ニッチワードとは?複合ワードなどロングテールに欠かせないキーワードを解説

ブログ運営

ブログやアフィリエイトをしていて、なかなかアクセス数や収益があがらないという悩みを持っている方は多いはず。

もしかしたら、ニッチワードを狙えば、アクセス数も収益も伸びるかもしれません。

今回は、ニッチワードって何?ニッチワードの探し方などを紹介します。

スポンサーリンク

ニッチワードとは

ニッチワード(ニッチキーワード)は、検索数やCVRに対して、競合が少ないキーワードのことを言います。

ニッチは隙間という意味があります。
つまりニッチワードは「潜在的な需要があるものの、誰も手を付けずにいるようなキーワード」のことです。

複数のワード(単語)の組み合わせにより検索されるキーワード「ロングテールキーワード」とも呼ばれます。

ニッチキーワードは上位表示への難易度は低く、競合となるコンテンツが少ないので安定した集客を行う事ができます。

ニッチワードの反対で、1単語のキーワードで多くの検索回数があるものをビックワードといいます。

ビックワードは検索される回数も多い上にライバルも多いです。
ビックワードSEOで上位表示することができれば多くのアクセス流入も見込めますが、CVRは低くなりがちです。
※CVR=コンバージョン率

さらにビックワードは競合が多いため、リスティングなどでの入札単価が高くなるので利益率が悪くなる可能性も高いです。

例えば「枕」というビックワードだと検索数も競合も多くなりますが、「枕 いびき防止」の方が検索数は減りますがCVRは上がります。

アフィリエイト初心者の方は、このようなキーワードを発見しSEO対策を行うことで、サイトのアクセス数やCV数を増やすことができます。

広告に使える予算が少ない場合などでもニッチキーワードを狙うことで、入札単価は低く、CVRは高くなる傾向があるので効率よく収益を上げることができます。

ニッチワードのメリット

  • ビックキーワードに比べて競合が少ないので、上位表示しやすい
  • リスティングの際、入札単価が低い
  • ユーザーの検索意図が明確なので、CVに繋がりやすい
  • ライバルが少ないので安定的に集客ができる
  • ユーザーの検索ニーズを捉えたコンテンツが作りやすい

ニッチワードのデメリット

  • ビックキーワードに比べて検索する人がすくないので、アクセス数が期待できない
  • 短期間では大きな収益に繋がりにくい

ニッチワードの探し方

ニッチワードの探し方は色々とあります。
ただし、ニッチワードの中で、自分のサイトに合う本当に効果のあるキーワードを探すのは地道な努力が必要です。

google検索のサジェストや関連キーワードから探す

サジェスト

関連キーワード

キーワードを探す際に活用できるツールとして一番身近なものが「Google検索」です。

Googleでキーワードを検索すると、検索結果のページ最下部に「関連する検索キーワード」が表示されます。
これらは実際に検索されたキーワードからGoogleがユーザーの検索意図を推測し表示されるものです。
ニッチワード対策において参考にすべき重要なデータです。

キーワードプランナーから探す

Google広告(リスティング広告)のアカウントを作っていれば使えるツールです。
メインのキーワードを入力することで、メイン+複合キーワードの検索数や競合性を確認できます。

検索クエリから探す

Google Search Consoleの検索パフォーマンスから流入キーワードとそのキーワードの検索数を調べることができます。

Google Trendsから探す

Googleで検索されているキーワードのトレンドと、急上昇ワードをチェックすることができるツールです。(無料)
Google Trendsで検索すると、人気のある関連キーワードを知ることができます。

上記のような調査を続けて、実際に検証を繰り返すことで競合が少なくCVRも高いお宝キーワードに巡り合うことができます。

まとめ

ニッチワード(ロングテール)は、Google からのアクセスやコンバージョンを増やす戦略の1つです。

ビックワードでの上位表示が難しい初心者や、広告に予算を多くさけない方にとっては必ず狙うべきキーワードになります。

複合キーワードになるので検索ボリュームは少なくなりますが、競合性が低いため上位表示がしやすく、ユーザーの検索意図がわかるのでコンバージョン率が高くなります。

初心者~中級者の方は、まずはニッチワードでアクセスを集めてサイトを強化していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました