ライオンの赤ちゃんの過酷さたるや・・・

動物

百獣の王として知られるライオンですが、生まれてから成獣するまでの生存率はとても低く、赤ちゃんとして生まれ1年以内の死亡率が60%、2年以内の死亡率は80%にものぼってしまいます。

オスは4~6年、メスは3年で成獣するが成獣する確立はとても低い。

スポンサーリンク

ライオンの赤ちゃんの死亡率が高い理由その1

ライオンはネコ化の中では珍しくプライドという群れを形成し生活する動物で、プライドは押す1頭~6頭、メス4頭~15頭、プラス赤ちゃんという数で形成されている。

ライオンの赤ちゃんにとって一番の脅威はプライド外のオスです。
縄張り争いで自分のプライドのオスが負けた場合、勝ったオスがそのプライドの新たな主となるのだがこの時、前からいるライオンの赤ちゃんは全て殺されてしまう。

これは、メスライオンを発情させる為だといいう。(メスライオンは赤ちゃんが成獣して旅立つか、死ぬまで発情しない)プライドのオスライオンが負けた場合、赤ちゃんライオンを守るため群れのメスライオンで抵抗する場合もあるが、成功する確率は極めて低い。

ライオンの赤ちゃんの死亡率が高い理由その2

ライオンのプライドでの育児は複数のメスライオンで共同で行われる。

受胎したメスライオンはプライドから少し離れた巣穴で赤ちゃんを産み、幼い頃は何度も巣穴を変えながら赤ちゃんライオンを育てる。
しかし、育児の面でも赤ちゃんライオンはよく死にいたる。

まずはプライド内で先に生まれた赤ちゃんライオンと後に生まれた赤ちゃんライオンがいた場合、後で生まれた赤ちゃんライオンは育児放棄されやすい。
また、獲物がとれた場合の優先順位はオスライオン、メスライオン、赤ちゃんライオンとなっており、食事にありつけない場合もある。

食事に関してはメスライオンより、オスライオンの方が分け与える可能性が高いといいます。

ライオンの赤ちゃんの死亡率が高い理由その3

赤ちゃんライオンは生後1週間程度目が見えずほぼ無力だといいます。

上記したプライド外のオスライオンの脅威、育児での脅威が赤ちゃんライオンにはありますが、その他にも外敵の脅威があります。
成獣すれば天敵はほぼおらず百獣の王となるのだが、赤ちゃんライオンはそうはいきません。
ハイエナ、鷲、蛇、水牛など様々な動物に狙われてしまいます。

おまけ ライオンの赤ちゃん癒し動画

Lion Baby 03
池に落ちるライオンの赤ちゃん。Baby Lion fell in the pond.
Baby Lion & Tiger playing

いかがでしたでしょうか、成獣すると天敵はいなくなり百獣の王として君臨する事が出来るライオンですが、赤ちゃんライオンの過酷な運命たるや受験戦争どころではありません。

過酷な環境で育たなければいけないライオンの赤ちゃん、だからこそどの動物よりも強い存在になったのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました