柴原瑛菜のコーチは兄と父親!日本語がたどたどしくてかわいい画像も

プロテニスプレイヤーの柴原瑛菜さんが、テニス全仏オープンの混合ダブルスで優勝して話題になっていますね!

おめでとうございます!!!

日本選手として25年ぶりの優勝と言う快挙を成し遂げました!

柴原瑛菜さんにインスタのDMでダブルスを組みたいとメッセージが送られてきたことも話題になっていますね♪

柴原瑛菜さんについて調べてみると、テニスの実力もさることながら、その人柄がとってもチャーミングで、試合で見せるキリっとした姿とは違った魅力があふれる女性でした。

家族でカリフォルニアに住んでいてお兄さんもテニスプレイヤーで、父親と共に柴原瑛菜さんのコーチをされています。

そこで、ここでは『柴原瑛菜のコーチは兄と父親!日本語がたどたどしくてかわいい画像も』として、以下の事をお伝えしていきますね♪

  • 柴原瑛菜のコーチは実兄の柴原瑞樹コーチと柴原鷲平コーチ
  • 柴原瑛菜は家で家族とは日本語で話す
  • 柴原瑛菜のかわいい画像
  • 柴原瑛菜の身長などプロフィール

柴原瑛菜のコーチは実兄の鷲平コーチと瑞樹コーチ&父親!

柴原瑛菜さんのコーチは父親の義康さんと、お兄さんの瑞樹さんと鷲平さんです。

柴原瑛菜さんは3人兄妹で2人のお兄さんがいて、長男の瑞樹さんと次男の鷲平さんです。


お兄さんの卒業の時の写真が、とってもみんな素敵な笑顔ですよね!

テニスをしているときの柴原鷲平コーチとの画像も見てみましょう。

一番上のお兄さんである柴原瑞樹コーチは、『サーブ特化型コーチ』として、国内外で活躍されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

柴原瑞樹(@servecoachmiz)がシェアした投稿

プロや大学のトップ選手のコーチや、各地で開催されるレッスンなど、とても多忙な生活のなか、柴原瑛菜さんのコーチも家族一丸となってサポートされています。

 

家族から大きなサポートを受けている柴原瑛菜さんも、家族への感謝をYouTubeで話されています。

柴原瑛菜さんのお話ししている動画は、後述でご紹介しますね♪

スポンサーリンク

柴原瑛菜は家では日本語で話す

柴原瑛菜さんが日本語で遠征先の食事や母親の手料理について話している動画をご紹介しますね。

柴原瑛菜さんのほんわかした雰囲気やかわいい笑顔が、めちゃめちゃ素敵です!

カリフォルニアで生まれ育ち日常は英語で生活しているので、日本語でのインタビューが時々英語交じりでお話されていますが、とても流暢に日本語も離されます。

学校や外では英語で話すけど、家で家族とは日本語で話すんだそうです。

遠征に行くと、日本語は話さないので、家に戻ると少し変な日本語になったりするみたいですよ。

お顔もとてもかわいい柴原瑛菜さんですが、性格もとってもかわいらしくて素敵な方なんだろうなと、この動画を見て大好きになりました♡

柴原瑛菜プロフィール

柴原瑛菜さんのプロフィールをご紹介します。

名前:柴原瑛菜(しばはらえな)

生年月日:1998年2月12日

年齢:24歳

出身地:アメリカ ロサンゼルス

出身中学:リッジクレスト中学

出身高校:パロスバルデスハイスクール

大学:カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校 (UCLA)

身長:170cm(175cm説も・・)

体重:65kg

利き手:右手

目標:グランドスラム優勝

柴原瑛菜さんは7歳の時に父親と兄の影響でテニスを始めました。

8歳の時にはアメリカテニス協会のジュニア強化指定選手に選ばれます。

カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校 (UCLA)に奨学生として入学。

2018年末にプロに転向しました。

2019年7月に2020年東京オリンピック出場を目指すために、アメリカ出身で2重国籍だったのですが、国籍選択の際に日本国籍を選びました。

幼い頃から10年以上アメリカのサポートを受けてきた柴原瑛菜さんなので、日本国籍を選ぶという選択肢は大変な道のりがあったのではないでしょうか。

両親の故郷であり、祖父母が暮らす日本で・・という想いが段々と強くなったのでしょうね。

かわいい印象ですが、ものすごく強い意志を感じます。

これからの活躍がますます楽しみになりました!

 

最後に柴原瑛菜さんの公式サイトをご紹介しておきますね。

スポンサーリンク

まとめ

ここでは『柴原瑛菜のコーチは兄と父親!日本語がたどたどしくてかわいい画像も』として、柴原瑛菜さんのコーチであるお兄さんや、柴原瑛菜さんの日本語について調べてまとめました。

調べてみると、柴原瑛菜さんのかわいいお人柄にもすっかりファンになってしまいました♪

今後の活躍を楽しみにしたいと思います。

そして、テレビでも柴原瑛菜さんを見たいなー♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク