リスケとは?何の略?した後に気を付けることなどは?

雑学
あいどん君
あいどん君

先生、今日打ち合わせが2件、時間が被っちゃってます。

あいのー先生
あいのー先生

本当だね、じゃあどっちかリスケしようか。

あいどん君
あいどん君

り、りすけ?

ビジネスの世界では「エビデンス」「コンセンサス」「プライオリティ」など色々な横文字が使われていますが、さらに略語となると、初めて聞いた時は何のことを言っているのかわからないと思います。

そんなビジネス横文字の中でもよく使われるのが「リスケ」

今回は、リスケとは何なのか?使うときに気を付けることは?を紹介します。

ちなみに先ほどでてきたビジネス横文字の意味は
エビデンス:証拠
コンセンサス:同意、合意
プライオリティ:優先順位

となります。

スポンサーリンク

リスケとは?

リスケは「リスケジュール(reschedule)」の略です。
ビジネスのシーンでは「スケジュール(予定)を組みなおす」といった意味で使われます。

また、金融機関への返済において、会社の資金繰りが厳しくなったときに、一定期間の返済を軽減する「契約の変更」を行う際にもリスケという言葉が使われます。

このように、ビジネスで使う場合と金融業界で使う場合では、少し意味合いが違ってきます。

リスケの使い方

ビジネスの場合

ビジネス用語として使う場合は、スケジュールを組み直す、という意味で使うので、急な予定変更が入ったときに使います。

急なキャンセルや仕様変更などが入り、スケジュール調整が必要になったときに「リスケをお願いします」などと使います。

■使用例
・「(上司に)納期について、先方にリスケの相談したいのですが」
・「(部下に)会議の時間が変更になったから、リスケしておいてください」

金融機関の場合

金融機関が絡むときに使うリスケは、「返済計画の見直し」という意味で使います。
資金繰りが厳しくなり返済が苦しくなったときに、金融機関に返済金額や期間について相談や交渉をする時に使います。

使用例
・「銀行にリスケの相談をすることにした」

使う場合の注意点

ビジネスで使う場合の注意点

リスケは略語なので、同僚や部下に対して使う分には問題ありませんが、上司や取引先の人に対して使うのは失礼な奴と思われる場合もありますので軽々しく使わないようにしましょう。

また、基本的には、予定を遅らせるケースで使われるのが一般的です。
ネガティブな意味合いや、どこかに迷惑をかけることもあるので、そういった意味でも社外では使わず、身内だけに使うようにした方がよいでしょう。

身内に使う場合でも、相手に迷惑をかける場面や無理にお願いするケースで「リスケ」という表現を使うと、申し訳ないという気持ちが全く伝わりません。申し訳ないという気持ちがある場合はきちんと「スケジュール調整をお願いいたします」と相手に伝えるようにしましょう。

金融機関で使う場合の注意点

リスケは返済計画の変更(返済を遅らせる)する時に使います。

一旦約定通りの返済をストップし、金融機関へのリスケを求めてしまうと、リスケが終わるまでは新たな借入れができなくなってしまいます。

また、一旦リスケをしてしまうと、リスケの対象となっていない他の金融機関に対しても同様に、新たな借り入れはできなくなる可能性が高いです。
普通に考えれば、リスケは信用を失う行為なので、リスケした返済計画はきちんとこなせるような計画にしましょう。

まとめ

「リスケ」はビジネスシーンではよく発生するので、意味を理解するとつい使ってしまいがちです。
しかし「リスケ」は「リスケジュール」を略した言葉のため、同僚や部下、または本当に親しい取引先のみで使うようにしましょう。

基本的にはスケジュールを遅らせる時に使うことが多いので、略して言わずに「スケジュールの見直しをお願いできませんでしょうか?」「予定の変更をお願い致します」などの表現を使うよう心掛けたほうがよいでしょう。

リスケとは?何の略?した後に気を付けることなどは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました