ヒロアカ286話ネタバレ考察!精神世界でまさかの先々代・志村菜奈が登場!

前回はデクがこのままでは不利と思った爆豪が作戦を立ててエンデヴァーを使ってプロミネンスバーンで死柄木を黒焦げにしました。

しかし死柄木はオール・フォー・ワンに身体を乗っ取られ、デクへ触手を伸ばし、それをかばって爆豪が貫かれます。

さあ286話ではどうなるのでしょうか?ということで、さっそく紹介します!

ネタバレ注意!
このページでは286話のネタバレ要素を含みます!
スポンサーリンク

ヒロアカ286話のネタバレ確定速報!

前話までのおさらい
関連記事

前回はデクが浮遊の訓練をする様子や、爆豪がオールマイトに継承者四代目について問いただしたり、爆豪がデクをイジメた理由を吐露していました。そしてデクは腕が壊れる覚悟で100%のパンチを放ちました。さあ285話ではどうなるのでし[…]

ヒロアカ286話ネタバレ「激昂するデクに対し・・・」

デクに身代わりで貫かれた爆豪が

「ひとりで・・・勝とうと・・・してんじゃねぇ!」

そのまま落下する爆豪を受け止めるデク。

そして様子のおかしい死柄木。

最初は「やめろ・・・」と言ってガタガタ動いてましたたが、次の瞬間には

「今日の戦いで無駄な血が多く流れたが、今のがもっとも無駄だった」

そう言って再び触手を伸ばします。

もうオール・フォー・ワンに乗っ取られてますね。個性の力なんでしょうか?

身体を乗っ取る個性なんてあるのかわかりませんが、間違いありませんね。

そして無駄な血と言われて、ブチ切れたデク。

これまでにないくらい目が大きく見開いてます。黒鞭を身体にまとわりつかせながら、触手をちぎって、死柄木(今はオール・フォー・ワン)に接近します。

「取り消せ!」

そう叫ぶデクに対し、死柄木は・・・

顔面がパキャと縦に割れて、中からオール・フォー・ワンの顔が覗いています。

これは死柄木はこのまま存在ごと死んでしまうのか?

スポンサーリンク

ヒロアカ286話ネタバレ「その頃、ギガントマキアは・・・」

ギガントマキアが死柄木の元へ向かうため最短距離で突っ切っていて、被害が広がってます。

大阪府の砂色市を通過中のギガントマキアが、何かに気づきます。

「主の匂いが2つ・・・??」

ほう・・・こんな遠くで分かるのか、すごいな。今の主と、かつての主の2種類ということかな。

そしてヒーロー側は、というと、蛇腔市校外ではヒーローたちが住民の避難誘導をしています。

ギガントマキアが接近しつつあることを死柄木側にいるヒーローに伝えようとしています。

お茶子は事態が良くならないことに不安を感じてます。

お茶子が出てくるのもなんか久しぶりのような気がしますね。

こころなしか、コスチュム越しに見る胸の膨らみが成長しつつあるように見えます。推定Dカップはありそうです。

ヒロアカ286話ネタバレ「オール・フォー・ワンがデクに接触」

さきほど接近したデクはとうとうオール・フォー・ワンに触れられます。

轟が思わず叫びます。そしてオール・フォー・ワンは

「やっと触れた。もらうよワン・フォー・オール・・・」

その瞬間、夢の中で何度もみた、ワン・フォー・オールの継承者がいる世界に意識が移ります。

デクは

「ここは・・・」

と、あの世界であることに気づきます。

そして正面からは死柄木が近づいてきます。

しかし死柄木の身体からオール・フォー・ワンが出てきています。

「出て・・くるなっ!」

「そうは言っても、僕が力を貸さなきゃ死んでたよ」

つまり、オール・フォー・ワンが力を貸したからプロミネンスバーンで炭にならずに済んだし、生きていたとしても落下死したところを救われたらしいです。

死柄木は

「黙ってろって!言ったろ先生!これは俺の意思だ。俺の夢だ!」

思わず前で出ようとしたデクですが、動けず転びます。そこへ

「君はまだこの世界で動けない」

手だけ出てきて、ページをめくると見開きでなんと!

「私達がなんとかする」

そう、デクの頭を抑えるように先々代・志村菜奈が登場しました。

久々に登場ですね。

そして・・・うん、胸が大きいですね。さきほどのお茶子どころじゃないです。

GからHカップはありそうな。

ヒロアカ286話の感想と考察

さて、継承者がいる世界で先々代を含む継承者たちvsオール・フォー・ワンの戦いが始まるような気配。

となると、今まで謎だった継承者のことも分かるでしょうね。

次回は、新情報がてんこ盛りになりそうな予感。ワクワクしますね。

そして「君はまだ動けない」というセリフも意味深です。

生きているから動けないのかな?それとも何か条件があるのか?

継承者が動けるなら生きているオールマイトだってこの世界で動けるわけですから。

死んでるのが条件のような気がします。

そしてやっぱり先々代は色っぽい。ナイス熟女ですね。

スポンサーリンク