低温ドライヤーとは?Re:beauのドライヤーは他と何が違うのか

ダメージヘアでお悩みの人に、まず見直してほしいのがドライヤーです。

髪のゴワつき、パサつき、切れ毛、枝毛などの髪の悩みの原因は高熱ドライヤーによる高温ダメージが原因の場合が多くあります。

毎日使うドライヤーだからこそ、こだわってほしい。
そこでおすすめなのが髪に優しい低温ドライヤーです。

スポンサーリンク

低温ドライヤーのすすめ

従来のドライヤー(高熱ドライヤー)で髪を乾かしている人は高温ダメージを受けている可能性があります。

健康的な髪には艶があり、しなやかでしっとりとしています。適度なハリと弾力もあります。

高熱ダメージが重なると、まとまりが悪く、切れ毛、パサつき、枝毛などが多くなり髪がゴワつきます。

一般的なドライヤーの温度は100~120℃となっていて、長時間同じ場所に当てていると髪や頭皮にダメージを与え、火傷の原因にもなります。

これに対して低温ドライヤーは60℃に設定されているので、ツヤがある美しい髪を保ちながら乾かすことが可能になります。

通常のドライヤーから低温ドライヤーに変えることで、髪や頭皮へのダメージを軽減できます。

Re:beauの低温ドライヤー「60ローケア・イオンドライヤー」

[affi id=127]

低温ドライヤーを使うことで、髪を守りながら乾かすことが可能です。
数ある低温ドライヤーの中でも

  • 髪や頭皮へのダメージを軽減
  • 低温なのに高い速乾性
  • 高濃度のマイナスイオンさらに保湿まで可能

となっているドライヤー「60ローケア・イオンドライヤー」を紹介させてください。

スポンサーリンク

大事な髪を熱から守る!

これまでもお伝えした通り、低温ドライヤーは通常100℃近くある高温熱風を、60℃の低温に設定し、髪の毛へのダメージを抑えながらツヤのある美しい髪をキープすることが可能です。
低温で乾かすことで、髪の水分を無駄に逃すことがありません。

大量のマイナスイオンでさらにツヤや潤いを

さらに、髪をドライヤーの熱ダメージから守るだけでなく超高濃度マイナスイオン濃度(3000万イオン)を使用し、髪に付着するウイルスの除菌や消臭が可能です。マイナスイオンで「ツヤのある髪」に必要な保湿を手助けしてくれます。

通常のイオン発生器に比べてRe:beauのドライヤーは高濃度イオンを搭載しています。
髪ケアと合わせて髪をウイルスや殺菌から守ることができます。

低温なのに高い速乾性

低温なだけのドライヤーだと、髪はいつまでたっても乾きません。

しかし、60ローケア・イオンドライヤーは高い速乾性を持っています。

低温とは言え、60度は決して冷たい温度ではありません。
乾燥がしっかりできるように風量とのバランスもしっかりと考えて設計されています。
従来のドライヤーより均等に熱が分散し、髪をしっかり乾かします。

さらに温度が低いことによる摩擦ダメージが気になる方もいるかもしれません。
温度が低いだけのドライヤーは乾かないだけでなく摩擦ダメージにつながってしまいます。

60ローケア・イオンドライヤーはそんな様々なダメージから髪を守れるよう開発されております。

100℃以上の高温ダメージもなく、50℃以下の摩擦ダメージも考慮されて開発されているのです。

また、低温であるため、ペット用のドライヤーとしても使えます。

ペットをシャワーした後の乾燥も、ペットの肌にダメージを残しません。
ペット特有の臭いも超高濃度イオンで消臭していきます。

まとめ

低温ドライヤーは、髪に最も優しく、且つ乾きやすい温度に調整されたドライヤーです。
低温というと、冷風をイメージされるかもしれませんが、ほとんどが60℃程度のものなので冷たい風ではありません。通常の100℃近いドライヤーに比べて低温という商品になります。

一般的なドライヤーだと髪がダメージをうける「髪やけど」状態になってしまいますが、低温ドライヤーで「しっかり乾いた、しっとりとした髪」を体験してみませんか?

[affi id=128]

[affi id=127]

スポンサーリンク