【北欧ドラマが熱い】独特の世界観が魅力のミステリードラマ8選

北欧ドラマは、暗い画面から始まることが多いからなのか、ハマるまでに時間がかかるような気がしますが、一度ハマると、聞き慣れない言語もなんだか心地よく聞こえてきてしまうから不思議。

ブルーグレイのような青みがかった画面が、ミステリー感満載の北欧ドラマ。

社会問題も取り入れたミステリードラマは、北欧の現状なども知れてかなり興味深いです。

一面の銀世界、美しい街並みや自然、北欧インテリア…など、見どころいっぱいの北欧ドラマ8作品をご紹介します。

ちなみに私は海外ドラマは全部、ここの動画配信サービスで観てます。(無料期間もあるのでお試しでゼロ円で観れるのが嬉しい♪)

スポンサーリンク

北欧ドラマ:刑事ヴァランダー

出典:U-NEXT

スウェーデンの人気作家ヘニング・マンケルの小説が原作の警察ミステリー。

少女が焼身自殺する現場を目撃した刑事・ヴァランダーは、部下と捜査にあたるが、そのさなか、元法務大臣が斧で惨殺される事件が発生する。

物静かで熱い魂を持つ中年刑事・ヴァランダーが、仲間とともに執念深く事件を追っていく。

刑事・ヴァランダーを演じるのは、イギリスの名優ケネス・ブラナー

ドラマの舞台となる北欧スウェーデンの小都市イースタは、中世の街並みが残る地方の港町。

スウェーデンの北欧テイスト、イギリスの暗鬱なトーンが入り交じる独特の世界観が楽しめます。

刑事クルト・ヴァランダーの誕生物語、「新米刑事ヴァランダー」がNetflixで配信中

若かりし頃の刑事ヴァランダーを演じるのは、アダム・ポールソン。

出典:Netflix

北欧ドラマ:THE KILLING/キリング

出典:スーパードラマTV

本国デンマークで史上最高視聴率を獲得し、北欧ドラマの火付け役となった大ヒット傑作ミステリードラマ。

バラバラに切断された男性の遺体が発見された事件から3年が経ち、勤続25年を迎えた殺人課の刑事サラ・ルンドは、これを機に捜査の第一線から退き、一人息子マークとの関係修復を第一に生きていこうとしていた。

そんな中、旧知の仲である、情報局捜査官ボークからある事件の捜査依頼を受ける…。

主人公の女刑事サラ・ルンドが着ていたトレードマークのセーターは、ドラマの大ヒットで生産が追いつかなくなったとか。

動画配信サービスで見れるようにならないかなぁ…。

スポンサーリンク

北欧ドラマ:ボーダータウン 犯罪が眠る街

出典:Netflix

フィンランドの湖畔の町ラッペーンランタが舞台の犯罪ミステリードラマ。

仕事優先だった敏腕刑事カリ・ソルヨネンは、家族との時間を優先するため、静かな湖畔の町へ引越してくるが、その思いとは裏腹に、次々に事件が発生。

他の人とのコミュニケーションが上手くできない、ちょっとクセのある主人カリの魅力にグイグイ引き込まれていきます。

ちょっと驚いたのが、事件解決まではじっくり描かれているのに、事件解決はサラッと流れるように終わり、次の事件に入っていくこと。

聞き慣れないフィンランド語に最初は戸惑いますが、「キートス」がフィンランド語で「ありがとう」って意味なんだな~と分かってきたりして、次第に心地よく聞こえてくるから不思議。

北欧の名前(特に苗字)を覚えるのが大変ですが、北欧の綺麗な景色(特に深い雪に覆われた銀世界に圧倒されます)、洗練された北欧インテリアに目を奪われます。(湖畔周辺に住んでいる人の家における窓の割合が大きく、窓の掃除が大変そうだな…と他人事ながら心配になります^^;)

驚くのが、主人公カリが所属する重犯罪調査班の殺風景な職場!あれが、最先端なのか?(*_*)!

”静”のカリに対し、”動”の女刑事レナもカッコイイんですよね。

そして、主人公カリの娘ヤニナが歌うシーンがすごくいい!

思わず巻き戻して繰り返し聞きたくなるほど…

インテリアが好きな人なら、北欧インテリアを見るだけでも満足するはず。

カリの奥さんポーリーナ、いつでもおしゃれです♪

気になったのが、高校生のはずであるヤニナやカチアが普通にお酒を飲んでいること。

調べてみると、フィンランドでは、18歳以上でアルコール度数22%未満のお酒がOKなんだそう(゚∀゚)

しかし、こんなに身近に事件が起きるものなのだろうか?とちょっと不思議になるくらい、家族や知り合いが次々と犯罪に巻き込まれていきます。

アメリカのサスペンスドラマとはちょっと違う雰囲気のドラマが見たい人におすすめの、1つの事件が2~3話で終わる北欧ミステリードラマ。

北欧ドラマ:RIG45 絶海に潜む闇

出典:U-NEXT

ひとり、またひとりと…、逃げ場のない海で繰り広げられる連続殺人に息を呑む、絶海を舞台にした新感覚北欧サスペンス!

分厚い雲、真っ黒な海といった“外堀”は、観る者の不安を増幅させるには十分。

北海に浮かぶ海洋掘削基地・リグ45で作業員のリトヴァが転落死した。

調査に派遣されたアンドレアは、リトヴァの調査を開始することになるが、次々と不可解な事件が起こり始める…。

(※「リグ」とは石油・天然ガスを掘る海洋掘削基地のこと、海底下数千メートルまで掘り進めることができる大型装置。)

北欧ドラマ:THE BRIDGE/ブリッジ

出典:スーパードラマTV

スウェーデン、マルメの建築現場のビル内で死体が発見される。

殺害されたヘル・アンカーは、LBGT問題に取り組むレズビアンで、死体は男性と子供のマネキン人形と食卓を囲むようなかたちで置かれていた。

被害者がデンマーク人であることから、マルメ警察のサーガは、コペンハーゲン警察のハンネと捜査を進める。

国境から始まる事件は、スウェーデンとデンマークの両国で連続殺人事件に発展し、二国の警察が合同捜査をすることに。

それは、謎の猟奇殺人事件を追うことになったサーガ自身の運命を大きく変える悪夢の始まりだった…。

シーズン3がamazonプライムで配信中

北欧ドラマ:DEADWIND:刑事ソフィア・カルピ

出典:Netflix

夫の死、突然の悲劇から数ヶ月。

心の傷も癒えぬまま現場に復帰した女刑事ソフィア・カルピは、新しい相棒のサカリ・ヌルミと共に、ヘルシンキにあるゼネコンと関わりを持つ女性が殺された事件の捜査にあたる。

2人の子供のシングルマザーになったソフィア・カルピがとても大変なのは分かりますが、複雑な家庭環境になってしまったのだから、もう少し子供たちに時間を割いてもいいような気がしましたが…。

フィンランドの子供たち、透き通るような真っ白な肌で何とも可愛らしい。

ドラマ中、「モイモイ」という言葉が耳に残り、調べたところ、フィンランド語で「やあ」「こんにちは」「じゃあね」「バイバイ」といった意味のようです。

画面が暗く、序盤はとっつきにくいんですが、観ているうちに続きが観たくなってしまうドラマ。

ヌルミ刑事役のラウリ・ティルカネン、美形のイケメンです♪

北欧ドラマ:ヴァルハラ連続殺人事件

出典:Netflix

アイスランドで発生した前代未聞の連続殺人事件。

大きな野心を抱く女刑事・カタは、ノルウェー警察の捜査員・アルナーと協力し、1枚の写真を手掛かりに葬り去られたはずのおぞましい秘密を掘り起こしていく。

北欧ドラマのブルーグレイというか青みがかった画面が、ミステリーにすごくマッチしているんですよね。

とにかく薄暗い!でもそれがいい!

舞台はアイスランドなんですが、”氷の島”の名の通り、雪、雪、雪山…。

ドラマの中でヒョウが降ったりするという天気予報が普通に流れるんですが、こんな天気が日常なの?!

と、そこで暮らす人たちは大変だろうなとか、生まれてからずっとそこに住んでいるなら、一面の雪景色も荒天候もそんなに大変なことじゃないのかもなど、ドラマ以外のことが気になってきてしまいます。

すごく寒そうなのに、登場人物みんなが薄着なのもすごく気になりました。^^;

ドラマは、昇進を逃した女刑事カタと、ノルウェー警察から助っ人にやってくるアルナー捜査員、この2人が軸になって事件を解決していきます。

カタもアルナーもそれぞれ家庭の事情を抱えているんですが、アルナーの家庭環境がイマイチよく分からなかった…。

多分宗教色の強い厳格な父親の家庭で育ち、そのことがトラウマになっているんだと思います。

自分の息子が犯罪に関わっているんじゃないかと疑うカタ、被害者に話を聞く前に、自分の息子にもう少し話を聞いてもいいんじゃないかなと思ったりもしました。

とにかくアイスランドの自然が美しい全8話のサスペンスドラマです。

北欧ドラマ:トラップ 凍える死体

出典:Netflix

厳しい寒さが続くアイスランドの辺ぴな港町セイジスフィヨルズルが舞台。

海で胴体のみの惨殺死体が見つかる。

猛吹雪で周辺道路が閉鎖される中、次々と浮かび上がる容疑者たちに、捜査は混迷を極めていく…。

画面が暗いんです。

黒に近い濃紺、ブルーグレー、ホワイトグレー

しかも猛吹雪…。

ドラマを見ているだけで、こちらの体温も下がっていきそうなほど寒そうなんですよね。

こういう地域で暮らすってどんな感じなんだろう?

そこで生まれ育ったなら、当たり前のことなんだろうけど、それにしても大変そうだな~と、またしてもドラマ以外のことが気になってしまいます(-_-;)

熊のような警察署長アンドリが、部下のヒンリカ、アウスゲイルとともに事件を解決していきます。

小さな事務所のような警察署で、たった3人で頑張るんです!

ストレス発散のためかアンドリが、雪で顔を洗うようなことをするシーンがあるんですが、極寒の雪深い土地の人はこんなことをするのか!?とちょっと驚きました。

ヒヨルトゥル、ゲイルムンドゥル、トラウスティ、シグルドゥル、グズムンドゥルなど、耳慣れない名前ばかりで、登場人物を覚えるのに一苦労しますが、冒頭のシーンはストーリーとどう関係してくるんだろう?と伏線もあって、ストーリーを追うごとに惹き付けられます。

シーズン2では、雪が溶けたアイスランドの美しい大自然を見ることができます。

アンドリの娘ソーヒルドゥルが、シーズン1とは別人のようでビックリ(゚∀゚)

個人的には、手つかずの美しい大自然満載の島国であるアイスランドの人々が、他国が侵入してくることで、言語や文化など自国のすべてが奪われてしまうと懸念しているんだと知ることができました。

そして、アンドリとヒンリカを絶望のどん底に突き落とすような、あんなことが起こるなんて…

Netflixでシーズン2が2020年11月から配信され、2021年にはスピンオフ作品「Entrapped]が配信予定です。

まとめ

今回は、ハマるまでに時間がかかるけど、ブルーグレイのような青みがかった暗い画面に一度ハマるとどっぷりのめり込んでしまう北欧ドラマについて紹介してきました。気になるものはありましたか?

他にも紹介したい作品がたくさんありましたが、涙をのんで厳選しました。

この記事を参考に海外ドラマを楽しんでいただけると嬉しいです。

動画配信サービスでは、他にも面白い作品が本当にたくさん配信されているので、まだ利用したことのない方もお試しで楽しんでみてはいかがでしょうか?

関連記事

最近、海外ドラマにハマってる方が激増中です!日本のしょぼい制作費で作ってるドラマと違い、映画なみのスケールのデカさ!そして脚本も引き込まれるような魅力があり、日本のドラマなんてお話にならないくらい面白いです!けっこう有名な映[…]

スポンサーリンク