ヒロアカ293話ネタバレ考察!ルミリオン復活はやっぱりエリちゃんだった!

前回はギガントマキアを拘束するベストジーニスト。荼毘は波動を火だるまにし、轟を炎で攻撃します。

そこへ脳無たちがベストジーニストに襲いかかります。絶体絶命と思えたその瞬間、なんとルミリオンが登場します。

さあ293話ではどうなるのでしょうか?ということで、さっそく紹介します!

ネタバレ注意!
このページでは293話のネタバレ要素を含みます!
スポンサーリンク

ヒロアカ293話のネタバレ確定速報!

前話までのおさらい
関連記事

前回は死んだはずの燈矢が荼毘だった事実に揺れるエンデヴァー。テレビで流れる荼毘の告白に揺れる視聴者。ホークスがベストジーニストを殺したと言ったが、空の上から降ってきたのはなんとベストジーニストだった!さあ292話ではどうなる[…]

ヒロアカ293話ネタバレ「ルミリオン復活の理由は?」

冒頭、クッキーをかじるエリちゃん。心なしか角が小さくなってます。

山荘から連絡が入って透過の移動法ですっ飛んできたというルミリオン。

そして場面は前日に戻ります。

バブルガールからの連絡で明日全国規模の掃討作戦が行われると知ったミリオ。

相澤先生やデクたちの前で

「俺も役に立ちたい」

そう打ち明けます。

エリちゃんは約2ヶ月、虫やトカゲを対象にエネルギーを小出しに訓練してきたという。

その成果をずっと横で見ていたミリオ。エリちゃんに頭を下げて頼みます。

「利用するような真似してすまない・・・俺に試してみてくれないか?巻き戻しを・・・」

するとエリちゃんは目に涙を浮かべながら

「あやまらないで。そのためにくんれんしたんだもの。」

う~ん、エリちゃんは可愛いな。将来、きっと美人になるよ。

しかしルミリオンといえども、脳無を一撃でやっつけるほどのパワーがあるわけではないので、

「誰かあ!!!」

そう助けを求めます。

するとそこへ飛び込んできたのは

死地での危機感から得た初めてのバチバチした感覚で新たな爆破方法を試みる爆豪、そして飯田、そして全身焼けた跡があるものの、未だ動ける波動ねじれ。

ベストジーニストは振り返らずに爆豪に問います。

「世界(そと)は見えたか?バクゴー」

バクゴーとはヒーロー名が決まらなかった爆豪の仮のヒーロー名です。

「それは仮だ。あんたに聞かせようと思ってた!」

そう、かつてベストジーニストのところへ研修に行ったときに、爆豪は

「名は願い。キミはまだ世界を見ようとしていない。2年になり仮免を取得したらまたおいで。その時、再び名を聞こう」

そう言われていたのでした。

そして爆豪は

「今日から俺は・・・大・爆・殺・神(だいばくさつしん)ダイナマイトだ!」

それを聞いた周りの人たちは

ベストジーニスト「小二!」

飯田「長い!」

波動「物騒!」

コンプレス「ダッセ」

スピナー「だせぇ」

ルミリオン「はは」

ルミリオンだけ反応が違いますね。そして爆豪に話しかけます。

「いいヒーロー名だね。ユーモアがある」

そう評価します。

ミリオは元気とユーモアのない社会に明るい未来はやってこない、そういうモットーを持っています

たぶんこれはナイトアイの影響だろうな。

スポンサーリンク

ヒロアカ293話ネタバレ「一方、その頃荼毘は・・・」

荼毘は轟を抱きしめて自分ごと高温の炎で攻撃してます。

どちらかというと荼毘の方が炎に弱いのに、自らを痛めつけて攻撃しています。

荼毘は今幸福感に包まれてます。それは二人を見るエンデヴァーの表情が愕然としているから。

この表情が見れたから満足してる様子。

「見ろよ、あの顔。最高傑作のお人形が失敗作の火力に負けて死にそうだってのに。見ろって。壊れちまってるよ!」

「焦凍!俺の炎でお前が焼けたらお父さんはどんな顔を見せてくれるかな?」

そう言って笑う荼毘。

荼毘だけ目的が違うから厄介ですよね。荼毘の目的はまさに今達成されようとしてる。

そこへ!

デクの黒鞭が荼毘と轟の間に入ります。

デクが浮遊で浮いて口から黒鞭を出してます。

手足に力が入らなくても梅雨の長い舌のように

「フロッピースタイル!」

黒鞭を舌のように操って攻撃しようとします。

デクは言います。

「エンデヴァーは僕を強くしてくれた。過去は消えない!だから頑張ってる今のエンデヴァーを僕は見てる!お前はエンデヴァーじゃない!」

その言葉に何かを感じるものがあったのか、エンデヴァーの体に力が入ります。

荼毘は相変わらず演説してます。

・正義の味方が犯した罪、それが俺だ

・悪が栄えるのではなく正義が瓦解するだけ

・俺はその責任の所在を感情豊かな皆様に示しただけ

・これから訪れる未来はきっと綺麗ごとなど吹けば飛んでいく混沌だろうぜ

そう言ってる最中、ベストジーニストが体力がもたなくてマキアの拘束が緩んだのか、マキアがパワーアップしたのか拘束をぶち破ります。

その瞬間、マキアに向かって飛んでいくエンデヴァー。

そしてなぜかクラクラするマキア。

「急に・・・力が・・・入らなく・・・」

おー、ようやく麻酔が効いてきましたね。

ミリオが言います。

「山荘からの連絡にあった・・・効果はなかったって報告だった。麻酔が効いてる!」

ヒロアカ293話の感想と考察

熱い展開ですね。

マキアが麻酔で眠れば形勢は再び逆転。

死柄木もボロボロだし、コンプレスとスピナーなら抑えられるはず。トガちゃんもどこかにいるはずだけど。

残るは荼毘。こいつを誰かがどうにかすればヒーロー側の勝利で終わりそうだが。

今回もベストジーニストの復活の理由については判明しなかった。やっぱりエリちゃんか?

それとも死体がそもそも替え玉だったのか?モヤモヤしますね。

そして爆豪のヒーロー名。ダサい。ダイナマイトだけの方が良かったと思うが。

次回も楽しみ。

スポンサーリンク