なんでや!阪神関係ないやろ!33-4の意味は?知らないと恥ずかしい言葉?

雑学

ネットで334という数字に対して「なんでや阪神関係ないやろ!」というやり取りを見かけたことはないでしょうか。

あれは一体どういう意味なのでしょうか。

実はこれ、野球ファンなら誰でも知っているある出来事が元ネタとなっているのです。

今回は「33-4」と「なんでや阪神関係ないやろ!」の意味と関係性を紹介します。

スポンサーリンク

33-4の意味とは?

「33-4」は野球のスコア「33対4」を指しています。

これは2005年に行われたプロ野球日本シリーズの総得点数になります。

日本シリーズは7戦4勝制で、先に4勝したチームが日本一になるという形式です。

2005年の日本シリーズは千葉ロッテマリーンズvs阪神タイガースとなりました。
阪神はこの日本シリーズで優勝すると20年ぶりの日本一となる状況で、さらに2005年の阪神は非常に強い選手が多く世間も阪神の優勝だろうと信じている人が大半でした。

しかし、日本シリーズの結果は、
第1回戦は「10-1」でロッテ勝利
第2回戦は「10-0」でロッテ勝利

と、この時点でかなりの差で負けている阪神。
しかし、次戦からはホームである甲子園での試合です。

「負ける気せーへん、地元やし」
という阪神ファンの期待を背負って試合に挑みますが、

第3回戦は「10-1」でロッテ勝利
第4回戦は「3-2」ロッテ勝利

とまさかの総得点数「33-4」の大敗を喫してしまいます。
あまりにも豪快な負けっぷりに「33-4」は野球史上に残る伝説となりました。

なんでや!阪神関係ないやろ!

そして月日は流れる事5年。
2010年の日本シリーズは中日vsロッテという形になり、再びロッテが登場しました。

その時のテレビ中継で2005年の日本シリーズを振り返る映像が何度も何度も放送され、某掲示板などで33-4関連のスレッドが乱立したり阪神ファンを小バカにするような33-4ネタが大ブームとなりました。

そんな風に面白がって何度もトラウマを思い出させられる阪神ファンはたまったものではありません。
その時に出た悲痛な叫びが

「なんでや!阪神関係ないやろ!」

となり、これ以降、ネット上では「33-4」と書き込まれると「なんでや!阪神関係ないやろ!」と返すのがテンプレになりました。

今でも334と聞くと必ず言われるセリフ

さらに、ネット上では現在でも「33-4」「334」を連想させる数字に対しては「なんでや!阪神関係ないやろ!」と返すのがお約束となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました