ヤニクラとは?吐き気が出る?ヤニクラを治すにはどうすればいいか

雑学

喫煙者にありがちなヤニクラ
タバコを吸う方にはすぐにわかる言葉ですが、吸わない人からすれば聞きなれない言葉です。

今回の記事では
・ヤニクラとは?原因は?
・ヤニクラの症状は?
・ヤニクラの治し方は?

などを紹介します。

スポンサーリンク

ヤニクラとは

たばこを吸っていて、頭がクラクラしたり、吐き気が出たりする場合があると思います。
そのような症状を、ヤニクラと言います。

ヤニクラのヤニはタール、クラはクラクラの略です。
すなわちタール成分を含むタバコを吸って、クラクラする様子を表した言葉になります。

ヤニクラの原因・症状

ヤニクラの原因はいくつかありますが、その筆頭は血管の収縮が起こることにあります。
タバコの煙に含まれるニコチン成分が、呼気から瞬時に血流に入り血管を収縮させ、めまいのような感覚に陥ります。

血管の収縮の度合いによっては頭痛や吐き気の症状が出る場合もあります。

それほどニコチンは毒性が強く、その依存性は麻薬並みとも言われます。

また一酸化炭素による血流低下も原因です。

一酸化炭素とは、有機物などが燃えた時にそれが不完全燃焼であった際に発生します。
この一酸化炭素は、タバコなどを吸う時にも発生しているもので、主に煙に含まれているとされています。

一酸化炭素を吸収し、血流低下が発生し、ニコチンの薬理効果をさらに助長することになります。

密室での連続的な喫煙や、集団での一斉の喫煙で、このリスクは上昇します。

喫煙が習慣化することで徐々にヤニクラ耐性はつきますが、ヤニクラを感じなくなることはありません。

空腹時や寝不足などで血流が落ちている時は血管が収縮気味になっているので、ヤニクラの症状がでやすくなります。

ヤニクラの症状
・頭がクラクラする
・頭痛
・めまい
・吐き気

ヤニクラの危険性

喫煙者の中には、ヤニクラを感じる事こそにタバコを吸う意味を感じている方が多くいます。

タバコを吸うとニコチンが脳に直接作用し、脳内物質の分泌を促します。

この時の薬理効果を、脳が快感として覚えてしまうのです。

ニコチンは麻薬物質と同等レベルの快楽と依存性を持つ物質です。

タバコが美味しいという方がいますが、それは味ではなくヤニクラが起こる事が好きだという意味になります。
タバコを吸うと落ち着くとか、食後の一服がいいなどの感覚になっている時はすでにニコチン依存症状になっています。

ヤニクラを治すには?5つの対処法

ヤニクラの原因は、血流低下血管収縮によって酸欠状態になることで起こります。
そのため基本的には、そのような状態にならないようにする必要があります。

深呼吸して体内に綺麗な空気を入れる

深呼吸は人の心や体を落ち着かせる効果があります。
ヤニクラは脳に酸素が行き届いていないため、まずは深呼吸して外の空気をたくさん吸って体をリラックスさせてあげましょう。

連続での喫煙を避ける

連続で何本も吸ってしまうと、ヤニクラになりやすくなります。
短時間でニコチンの摂取量が増えてしまいますので、連続での喫煙(チェーンスモーク)は避けましょう。

空腹時には吸わないようにする

空腹時は低血圧の状態のためニコチンの血管収縮の影響を強く受けます。
低血圧になっている状態でタバコを吸ってしまうと、更に血圧を下げてしまうことになる為、ヤニクラになりやすくなります。

血管の収縮を抑える

ヤニクラ血管が収縮してしまっているので、その逆の行動、たとえば血管が広がる、暖かいお風呂やシャワーを浴びる、または、軽い運動などをしてリラックスしてみてください。

ニコチンの量を減らす

ニコチン量が多ければ多いほどヤニクラの症状も悪くなってしまいますので、ニコチン量を落としてみても良いかもしれません。
ニコチン量を落とすだけでヤニクラの症状が軽くなる、もしくはヤニクラ自体が起きなくなるかもしれません。

まとめ

ヤニクラの原因は
・ニコチンによる血管収縮
・一酸化炭素による血流低下

ヤニクラの症状は
・頭がクラクラする
・頭痛
・めまい
・吐き気

ヤニクラの対処法は
・深呼吸して体内に綺麗な空気を入れる
・連続での喫煙を避ける
・空腹時には吸わないようにする
・血管の収縮を抑える
・ニコチンの量を減らす

ちなみに、ヤニクラを確実になくすには、タバコを止めることです。これ以上ない対処法です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました