真犯人フラグで包丁研ぐ女は誰?考察まとめ「橘かおり説が濃厚」「バタコ説がピンとくるが」

『真犯人フラグ』第4話でまた怪しさ満載な謎の人物が登場しました!
凌介の記者会見を見ながら包丁を研ぎ、さらに研いだ包丁片手に奥の部屋へ入っていった人物…かなり怪しかったですね!
一体誰なのでしょうか…顔や姿がはっきり確認できず気になります。
そこで『真犯人フラグ』第4話に登場した包丁を研ぐ女の正体について考察してみたのでシェアしていきます。

第3話の凌介の遺影が飾られた祭壇といい、第4話の包丁を研ぐ女といい本当に怖すぎるのよ。同一人物なのかな…謎が深まるばかりだわ

真犯人フラグで包丁を研ぐ女

『真犯人フラグ』第4話で、包丁を研ぐ謎の女が登場し、ネット上では大変話題となっていました。
部屋で1人、包丁を研ぐ姿はなんとも不気味な雰囲気でしたね。
そんな包丁研いでいた女のシーンを改めて振り返ってみましょう。

世間の誤解を解こうと凌介は記者会見を行いました。

会社の同僚たちをはじめ多くの人が注目しており、テレビや街中にある大型ビジョンで記者会見を見ている人もたくさんいましたね。

無事記者会見を終えようとしていた時!ぷろびんチャンネルの投稿により冷凍遺体の件がばれてしまうんです…。
答えを求められた凌介は記者会見を打ち切り強引に部屋を後にするのですが、ちょうどそのタイミングで包丁を研ぐ女が登場しました。

その女は1人部屋で包丁を丁寧に研いでおり、記者会見がバタバタと終わってしまった直後、手を止めてテレビを消します。
そして包丁を片手に奥の部屋へ消えていく…。

包丁を研ぐ女のシーンは以上ですが、なんとも怖くて不気味でした。

しかも研いだ包丁を片手に奥の部屋へ入っていきましたが一体奥の部屋には何があるのでしょうか…。

誰か監禁されていたりするのか…それともただ料理をするのに研いでいただけ?
謎すぎる包丁を研ぐ女、今後正体が明らかとなるはずですので見逃せませんね。

登場人物に怪しい人が多すぎて誰が包丁を研いでいたのか予想が難しい。意外に真帆さんだったりしてね…
スポンサーリンク

包丁研ぐ女は誰か?考察とネットの説

『真犯人フラグ』第4話で包丁を研いでいた女は誰なのか…。
私個人の考察としては包丁を研いでいたのはバタコさんだと思いました。
亀田運輸に度々理不尽なクレーム電話をかけてくるバタコさんこと木幡由実。
第3話ではクレーム電話ではなく二宮さんあてに願いが叶うという”かがやきの土”を送ってくるなど謎に満ちた存在ですよね。

彼女がなぜ包丁を研いでいたのか定かではありませんが、私の予想ではバタコさんは実は凌介に恨みをもっており凌介のことを憎みながら包丁を研ぎ、奥の部屋には凌介の写真や私物がおいてあってそれに突き刺そうとしている…。

自分で考察しておいてなんですが、バタコさんだいぶと怖い人物ですね。
関わりたくない…。
そこまで恨まれる凌介も一体何をしたのか気になっちゃいます。

さあ!お次はネット上で名前が挙がっていた3名を徹底考察していきます!

まずは押し入れに何か隠している怪しさナンバー・ワンの菱田さん。

菱田朋子説

『真犯人フラグ』第4話でますます怪しい言動が目立つ菱田さん。
彼女が包丁を研いでいた女の正体だとすれば、部屋の奥に失踪した家族が監禁されている可能性があると思いました。
実は菱田さん、凌介にずっと想いを寄せており真帆と仲良くしているのも凌介と繋がりがほしかったから…。
しかし新居が完成すれば引っ越してしまうと思った菱田さんは家族を監禁。
精神的にも追い詰められている凌介に、寄り添ううちに自分へ気持ちが向くのを待っているのではないでしょうか。
あの包丁は真帆や光莉、篤斗を脅すために…。
怖すぎる。

スポンサーリンク

木太陽香説

本木陽香説いってみましょう!
『真犯人フラグ』第4話まで放送されましたが、彼女だけはいまだ謎に包まれた存在ですよね。
謎が多い分、包丁を研いでいた女の可能性も高いように思います。

まず第3話で凌介の遺影が飾られた祭壇に拝む人物が登場しましたが、あの人物は葬儀社に務める本木陽香ではないかと思っています。

そして祭壇に拝む人物と包丁を研いでいた女は、部屋に置いてある物などから同一人物だと予想しますので、よって包丁を研いでいた女は本木陽香!

本木陽香はおそらく凌介に対してかなり恨みをもっていると予想します。
まあ恨みがなければ生きている人間の祭壇を作ったり
しないでしょう…。
包丁を研いでいたのも、あれで凌介を傷つけるつもりなのかもしれません。

本木陽香に関しては登場シーンから怪しかったので何かしら事件にも関係してそうですよね。

橘かおり説

“橘かおり説”の前に橘かおりって誰?!と思う方のために念の為ご紹介しておきます。
橘かおりは光莉とお付き合いしている橘一星の母親です。
Huluのオリジナルストーリーで光莉が橘かおりのお店を訪問するシーンがありますよ。

さて、では何故橘かおりが包丁を研いでいた女なのか…実は考えれば考えるほど条件が当てはまってしまうんです。

まず橘かおりは定食屋さんを営んでいます。
ということは包丁はもちろんですが、研石も持っていそうですよね。
包丁の研ぎ方も手慣れた感じでした。

また食材の仕入れなどで魚市場との繋がりもある。
橘一星とお付き合いしている光莉とも面識がある。

ということは、冷凍遺体を凌介に送りつけたのも、家族失踪に関わるのも、包丁を研いでいたのも全て橘かおりだったのではないでしょうか。

実は橘かおりは凌介と昔付き合っており一星は凌介との子どもで、凌介を返してほしくて家族失踪に関わっているのではないかと思います。

以上!包丁を研いでいた女についての考察でした。

私の予想はバタコさんですが、改めて考えてみると菱田さん、本木さん、橘一星の母・かおりも包丁を研いでいた女である可能性があるような気がしますね。
一体あの包丁を研いでいた人物は誰なのか、目的も何だったのか…今後の展開からも目が離せません。

SNSで顔が隠されてた人物の正体が香里奈さんで確定!って見たんだけど本当に?!だとしたらバタコが香里奈さんだよね?!でも公式には発表されていないからまだわからないのかな…

包丁を研ぐ女は誰か?SNSの反応まとめ

  • 菱田さんっぽいと思っていたけど、まだ出てきてない人物の気もするなぁ…
  • 菱田さんではないと思う!部屋の間取りが違うし…包丁研いでいたのは奥さんじゃない?!
  • 包丁研いでいたのは生駒ちゃんっぽくない?!
  • 橘の母親だと思う!料理人なら研石もってそうだし…
  • 包丁研いでいた女はバタコさんだ!本棚のネジがないし荷物もある!

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

  • 『真犯人フラグ』第4話で凌介の記者会見のシーンで登場した自宅で包丁を研いでいた女の正体についてネット上では話題となっていた
  • 私の考察では包丁を研いでいた人物は亀田運輸に度々クレーム電話をかけてくるバタコさんこと、木幡由実ではないかと予想
  • ネット上で名前が挙がっていた菱田朋子説、本木陽香説、橘かおり説を考察したが中でも定食屋を営む橘かおりが包丁を研いでいた女の可能性が高いと思った

『真犯人フラグ』第4話で包丁を研ぐ謎の女が登場しましたが、かなり不気味でしたね〜!
光が当たっていて顔や姿がはっきりと確認できず、誰なのか分からなかったので余計に気になってしまいました。
SNSでは様々な考察が飛びかっていますが、私はバタコさんが怪しいと思っています。
おそらく包丁を研いでいた女は事件に関わる重要な人物ではないかと思いますので今後の展開からもますます目が離せません。

この記事を見ている人は以下の記事も見ています

関連記事

2021年10月10日よりスタートしました話題の2クール連続ドラマ『真犯人フラグ』、第2話までの放送を経てますます考察が盛り上がっています!しかし展開が早く怪しい人物もたくさん登場するためだんだん混乱してしまう…。そこでいま[…]

関連記事

西島秀俊さん主演で送る新ドラマ『真犯人フラグ』。秋元康さんが企画・原案を務められる本作は完全オリジナルのミステリードラマということで期待大!そんな『真犯人フラグ』ですが『ゴーンガール』と似てる!と話題に。『ゴーンガー[…]

 

スポンサーリンク