鶏肉使ってるから安いのかな?と想像がつきますが、のり弁に入ってる白身魚のフライって一体なんの魚なんでしょう?
まさかタイじゃないだろうし。

今回は、のり弁に入っている魚のフライが何の魚なのか調査しました。

スポンサーリンク

のり弁に入っている魚のフライの正体

安くて美味しい、みんな大好きのり弁当。
そののり弁当のメインともいえる白身魚のフライは「メルルーサ」という魚だということです。

メルルーサはタラ目メルルーサ科の海水魚のことと言います。

タラに似た白身で、フィッシュ・アンド・チップスに使われているのもこのメルルーサのようです。

日本に一般に流通したのは1960年代で、当初は馴染みがない魚種であることからシロムツ等とばれ、紛らわしい命名として問題視されていました。

メルルーサが定着して以降は大衆向けの総菜魚として、市場には白身のフライ・粕漬け・味噌漬けとして半加工して出されることが多く、摺り身の材料にも使われています。
安価であることから、外食産業や学校給食などの加工食品に用いられる白身魚としても定着しているようです。

日本ではあまり聞き覚えのない魚の名前かもしれませんが、amazonでも普通に売っていますので、危険な魚ということはありません。

お家でフィッシュフライを作りたい時などに是非どうぞ。

フィッシュフライも白身魚だけど?

のり弁の他にも、白身魚のフライを使った身近な食べ物に、フィッシュバーガーがあります。
これも、メルルーサなのでしょうか。

フィッシュバーガーで使われる魚はスケトウダラなどのタラ系の魚や、ホキ系、バス系など様々な魚が使われているようです。
その時の魚の原価によって使用する魚が変わっているのかもしれません。

有名ハンバーガーチェーン「マクドナルド」のフィッシュバーガーは1994年までは「マダラ」が使用されていましたが、1994年にリニューアルし「スケトウダラ」を使用するようになったようです。

ちなみにモスバーガーのフィッシュバーガーには「ホキ」が使われています。

両者のフィッシュバーガーの味が全然違うのは味付けはもちろん、使ってる魚が違うからなんですね。
ちなみに私はモスバーガーのフィッシュバーガーの方が好きです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました