レオパレスにいったい何があったのか?今に至るまでを掘り下げてみる

雑学
あいどん君
あいどん君

レオパレスが11月13日に4月から9月の連結決算を出しましたね。

あいのー先生
あいのー先生

175億円の赤字みたいだね。レオパレスは色々と問題が取り上げられてたから入居率が厳しいみたいだね。

賃貸アパート大手のレオパレス21が13日発表した2020年9月中間連結決算によると、純損益は175億円の赤字(前年同期は244億円の赤字)でした。

10月時点での入居率は77.46%。
一見そこまで悪くないように見えますが、損益分岐点になる入居率は80%ということなので、それ以下だとレオパレスは損失を出し続けることになります。

ちなみに過去の入居率は以下のようになっています。

2019年4月:92.82%
2019年8月:89.41%
2019年12月:85.26%
2020年4月:82.35%
2020年8月:80.21%

なぜレオパレスの入居率は下がり続けているのか?

今回は、レオパレスにいったい何があったのかについて紹介します。

スポンサーリンク

ガイアの夜明けによる報道

レオパレス問題については、テレビ東京の番組「ガイアの夜明け」で、度々報道がされています。

【サブリース問題】

2017年12月、ガイアの夜明けはスクープ第1弾として、レオパレスのサブリースをめぐる契約トラブルの実態を放送しています。

「30年間、安定的に家賃を保証」などのうたい文句で、賃貸アパートの個人オーナーや相続税対策を考えている人などとサブリース契約を交わし、次々とアパートを乱立させます。
その結果、入居率が下がって儲けがでなくなった物件に対して「家賃収入の減額」や「契約の解除」を言い渡す。

この一方的な契約変更は「終了プロジェクト」という名称で、10年未満の契約は家賃減額交渉をし、10年以上の契約は契約解除を強気で交渉しろという指示が組織的に行なわれていたことも明らかになりました。

【界壁の施工不良】

2018年5月には、界壁の施工不良問題を放送しています。
レオパレス物件の天井裏にカメラを入れ、遮音や延焼を防ぐための「界壁」が設置されていなかったことが明るみになりました。

ネットで都市伝説的に話題になるレオパレスの壁が薄い問題ですが、実際に設置しなくてはいけない界壁が設置されていない物件もあり、騒音や耐火性に大きな問題がある状態だったということになります。

界壁がないと建築基準を満たさない違法建築となります
これをガイアの夜明けに報道されると知ったレオパレスは緊急会見を開くことになります。

建築基準法違反の疑いとその施工管理責任について認め、レオパレスが界壁問題を調査すると発表されました。

【不良物件の調査・補修工事はされていない】

2019年2月に放送された内容では、前回記者会見で、不良物件の調査や補修工事を行うと発表したものの、まったく進んでいない現状が明るみにされました。

レオパレスは全棟調査の実施を約束していたが、調査すらされずに数か月放置をされている物件もあり、調査を依頼して界壁の不備が発覚したとしても、レオパレス本社による社内判定で問題なしと判断されるなど、まったく対応する様子がありませんでした。

番組放送後に社長が会見を開き、本件について謝罪。
33都府県の1324棟で施工不良が見つかったこと、1万4443人の入居者に転居を求めることを発表しました。

株価は2006年をピークを迎え、その後右肩下がり

このように、ここ数年で様々な問題が浮き彫りになったレオパレスですが、株価は大分昔から下降トレンドを形成しています。

物件のオーナーもそうですが、レオパレスを信じて長年持ち続けている株主も大損していることでしょう。

物件を探したことのある人ならわかると思いますが、レオパレスって家賃は高いですし、設備は微妙ですし、個人的にはあまり住みたいとは思えないです。

短期で住みたいとか、会社の社宅になってるなど、特別な理由がないと住む家としては候補に入らないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました