水越みさとの年齢や身長・本名などのプロフィールやおすすめのコスメは?

チャンネル登録者数57万人以上!水越みさとさんとメイクについて

美容系のYouTubeが好きな人なら、「水越みさと」さんをご存知ですよね。

コスメの紹介やメイクの仕方など美容関係だけでなく、時々プライベートな生活のことも動画にあげています。

YouTubeの登録者数はなんと57万人以上という、人気者ユーチューバーです。

そこで水越みさとさんのことと、数ある動画の中のひとつ「黒髪・暗髪さん必見」の動画の内容について紹介します。

スポンサーリンク

水越みさとさんのプロフィール

  • 名前:水越みさと
    本名ではありません。「水越」は結婚前の旧姓で、「みさと」にも漢字があるそうです。
  • 生年月日:1994年10月2日(28歳)
  • 血液型:O型
  • 身長:158cm、
  • 出身地:愛知県
  • 結婚:既婚
  • 経歴:短大を出た後、就職をして5年間OLをしていました。
    結婚をして引っ越しもしたため、仕事を辞めてユーチューバーになりました。
    その前から、インスタグラムでメイク動画を発信していました。
  • 現在の仕事:YouTubeで動画配信、インスタでコスメレビュー、美容関係のライター
  • 好きな食べ物:コロッケ
  • 好きな飲み物:カフェオレ
  • 座右の銘:失敗をしても死ぬわけではない
  • コンプレックス:左側の口角が上がりにくいこと
    毛穴が目立つこと・・週に1、2回酵素洗顔をしている
  • 好きなユーチューバー:てんちむ、Rちゃん、関根りささんなど美容系の方全般
    勉強も兼ねてよく見ているそうです。
  • 特技:指を反対側に曲げること
  • マイクを始めたのはいつ?:高校1年のころ、100均で購入して友達とし始めた。
  • メイクをするときのポイント:全体のバランスを考えること
  • (皆様に向けて)今後のためにやっておくこととやってはいけないこと:やっておくべきことは日焼け止めをしっかり塗ることで、やってはいけないことは毛穴など肌をいじくりまわすことです。

これらの情報に関しては、下記の動画で知ることができます。

その他の情報

他にもみさとさん自身について結婚のことなど、こんな質問コーナーもあります。

  • 今までやった美容医療:HIFU、サーマジェン、ボトックス、脱毛
  • 体形維持の方法:もともと太りにくい体質ですが、暴飲暴食はせず、もしした場合は翌日に調整する、甘いものもあまり食べない
  • コスメに使う月ごとの金額:10万円ほどと動画作りにために購入する代金10万円程度で計20万円弱くらい
  • 旦那さんとの馴れ初め:飲み会で知り合った絵、その後二人で野球観戦等に行くようになった
  • 旦那さんの好きなところ:とても優しいところ、やさしさが今でも感じられる
  • 子どものこと:今は全く考えていない
  • YouTubeで辛かったこと:初回のアイシャドウの動画でシステムエラーが出たこと。また商品の購入ができなかったことでクレームが来て、その後に謝罪のコメントもありましたが、そういわせてしまったことが申し訳なかった
  • YouTubeを続ける秘訣:もともと続けるのは得意ですが、応援してくれる方がいてくれるということが大きい。趣味ではなく仕事と捉えるから。
  • オリジナルで発売したもの:アイシャドウ、2弾目は未定

これらの質問についても、以下の動画で答えています。

自身でYouTubeの動画配信をするだけでなく、他のユーチューバーとコラボをしたり、イベントに呼んでもらったりすることも多いそうです。そのように知名度が上がってきたのも、視聴者の皆様のおかげだと語っています。

また、「コスメの良さを伝えたい」「自分が良いと思ったものを共有したい」「皆さんが『どう違うんだろう』と思ったことに応えたい」という「軸」はこれからも持って動画を配信したいとも話しています。

このように視聴者への感謝と、自分の「軸」をしっかり持っていることが、多くの登録者数を増やしている理由なのでしょう。

スポンサーリンク

水越みさとさんのSNSのフォロワー数

  • YouTubeのチェンネル登録者数:57.8万人、動画総数428本(2年前に開設)
  • インスタグラムのフォロワー数20.7万人(@mitan.m)
  • ツイッターのフォロワー数:3,3万人(@mthsp2)2014年3月~
  • TikTokのフォロワー数:49.3万人 (@mizukoshimisato)

「【黒髪・暗髪さん必見】プチプラコスメ&韓国コスメ縛りで儚げ透明感メイク♡」動画を解説

さていよいよ、水越みさとさんの動画の内容に入ります。

黒髪に合った普段っぽい感じを再現できるようなメイク方法をわかりやすく教えてもらいましょう。

メイクに使う化粧品を紹介

まずは、メイクに使うコスメとその詳細を順序に沿って紹介します。

1. 魔女工場のアワーヴィーガン・サンフルイド・グロー(税込2,800円)

トーンアップ効果がある日焼け止めです。SPF50+、PA++++で、化粧下地としても使えます。クリームの色はほんのりピンク色で、比較的さらっとしていて伸びも良いので、ムラなく塗ることができます。
補整力があるので、これだけでも肌がきれいに見えて外出ができるくらいです。毛穴もずいぶんきれいにしてくれます。
動物由来成分を使わず、製造過程で動物実験もしていない「ヴィーガンコスメ」製品です。
さらに、ナノ粒子不使用、紫外線吸収剤フリーなので、敏感肌の方など気を使っておられる方にはお勧めの商品です。

2. フ―ミ―のコントロールカラーベースN ブルー(税込1,980円)

黒髪に合うメイクなので、もっとトーンアップをするために使います。
目の下から頬にかけての三角ゾーンにだけ塗ることで、より立体的に魅せることができ、目の下のどんより感もカバーすることができます。

3. キスのコントロールカラーベース04(税込880円)

イエロー寄りのベージュ色のコンシーラです。鼻周辺の赤みを消すために使います。
キスのオレンジのコンシーラも使って、目元と口元のクマっぽい部分をきれいにします。

4. キャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダー(abloom)01 ディアレストブーケ(税込1,034円)

透明肌を目指すために使います。肌がさらにトーンアップし、ファンデーションが無くてもしっかりとカバーできます。

5. ロムアンドのベターザンアイズM02(税込1,556円)

cipicipiのコンシーラ

マジョリカマジョルカのシャドーカスタマイズBE330(税込550円)

髪が黒で主張が激しいのでアイシャドウは肌に近い色の方が良いと、みさとさんが考えて選んだアイシャドウです。
4色ある中で左上をベースに、右上を中間色に使って淡い色で調整します。

その代わり涙袋の部分をしっかりさせるために、cipicipiのコンシーラ使います。

そのあとマジョルカマジョリカのBE330でうっすらと色をつけ、さらにロムアンドのキラキラを少し使うことによって、上まぶたはマットな感じに、下まぶたはうるんだ感じに仕上がります。

6. ディーアップ・シルキーリキッドアイライナーWP シフォンブラウン(税込1,430円)

薄くて淡い感じのアイライナーです。目尻に少し足すことで陰っぽい感じになります。

7. ディジークのムードアップマスカラ ブラック(税込1,800円)

まつげをしっかり強調させることができるマスカラです。
上まぶたを淡くする代わりに、涙袋とまつげはしっかりと強調させることをコンセプトにしているとのことです。

8. ケイトのデザイニングアイブロウ3D EX-5 ブラウン系(税込1,210円)

赤味や黄味が強すぎない、ベーシックなブラウンです。発色もナチュラルなので色がのりすぎないのが良いということで、みさとさんが選んだものです。

9. ラブ・ライナーのシグネチャーフィットマスカラ〈アイブロウ〉カプチーノブラウン(税込1,320円)

程よく赤みが入っていて、どんなメイクにも合いやすいです。カプチーノブラウンはダークブラウンに近い色です。

10. キャンメイクのハイライターL01(税込605円)

粒子が細かく、肌に溶け込むような仕上がりになります。透けたようなツヤが、くすみやクマを消してくれます。

11. BBIAのウォーターベルベットティント02(税込1,300円)

ロムアンドのグラスティングウォーターグラス01(税込1,199円)

あまり赤いと強く出るのですが、少し華やかな感じも欲しいということでピンク系が選ばれました。マスクにもつきにくいです。
少しつやを足すために、ロムアンドのグロスも使います。

12. NAMINGのフラッフィーパウダーチークHALO(税込1,560円)

自然な血色感が出るチークで、肌にしっかりと密着する柔らかいパウダーが特徴です。愛らしい色から落ち着いた色まで全部で8色あります。

13. リリミュウのシアーマットシェーディング02(税込1,760円)

肌色の合った色味で、立体感を出してくれるシェーディングです。きめ細やかなパウダーで、肌にフィットします。

メイクの手順

それではメイクの仕方を順番に紹介していきます。

  1.  魔女工場の日焼け止めクリームを中指と薬指など2,3本の指にとって、頬やおでこに載せて伸ばし、小鼻やまぶたなど全体的に指の腹で優しく塗っていきます。顔が終わると首にも塗ります。

    伸ばしていくと白っぽい感じがなくなり、素肌っぽいながらも肌に透明感を出してくれます。
  2. コンシーラは、目の下から鼻の横に吸って三角エリアに伸ばすことで、よりトーンアップします。
  3. 小鼻のあたりなど赤みが気になるところにポンポンとつけて、指でなじませます。指をつかうと体温でより馴染みやすくなります。

    指に残ったコンシーラは、頬の方にもつけておくとファンデーションが無くても良いくらいです。
    クマが気になる目の下や口元には、オレンジ色のキスのコントロールカラーベースを専用スポンジで着けてから指でポンポンと伸ばします。
  4. 次にキャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダーを専用パフにつけて、顔全体にぽんぽんとつけます。
  5. アイシャドウはベースの色を上まぶた全体に伸ばして、次に中間色を上まぶたの下半分くらいにつけます。

    次に涙袋を然りとつけるために、cipicipiのコンシーラを下まぶたに塗って軽く伸ばます。そのうえにマジョリカマジョルカBE330をうっすらとのせていきます。

    最後にローランドのキラキラ部分を少しだけ下まぶたの目頭寄りにつけると、うるんだような涙袋が完成です。
  6. アイライナーを目尻から線を1cm弱横に描いて、目尻を足します。
  7. まつ毛にマスカラをつけます。少し強めが良いのでしっかりめに塗ります。
  8. 眉毛にアイブロウをつけて行きます。眉毛の外側半分(薄めのところ)をしっかり目に塗ってから全体にもつけて行きます。

    眉毛の存在感は、いつもより薄くなるイメージにするほうが良いです。ノウズシャドウも入れます。
  9. 次にカプチーノブラウンの眉マスカラを眉に沿ってつけます。
  10. ハイライトは鼻先に少しと眉の目頭側のところ、それに鼻根と鼻に沿った筋に入れます。(今回はマットにしたいので頬には入れません)
  11. 唇にリップを塗り、その上に真ん中あたりにグロスも塗ります。
  12. 頬全体に専用ブラシでチークをのせます。
  13. 最後にえらあたりから顎にかけて、シェーディングをつけて一体感を出して完成です。

こちらの内容は下記の動画で見ることができます。

まとめ

水越みさとさんは、高校1年生(14歳と言っている動画もあります)からずっとメイクに興味を持ち続けていて、日々いろいろなコスメを購入しては試して研究を重ね、オリジナルのアイシャドウも発売しています。

動画では、メイクの仕方をとても分かりやすく丁寧に説明されています。
それに視聴者さんへの感謝の気持ちを忘れていないので、多くの人に支持されているのですね。

私はこの動画を見て、黒髪の人は明るめの化粧がいいということが初めてわかりました。自分も黒髪なので参考にしたいと思います。

スポンサーリンク