淡くて優しい色鉛筆の塗り方サイトまとめ!

色鉛筆の塗り絵は子供の遊びだと思っている方は多いのではないでしょうか?実は色鉛筆は大人でも十二分に楽しめます、それどころか色鉛筆の塗り方が上手になると独特の淡くて優しいアートへと発展します。そこで今回は色鉛筆の塗り方や作品を紹介している様々なサイトやブログをまとめてご紹介します。

▼色鉛筆アートの世界(閉鎖)

色鉛筆で書いた絵のギャラリー、色鉛筆の塗り方のテクニック紹介されています。その内容は通常の塗り方だけでなく、グラデーションや色の作り方、トレース方法などなど事細かに紹介されていますので、大変参考になると思います。

大人の塗り絵クラブ

色鉛筆の特徴や塗り方、またその他様々な絵の道具の使い方などを紹介しているサイトです。また、毎年塗りえコンテストなども開催されていますので、上手く色鉛筆の塗り方を覚えたら参加してみましょう!

▼塗り絵倶楽部(閉鎖)

色鉛筆で書いた絵のギャラリーがあったり、塗り絵の塗り方のポイントなども紹介されています。

▼大阪市 塗り絵サークル(閉鎖)

色鉛筆の塗り方は紹介されていませんが、掲載されているギャラリーが面白いです。釈迦如来、薬師如来など様々な仏像をモチーフにしています。実際に書くとなると相当難しそう!

▼2chまとめサイトで色鉛筆塗り方講座
スレ

子供も大人も塗って楽しい、ぬり絵♪

そんなぬり絵に、欠かせないのが色鉛筆!!

カラフル綺麗な色鉛筆を眺めているだけで、ウキウキ気分がときめきます♡

色鉛筆の塗り方サイトを追記しました!!

ぬり絵 SNSの投稿

色鉛筆の風合いを活かした、高リアリティーな素晴らしいぬり絵アートが、SNSに数々投稿されてます!

ぜひ皆さんもご覧ください♪

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

chihomi(@chihomi5)がシェアした投稿

ペコちゃんでお馴染みのミルキーの袋!!をぬり絵したものです。

どう見たって写真ですが、袋からぬり絵です。

傑作ですよねー!!

袋の影やつるつる感、細かなシワも完璧なぬり絵です!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kyoko(@opera_kyoko3737)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kyoko(@opera_kyoko3737)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kyoko(@opera_kyoko3737)がシェアした投稿


同じ人が描いた3つのぬり絵は、どれも表情が生きてます。

猫ちゃんの毛並み、少女の髪の動きや肌質、シンプルな色使いのぬり絵まで、色鉛筆アートを楽しんでます!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

yuzu(@yuzu.6248)がシェアした投稿

まるで本物の豹です。

このクオリティーの高さは、趣味の域を越えてます!

次も動物繋がりで、虎さんと猫ちゃんです↓↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kokochikobo(@kokochikobo)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hitomi Tachibana(@tachihito1952)がシェアした投稿

姿、毛並み、表情と、色使いがまことに素晴らしい!!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kokochikobo(@kokochikobo)がシェアした投稿

超リアルなサクサククッキーに、思わず手が出そうです!

全ては、色鉛筆の成せる業!!

アーティスティックなぬり絵に、魅了されっぱなしな私です!

色鉛筆を意のままに動かし圧巻のタッチで描く、大人だからこそ描ける、ぬり絵作品です。

じっと眺めていると、絵から鼓動やエネルギーがびしびし伝わります♡

スポンサーリンク

色鉛筆の種類と塗り方動画

色鉛筆はボールペンと似ていて「油性色鉛筆」「水性色鉛筆」の二種類があります。

簡単にいうと、違いは「水で溶けない(油性)」「水で溶ける(水性)」です。

普段、私たちが使う馴染み深い色鉛筆は、油性色鉛筆の方です!

色を重ね混ぜ合わせるなど、華やかなタッチの色合いを楽しむに油性色鉛筆がベストなのです。

油性色鉛筆は芯の伸びが良く、柔軟でなめらかな描き心地。色鉛筆で塗った色がありのままに仕上がります。

油性色鉛筆は発色も良く濁りも少なく、とっても鮮やかです。

一方の水性色鉛筆は、基本水で溶かして使います。

水性色鉛筆は「水彩色鉛筆」「水溶性色鉛筆」といった別名があり、同じ水性も「硬質」「軟質」と性質が分かれるんです。

色鉛筆で描いた線に水筆を使うことで、ぼかしたり、滲ませたりと特有の楽しみが味わえ、マイルドで水彩画のようなタッチのぬり絵が完成します。

水性色鉛筆を水に溶かさずそのまま使うと、塗り重ねも悪くて、くすみも目立つとか。

油性色鉛筆のようにはいかず、面倒だからとそのまま使ってもただ塗りにくく、使い心地が凄く悪いだけです。

初めての人は上手く塗ることよりも、水性色鉛筆の使い方を覚えることが先決です。

グラデーションをつけたり、好きな色を重ねたり、枠にとらわれずにお好みのタッチを選べるのが、色鉛筆の醍醐味ですね♡

色鉛筆の特徴や魅力を駆使した基本的な塗り方動画もいろいろ試聴できるので、動画を観ながら手軽にぬり絵を始めてみてくださいね♪

★油性色鉛筆の塗り方動画

https://youtu.be/iRS9UOrYyyg

★水性色鉛筆の塗り方動画

色鉛筆のおすすめメーカー

色鉛筆も意外と種類が多くて、買うとなるとどれを選ぼうか悩んでしまいます・・・

そこで、色鉛筆の人気メーカーを調査してみました♪

スポンサーリンク

人気メーカー

ファーバーカステル

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

おけいはん(@k_minto_)がシェアした投稿

★三菱鉛筆

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kobanko/gyarakoba 本垢兼D垢(@tdr80ty23koban)がシェアした投稿

created by Rinker
¥12,498(2024/02/23 09:11:24時点 楽天市場調べ-詳細)

★トンボ鉛筆

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

AriKo(@ariko_chu)がシェアした投稿

サクラクレパス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

サクラクレパス公式(@sakura_craypas)がシェアした投稿

サンフォード

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hana(@hana._.0330)がシェアした投稿

定番は12色、24色、36色ですかね。

定番以外にも120色、150色、180色セットなど、貧乏人の私にはちょっと手が出ない高価な物もいろいろ揃ってます。

色があり過ぎると、どれ選ぼうか悩んでしまいそうですが、欲しい色使いが一本で表現できるメリットがあり、おそらく重ね塗りが不要となります。

塗り絵は幸せホルモンが活性化

ぬり絵を塗りきった後の達成感により、脳のオキシトシンなどが刺激され、幸せホルモンがめっちゃ分泌されるそうです。

幸せホルモンの分泌量が増えると、安らぎや前向きな感情がじゃんじゃん生まれるということです。

ぬり絵は、心と体に凄く良いこと!

今日をきっかけに、色鉛筆で好きなイラストを優しく染めていきましょう♡

まとめ

無色なイラストに、色鉛筆を使って華麗に仕上げる達成感♡

色鉛筆の使い方をたくさんマスターして、いろんなタッチのぬり絵にチャレンジしてみてください♪

ぬり絵の極意を、いつか極められるでしょう!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク