肌、布、床など、それぞれの油性ペンの落とし方

友達同士の悪ふざけ、あるいは小さなお子さんの好奇心で、油性ペンを使って色々な所に落書きをしてしまう場合があります。

それは、人の肌だったり、床、机、物、カーテンのような布など、、、

好奇心旺盛なのは子供らしくて大変よい事ですが、後始末がとても大変です。

ここではそれぞれのケースによって違う油性ペンの落とし方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

顔や手など肌についた油性ペンの落とし方

①オイルを使用する。

サラダ油、日焼け止めクリーム、ハンドクリームなどを油性ペンで書いた部分になじませてティッシュでふき取ります。肌についた油性ペンの落とし方では一番ポピュラーな方法ですが、効果は若干弱めな気がします。

スポンサーリンク

②口紅の乳化剤を使って油性ペンを落とす

伊藤家の食卓で紹介されていた油性ペンの落とし方です。口紅には乳化剤が含まれており、肌についた油性ペンのインクを浮かす事で綺麗にふき取る事が可能です。指で口紅をインクの部分に馴染ませふき取ってください。

③マッチや歯磨き粉に含まれる研磨剤を使って油性ペンを落とす

マッチや歯磨き粉には研磨剤という肌からインクを浮かび上がらせる成分が入っているので、油性ペンのインクを落とす事が出来ます。
まずマッチを水につけてそこからインクのついた部分をゴシゴシとこすります。
なじんできたら水で湿らせたティッシュでふき取りましょう。

布などについた油性ペンの落とし方

①消毒用エタノールで布、衣服などについた油性ペンを落とす

布などにインクがついた場合の一番良い落とし方は消毒用エタノールといわれています。
まず、いらない布を2枚用意し、油性ペンで汚れてしまった部分を上下ではさみます。
汚れた部分に消毒用エタノールをしみ込ませ、上下の布で叩きインクを落としていきます。
インクの汚れがなくなるまで数回繰り返し、汚れがなくなったら洗濯しましょう。

机や床、物などについた油性ペンの落とし方

①ラッカーシンナーでの油性ペンのインクを落とす

床、机、物などにインクがついた場合、ラッカーシンナーを使うと一番手っ取り早いといわれています。
匂いがキツイので使用する前に必ず窓を開けるなり換気できる状態にしましょう。
落とし方はインクのついた部分に吹きかけて後は雑巾などでふき取るだけです。

②たばこの灰を使用して油性ペンのインクを落とす

ご自宅にラッカーシンナーなどがないときはタバコの灰などでも油性ペンのインクを落とす事が出来ます。
濡れた雑巾などにタバコの灰をつけてゴシゴシと擦るようにふきましょう。
吹き終わったら別の雑巾などで残った汚れをふき取ります。

スポンサーリンク