パーソナルスペースとは?男女で狭い近いなどの差はあるのか?

人と話すときに、妙に距離が近い人っていますよね。


近いと思いつつも、そんなことはさすがに言えずに不快な思いをした方もいるのではないでしょうか。

人付き合いをしていく上で、とても大切な人との距離感。

不快に思われない距離感とは?
初対面の人との適切な距離感とは?

それにはパーソナルスペースが関係しています。

今回はパーソナルスペースとは?男女の違いは?を紹介します。

パーソナルスペースとは

パーソナルスペース(Peasonal space)とは、他人に近付かれると不快に感じる空間のことで、パーソナルエリア、個体距離、対人距離とも呼ばれます。
他者が自分に近づくことを許せる限界の範囲、つまり心理的な縄張りと言えます。

縄張りですから、誰かが自分のパーソナルスペースに近づいてくると、人は不快に感じたり落ち着かない気持ちになります。
人は無意識のうちに他者との一定の距離を保ち、またある程度の距離があることが当然という意識が根底にあります。

パーソナルスペースの範囲は、人それぞれ違うものですが、接する相手によってもその範囲は変わってきます。

一般的に、仲が良い(親密な)相手ほどパーソナルスペースは狭く(ある程度近付いても不快さを感じない)、逆に敵視している相手に対しては広くなります。

特にストーカー等の場合は、距離に関わらず視認できるだけで不快に感じるケースもあります。

スポンサーリンク

パーソナルスペースの分類

人との距離感は大事。でもその距離感は人によって違う。
人それぞれ違うものを気にしてもしょうがないかもしれませんが、一般的な距離感とはどんなものでしょうか。
アメリカの文化人類学者のエドワード・T・ホールが、パーソナルスペース(対人距離)は日常生活のなかで使われている距離帯が、大きく分けて4種類あることを見出しました。それらをさらに近接相と遠方相の2つに分類しています。

  • 密接距離(ごく親しい人に許される空間)
    近接相:0cm~15cm(抱きしめられる距離)
    遠方相:15cm~45cm(頭や腰、脚が簡単に触れ合うことはないが、手で相手に触れるくらいの距離。)
  • 個体距離(相手の表情が読み取れる空間)
    近接相:45cm~75cm(相手を捕まえられる距離)
    遠方相:75cm~120cm(両方が手を伸ばせば指先が触れあうことができる距離)
  • 社会距離(相手に手は届きづらいが、容易に会話ができる空間)
    近接相:1.2m~2m(知らない人同士が会話をしたり、商談をする場合に用いられる距離)
    遠方相:2m~3.5m(公式な商談で用いられる距離)
  • 公共距離(複数の相手が見渡せる空間)
    近接相:3.5m~7m(2者の関係が個人的なものではなく、講演者と聴衆と言うような場合の距離)
    遠方相:7m以上(一般人が社会的な要職にある人物と面会するような場合におかれる距離)

人間関係を構築する上で、上記のパーソナルスペースを意識することでより充実した人間関係を構築することができるかもしれません。

[affi id=57]

パーソナルスペースの男女の違い

パーソナルスペースは、人によって異なりますが、男女でも大きく異なります。
一般に女性よりも男性の方が広いとされています。

スポンサーリンク

男性のパーソナルスペース

男性の場合、パーソナルスペースは前後に楕円形の形をしています
また、前方に対してパーソナルスペースが広く、自分より後ろ側のパーソナルスペースが狭いというのも特徴です。

つまり、自分の真正面から近づいてくる人や、目の前にいる人に対して警戒心が強いということになるので、
男性に話しかけるときは横や後ろから近づくと、相手に警戒させることなく近づくことができます。
ただし、意識的に警戒させたい場合(自分を意識してもらいたい場合)などは、むしろ正面から距離を縮めていくとよいかもしれません。

