デブがブルース・リーのような細マッチョになるための方法!

ファッション

男なら、誰しもが憧れる細マッチョ。

ブルース・リーのように筋肉はあるが、ゴリゴリではなくしなやかな筋肉美を手に入れたいと思った事はありませんか?

ここではデブがブルース・リーのような細マッチョに近づける方法を紹介します。
参考にしてみてください。Don’t think feel!!

スポンサーリンク

デブが細マッチョになるためには筋肉をつけよう!

いきなり、デブがランニングをしても食事制限をしても辛いだけです。
ランニングをすれば膝を壊すし、食事制限はモチベーションを保つのが大変どころかへたをすれば逆効果になってしまう事も。

まずは、体脂肪率を下げ基礎代謝を上げるために筋トレを行うようにしましょう。

筋トレには大きく分けて2種類あります。「筋肉を大きくする筋トレ」「持久力をつける筋トレ」の2つですが、まず最初の段階は「筋肉を大きくする筋トレ」行いましょう。

「筋肉を大きくする筋トレ」は少ない回数を高負荷で行う筋トレ方法です。回数は8~12回程度で構いません。1日行ったら1~2日休みを繰り返し行いましょう。
さらにトレーニングを行う毎に負荷を上げていきましょう。例えば、腕立てならば足の下に座布団を敷いたり、足の高さを変えれば負荷が変わります。

筋トレを行う箇所は、脂肪が多くついている箇所になります。これは、人によって変わるかもしれませんが通常人間が太って脂肪がつきやすいのが、腕、胸、お腹、太ももなどです。
こういった部分を重点的に筋トレしましょう。

ある程度体脂肪率が下がったら有酸素運動を取り入れよう。

上記した高負荷の筋トレを1ヶ月程度行えば必ず体脂肪率が下がり、基礎代謝も上がります。
ある程度効果が見られたら次は有酸素運動を行いましょう。

細マッチョになるためには有酸素運動はかかせません。

現在のあなたの体重によりますが、まずは長時間のウォーキングをおすすめします。
(膝に負担が少ない体重であれば、ジョギング、ランニングでも構いません。)

ウォーキングで体重を落とす事を成功したら、ジョギング、ランニングとステップアップしていきましょう。

筋トレの質を変えましょう。高負荷→持久系へ。

上記した高負荷の筋トレと有酸素を取り入れたらもう細マッチョは手に入れたようなものです。

最後の仕上げは現在行っている高負荷の筋トレをやめて持久系の筋トレを行うようにしましょう。

持久系の筋トレとは低負荷で回数を行う筋トレ方法です。
一番ノーマルな腕立てを100回、腹筋を100回など。これを2日に1回、もしくは毎日行うようにしましょう。(もちろん有酸素運動も継続)

学校の部活などでゴリマッチョがほとんどいないのをご存知でしょうか?

その理由として挙げられるのは筋トレの方法がこの持久系の筋トレだからです。
持久系の筋トレを行えばブルースリーのような細マッチョに近づく事が出来ます。

細マッチョになるための食事方法

現在太っているからといって、極端な食事制限はやめましょう。

筋トレや有酸素運動をするためにはそれなりのカロリーが必要です。
むしろ普段通りの食事を行いましょう。

そこへ一点だけ変更点を加えてあげるとより細マッチョへ早く近づけるかもしれません。

それは、生野菜を食事前にたくさん取る事です。
生野菜だけを食べるのではなく、食事の前にサラダを多めに食べるだけでも構いません。
それだけでかなりの効果が得られます。

これであなたもブルース・リーのような細マッチョに近づけるはずです。Don’t think feel!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました