足の裏の年齢や身長などのプロフィールやおすすめのコスメ・メイクは?

「足の裏」って何のこと?足の裏さんの魅力とメイク術を知ろう!

美容系ユーチューバーの「足の裏」って方、ご存知ですか?

「足の裏から人間になるには」というチャンネルで、動画を配信しています。

「足の裏」って何?って思いますよね。

そこで「足の裏」という名前を付けているユーチューバーさんのことについて調べてみましょう。

そして配信しているメイク動画も一つ紹介します。

スポンサーリンク

「足の裏」さんのプロフィール

  • 名前:長谷川ひろみ(旧姓 斉藤)
  • 生年月日:1992年3月10日(30歳)
  • 出身地:横浜
  • 血液型:A型
  • 身長:162cm
  • 体重:47㎏~51㎏  妊娠時以外でMAX体重は55㎏
  • 好き食べ物:とんかつなどの揚げ物 和菓子
  • 趣味:ディズニーランドに行くこと・食品サンプルを集めること
  • メイクを始めた時期:高校1年の終わりごろ。
    友達にチークをつけてもらい褒められてから興味を持つようになった
  • 現在の家族構成:夫・長女(3歳)・長男(2021年9月12日生まれ)
  • 夫との馴れ初め:小学校の同級生で、お互いに転校して離れたが、18歳の時に近くに住んでいると知って夫の方から連絡がきたことがきっかけ
  • 出会いから結婚まで:出会いから1年半後に同棲し、25歳の時に結婚
  • 職業:現在はユーチューバー
    前職はブライダルの仕事(プランナー兼ドレスコーディネーター)
  • ユーチューバーになった理由:旦那さんからのすすめ
  • YouTubeちゃんねる登録者数:「足の裏から人間になるまで」35.5万人
    「あつの裏」14.4万人
  • ツイッターのフォロワー数:(@saito163)36万人
    (@asiura310)5.4万人
  • インスタグラムのフォロワー数:(@asiura163)5.2万人

これらの情報は下記の動画やサイトを参考にしています。

(サイト)
https://production.bitstar.tokyo/creators/ashinoura

(YouTubeちゃんねる)

「足の裏」さんの魅力

「足の裏から人間になるには」という何とも変な名前のチャンネルを持っている「足の裏」さん。

「足の裏」というのは、会社に行っていた頃にすっぴんを見た上司に言われたということですが、今は「足の裏のようなフェイス」が自分のチャームポイントだと話しています。

その動画はこちらです。

「足の裏」さんは、どんなことでもポジティブに考える女性のようです。

YouTubeで時々、質問や相談のコーナーをしているのですが、ネガティブな相談にも、さらっと前向きな回答をしています。

大切な人生の中で、ネガティブなことを考えたり嫌な思い出にばかりこだわったりしていると、その時間がもったいないし、思ったことは行動をしてみることが大切だと、とても優しくわかりやすく答えてくれています。

この様子は下記の動画で見ることができます。

スポンサーリンク

メイク動画「【毎日メイク】浮腫んでる三十路が寝起きで支度します【GRWM】」を解説

動画の中でスキンケアに使われる商品

1. ドクターシーラボのVC100エッセンスローションEX (4,394円)

2. ナンバースインの6番爆睡マスクパックセラム(3,300円)

3. 肌ラボの白潤プレミアム薬用美白クリーム(1,518円)

動画の中でメイクに使われるコスメを紹介

1. マキアージュのドラマティックスキンセンサーベースEX(2,860円)

テカりとかさつきを防いで、透明感のある肌が続くための崩れ防止の下地です。
Tゾーンなどテカるところに使います。

2. ポール&ジョーのモイスチャーライジングファンデーションプライマー01(3,850円)

うるおい美容液プライマーです。贅沢なうるおい感があり、ナチュラルなツヤ肌を作ります。
1で塗ったところ以外に塗ります。

3. マキアージュのドラマティックエッセンスリキッドベビーピンク(3,520円)

口コミの良いファンデーションです。さらっとしているのにカバー力があり、肌への密着度が高いことが良い点です。
どんどん肌に密着していくので、伸ばし方が難しいという点はありますが、肌と一体化するような感じがして良いです。

4. LUNAのロングラスティングチップコンシーラー#07アイボリー(1,790円)

とてもカバー力が高いコンシーラーです。目の下のクマや小鼻の赤み、浮き出ている血管にも対応します。

5. キャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダーAbloom01(1,034円)

4まででべとべとしているわけではないですが、マスクをするので鼻を中心にパウダーを使います。

6. リリミュウのシアーマットシェーディング01(1,760円)

3色のシェーディングパウダーです。
きめ細かい粒子がしっかりと肌に密着し手よれにくく、自然な立体感で顔を引き締めてくれます。
顔周りは大きなブラシを使ってつけると、程よいグラデーションができて、シェーディングをしていることがわからないほどになるので気に入っているそうです。

7. ちふれのアイブロウパウダーPK10(770円)(ロージーローザのブラシを使用)

ロージーローザのブラシは太さがしっかりとあり、一気に描くことができるので時短にもなり描きやすいとおすすめです。

ちふれのアイブロウパウダーは3色のパレットです。ブラウンをベースにピンくとグリーンの2つのタイプがあります。
密着性が高く、きれいな仕上がりが続きます。

8. デジャブのパウダーペンシルアイブロウステイナチュラEグレイッシュブラウン(990円)

さっと描いてぼかすだけで、立体感のある眉が作れて崩れません。

9. デジャブのアイブロウカラーピンクブラウン/アッシュブラウン

1本1本固めずに自然な感じの眉で、きれいに発色する眉カラーです。
極細ブラシなので塗りやすく、肌に液が付かず眉毛を根元から立ち上げることができます。

10. エチュードのフィクシングティント メロウピーチ(1,485円)

オレンジっぽいカラーのリップティントです。

11. ミシャのコットンミックスチーク02(1,320円)

細かい粒子のしっとりした、ぐらでぃ―ションカラーのパウダーチークです。
滑らかにカラーがブレンドします。

12. エチュードのキスチョコレートプレイカラーアイズアイシャドウダーク(1,650円)

使うたびにチョコの甘い香りが漂います。
ムラなくまぶたに密着し、しっとりと濃厚に高発色で色づきます。

13. 再度4で使ったLUNAのコンシーラー

14. Dasiqueのシャドウパレット#05サンセットミューリー

涙袋を作るために使います。
まぶたに密着しやすい、フラットマットのアイシャドウです。
派手すぎない細かいラメがピタッとフィットします。

15. cipicipiのグリッターイルミネーションライナー05

グリッターをつけることによって下まぶたに立体感が出ます。

16. セザンヌの描くふたえアイライナー20影用グレージュ(660円)

涙袋の下部にラインを描いて影を作ります。

17. 再度13のシャドウパレット

18. アイプチの一重と奥二重用カーラー(ビューラー)

19. キャンメイクのクイックラッシュカーラークリア(748円)

ビューラーでまつげを上げた後、カールを維持するために使います。

20. デジャブのラッシュアップマスカラEブラック(1,320円)

自まつげをよりくっきりと際立たせ、「塗るつけまつげ」といわれるマスカラです。

21. D-UPのアイラッシュリッチ811

つけまつげです。
ティーアップのアイラッシュフィクサー(990円)という接着剤を使って、つけまつげをつけます。

22. ダイソーの絆創膏で二重を作ります。

23. Kパレットの1DAY TATOO プロキャストザアイライナー05モーヴブラウン

一筆書きできれいに発色します。落ちにくいのに、お湯でオフができます。

24. 再度12のキスチョコレートのアイシャドウ

25. 再度13のシャドウパレット

26. セザンヌのパールグロウハイライト04(660円)

良く輝くパールがたくさん配合されていて、内側から発光したようなツヤ感を演出してくれます。

メイクの手順

ではメイクの仕方を動画の順に解説します。

スキンケアの使い方については、下記の動画を参考にしてください。

《メイクから》

スキンケア終了後、3分から5分くらい待ち、ティッシュで脂分をオフしてからメイクに入ります。

  1. マキアージュの下地は、5月から9月くらいの暑い時期に崩れることが心配な時に使用します。テカりやすいTゾーンに塗ります。容器を良く振ってから手の甲に出し、そこから指でとって鼻周りや鼻の下、顎周りなどに塗ります。
  2. 1で塗ったところ以外の乾燥が気になり、艶を出したいところに塗っていきます。
    下地を適量頬などにのせて指でのばし、スポンジで押さえると、持ちがよくなります。
  3. マキアージュのリキッドファンデーションを手の甲に取り、肌にのせて指で伸ばしていきます。密着が良いので伸ばしにくいのですが、指でくるくる回すようにつけると良いそうです。
  4. クマやシミ・赤みなど気になるところにコンシーラを置いて、指でトントンとのばしたあとスポンジでトントンと押さえます。
  5. パウダーをブラシでくるくるととって、鼻の周りやマスクをする範囲を中心につけます。それ以外のところはササっとつけます。
  6. シェーディングは大きなブラシに取って、顔周りから内側に向けてつけて行きます。
    するとグラデーションができて、自然な立体感になります。

    小さなブラシに替えて、目頭の横から鼻の下に向かって影を入れます。(眉頭の方から入れると、余計に面長に見えるからだそうです。)
    あと、鼻の下にも塗ります。
  7. ロージーローザの眉用ブラシにアイブロウを取って、ブラシを横に向けて一気に塗っていきます。

    左右の高さが違う場合は、高い方が下を足し、低い方は上を足すようにします。
    下のラインをまっすぐにするのがおすすめです。
    まず太い方のブラシで、大まかなラインを作れたら、細い筆に替えて濃いめの色で足りない部分にカラーを足してきます。(肘を固定してコンパスのように描くと良いです。

    眉頭は濃くしない方がきれいなので、さっと書いてスクリューブラシで整えましょう。
  8. デジャブのアイブロウで、7の上に描いて色を付けます。
  9. もう一つのアイブロウで色を重ねます。眉頭の方は毛を上の方に向けて塗り、中央から眉尻は毛の流れに沿って描いていきます。
  10. リップを唇に塗ります。
  11. チークをブラシにつけて、頬をはじめ鼻や口元にもブラシを入れます。
  12. 左のオレンジっぽいアイシャドウをブラシにつけて、目尻から下まぶたの中央より少し目頭寄りの所まで塗ります。
  13. LUNAのコンシーラーを下まぶたの中央につけて、小指で左右に伸ばします。
  14. パレットの中央段右の色をブラシに取って、涙袋の所に塗っていきます。
  15. グリッターを下まぶたの際の所に点々と塗り、立体感を出します。
  16. 涙袋の下のラインを描いて影を出します。目頭側を細くして、目尻側に向かって少し太めにします
  17. アイシャドウパレットの右下の色を取って、目尻から目頭の方に向かって、まぶたの際にラインを入れます。
  18. ビューラーで上まつ毛を上げます。
  19. クリアなマスカラをまつ毛に塗って、カールをキープします。
  20. 下まつ毛にデジャブのマスカラをつけておきます。
  21. つけまつげをつけます。
    上げた上まつ毛のすぐ上に着地したら中央→目尻→目頭側を最後につけるときれいにつきます。
  22. まぶたをティッシュなどできれいにふいてから、ダイソーの絆創膏を二重のラインにつけます。
  23. アイライナーで目尻からラインを入れます。
    下まつ毛の間に点々とアイライナーでブラックを入れます。
  24. 二重にした後、キスのアイシャドウのオレンジカラーをブラシで上まぶた全体お目尻から下まぶたにかけても入れていきます。
  25. パレットの上段中央の色を取り、オレンジカラーの上に塗ります。
  26. ハイライトを鼻筋と鼻先、目頭の下、唇の上と顎などに指で入れます。
    頬の方は大きなブラシを使ってつけて行きます。

これでメイクは完成です。

このメイクは下記の動画で視聴できます。

まとめ

足の裏さんは、とても優しい口調でしっかり説明をしてくれるので、わかりやすいですね。

それにつけまつげや二重の仕方も教えてくれるので、二重にしたい方やつけまつげの付け方がわからない方も動画を見て真似をすることができます。

このような動画を配信して、視聴者さんの意見や要望もよく聞いてくれるので、足の裏さんは多くの方から親近感を抱かれ、ファン歴の長い人もたくさんいるのでしょう。

スポンサーリンク