女性のパーソナルスペース

女性の場合、パーソナルスペースは自分を中心に円形の形をしています。
女性の場合、男性に比べて全体的にパーソナルスペースが狭いのも特長です。

仲のいい女性同士って腕を組み合ったりして、結構くっついているイメージがありませんか?
これは、友達に対するパーソナルスペースがかなり狭い証拠です。

男性同士だと、仲が良くてもそこまで近づいて話はしませんよね。

ただ、女性のパーソナルスペースが狭いからと言って、初対面や仲の良くない人がいきなり近づいていくのは不快に感じさせるだけなので
自分への信頼度に合わせて、距離を保つのが良いでしょう。

パーソナルスペースは人と人との境界線!

全ての生き物が自分の領域という空間を持ってます。

他人と居心地良い距離感を保てるのも、きっとパーソナルスペースのおかげですよね。

恋愛だと、好きな相手と気持ちを共有できる特別な場所!

今回は、男女のパーソナルスペースを追記してみたいと思います。

男性の恋愛 パーソナルスペース

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

竹原稔(@minoru8888)がシェアした投稿

 

男女のパーソナルスペースは特徴が違うため、その距離の取り方も全然違っています。

▼パーソナルスペースとは矢印の図のような感じ↓↓

特徴を理解している人は、異性が自分にどれだけ気持ちを許しているか、脈ありかなどを知ることができるんです。

調べたところ、恋人同士がお互い共有できる距離感は、45㎝以内だそうで密着すら可能です。

恋人でなくても、家族や親友なんかもそうですよね。

警戒心MAXな他人でも、コミュニケーションを深め仲良くなると、とたんに距離を縮まらせることが出来るのです。

そんなパーソナルスペースを利用して、好きな相手を落とすには・・・その男性の後ろや横を狙って近づくのが良いそうです。

男性は前(正面)ゾーンのパーソナルスペースが広く、人が前方から近づいて来るとたちまち警戒心を持つ生き物。

これは狩りをしていた時代が影響しているそうで、敵と戦い身を守るため、正面にパーソナルスペースを作り自己防衛していたといわれてます。

しかし、今の世の中、狩猟生活で暮らしを営む男性はおそらく0?全ての男性がパーソナルスペース広めとはいえないそうです。

女慣れしていたり、社交性のある男性が溢れてますから、そんな人はお構い無しに相手の縄張りにぐいぐい入ってくるようですよ。

パーソナルスペースで純粋に好意を示すとき、それはシチュエーションで変わるともいわれています。

仕事仲間や同僚であれば、気になる女性と仕事では一定の空間を保ち、仕事から離れると女性のパーソナルスペースに近づき「仲良くなりたい」思いでその距離をうめようとしてくるそうです。

女性が好きな男性に近づくには、”後ろとサイドのパーソナルスペース”を覚えておくと良いですね。

女性の恋愛 パーソナルスペース

一方、嫌いな男性や他人がそばに来ると女性は一瞬にして嫌悪や警戒心の塊となります。

女性って男性よりも顔や態度に現れやすいみたいです。

女性のパーソナルスペースは円形なので、縄張りゾーンは狭く、特別心を許した相手以外は自分のテリトリーに入ってくることを嫌います。

多くの女性は他人との距離の取り方に大変敏感だそう。

そのため、彼女のパーソナルスペースに入ることが出来てるなら、その男性に興味がある、好意の心理が隠されてることになりますよね。

ちなみに、誰でもウェルカムな女性もいるのは確か・・・

恋愛のパーソナルスペースまとめ

男女は特徴が全く違う生き物。

パーソナルスペースを指針に、相手と心の距離をどんどん埋めていってもらえたら…と思います。

まとめ

パーソナルスペースは、性別、社会文化や民族、個人の性格やその相手によって大きな差があります。

距離感のコントロールは、人間関係におけるコミュニケーションにも利用できます。相手に近付いてドキッとさせたり、自分の存在をアピールしたりするためのテクニックの一つとして、うまく活用してみましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク