友達ってどこからが友達なのか、正式な決まりはあるのか?

自分は友達は少ない。
友達がいない。


そんな事をSNS等で発信する若い人が増えてきている気がします。

友達が少ない事を自慢している?
自分は友達だと思っていても、相手は友達だと思っていないかもしれないから遠慮している?
ネット上では仲がいいけど、会ったことはないから友達とは言えない?

昔と比べて、人とのかかわり方が複雑になってきた現代。
あなたには、友達と言える人はいますか?

はたして友達ってどこからが友達なのでしょうか。正式な決まりはあるのでしょうか。

友達の定義って?

友達とは一体どういう定義なのでしょうか。
goo辞書には以下のように載っています。

互いに心を許し合って、対等に交わっている人。一緒に遊んだりしゃべったりする親しい人。

goo辞書より引用

「互いに心を許し合う」や「親しい人」などという表現がされているので、具体的にどうなれば友達という線引きは難しいようです。

スポンサーリンク

あなたが友達だと思っていればそれは友達

「自分は友達だと思っているけど、相手はどう思っているかわからない」
なんてネガティブに考える人がいますが、相手がどう思ってようが、あなたが友達だと思っていれば友達です。
想いは伝わるものです。あなたが友達だと思って接していればその感情や態度で相手に伝わり、お互いに友達だと思える関係に自然となるでしょう。
逆に相手に気を使いすぎて、連絡をとりたいのに取らなかったりしていると、どんどん疎遠になってしまい友達とは言えない関係性になってしまうかもしれません。
あなたが友達だと思えば、それは友達なのです。相手も同じ思いでしょう。
気兼ねなく連絡を取ってみましょう。

自分のために時間を「作ってくれる」

本当の友達というのは、暇な空き時間をあなたのために使ってくれる人ではありません。
あなたのために時間を「作ってくれる人」が友達といえるでしょう。

どんなに忙しくても、あなたのために時間を作ってくれるような人です。
特に相談事など大事な用事の時に、自分の時間を割いてくれるような人は友達といえるでしょう。

スポンサーリンク

本当の自分でいられる

「こういうこと言うと嫌われるかも。」「こういうことしないと嫌われるかも。」
そんな「嫌われるかも」は友達同士では発生しません。

そのままの自分でいられる関係こそが友達といえるでしょう。

親しき中にも礼儀ありという言葉があるように、失礼なことまでしていいというわけではありませんが、嘘をついてまで友達関係を続ける必要はありません、本当の自分を出せる間柄こそ友達なのです。

友達を作るには?

友達を作る方法はみんな知っていますが、なかなかできない人も多いようです。

友達を作る方法。それは話しかけることです。
すべてはコミュニケーションをとることから始まります。

友達になるというのは、お互いの事を好きになるということです。
そして、人は好意を向けてくれた人のことを好きになる傾向にあります。
自分から話かけることで、相手は自分に興味があると認識して、自分のことを好きになってくれます。

日本人は、自分から話しかけるのは苦手で、ついつい話しかけられるのを待ってしまうものですが、自分から話しかける勇気さえもてれば友達はすぐに作れてしまうものです。

まとめ

友達という言葉は非常にあいまいなものです。
自分は友達だと思っているけど、相手がそう思っていないなら友達じゃないかもしれない。

そう思う方は多いかもしれません。
しかし、思いは伝わります。あなたが友達だと思っているのであれば、友達だと思って接することで相手も同じ感情をもってくれるでしょう。

「友達である」「友達じゃない」など難しいことは考えずに、本当の自分でいられる関係性をもっている人を大事にしていきましょう。

スポンサーリンク