サムネイルとは?サムネはYouTubeには最重要項目?

芸能・エンターテインメント

動画を作ってYouTubeに公開したはいいけど、再生数が伸びない。

そんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

YouTubeに動画を投稿して伸ばす方法は色々ありますが、
その中でも特に重要になってくるのが「サムネイル」です。

面白い動画を作ったとしても、見られなければ意味がありません。
誰かにクリックしてもらわらないと、動画を作った意味がなくなってしまいます。

まさか、サムネイルを作っていないなんてことはありませんよね?

今回は、YouTubeに重要なサムネイルについて紹介します。

スポンサーリンク

YouTube動画のサムネイル

サムネイルとは、主に画像を縮小イメージで表現した画像のことをいいます。
YouTubeでは、以下のようにサムネイルが表示されます。

YouTubeトップページのサムネイル(PC)
YouTubeの動画右側に表示されるサムネイル(PC)

サムネイルのメリットは、情報の探しやすさと一覧性です。
ユーザーが欲しい情報を速やかに探すことができます。

視聴者はサムネイルで見るか、見ないかを判断する

YouTubeで動画を見る際、動画のタイトルを見る視聴者はごく一部だそうです。
殆どの視聴者がサムネイルで見る、見ないを判断しています。
サムネイルがわかりやすく、斬新で、興味深い内容であるほど視聴者は動画をクリックしてくれます。

そのため、自動で生成されるサムネイルではなく、カスタムサムネイルを作成して設定するのが良いとされています。

注意
サムネイルの内容をキャッチーなものにしすぎて、実際の動画の内容とかけ離れている、いわゆる「釣り動画」にならないように注意してください。サムネイルと内容が明らかに違うと視聴者はすぐに離脱してしまいます。
YouTubeの検索アルゴリズムでは即離脱は嫌われる傾向にあるので、サムネイルと動画の内容は一致するようにしましょう。

クリックされるサムネイル

クリックされやすいサムネイルの作り方がわからない場合、以下の要素を取り入れてみてください。

文字数は少なくする

サムネイルは読むものではなく、見るものです。

パッと見て直観的に視聴者が理解できるように短いテキストで伝えるのがベストです。

スマホなどで見た場合、サムネイルはすごく小さいので文字が多いと何が書いてあるのか全くわからなくなります。
どうしても伝えたいないようを決めて10文字以内にするとよいでしょう。

文字のフォントを変える

同じフォント、同じ大きさの文字では、サムネイルが単調になってしまいます。
フォントを変えたり、重要なテキストはフォントを大きくしたりすることで強弱(メリハリ)をつけるとよいでしょう。

タイトルと同じ文字にしない

タイトルと同じ文章をサムネイルに入れるのは少々もったいないです。
よりキャッチーで見る人の気を引き付けるテキストを考えましょう。
動画のターゲット層に響くテキストにするとよいでしょう。

印象的なアイテムを1つ入れる

文字だけではクリックに繋がりにくいので、例えば商品レビューであれば1つ商品を出したり、語りがメインであれば語り手自身を出すなどです。
動画の内容がイメージできるアイテムが一つあるとよいでしょう。

サムネイルを自分で作るのが難しい場合

サムネイル制作の仕方がわからない!
サムネイル制作に費やす時間がない!


そんな時は、ココナラ等のクラウドソーシングでサムネイルの制作依頼をするのも手です。

大体3,000円前後で制作依頼することができます。(1,000円で作ってくれる人もいます)

まとめ

YouTubeに動画を投稿する際、一番大事なのは動画のクオリティであることは間違いありません。
ですが、そんな動画も見てもらわないと意味がないので、サムネイルも同じくらい重要であると言えます。
サムネイルに数時間かける人もいるくらい重要な部分なので、制作する自信がない場合はプロに依頼するのも動画を伸ばす近道かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました