低温調理が一番おいしくなる調理法?どうすればできる?

グルメ
あいどん君
あいどん君

お肉を一番美味しく食べる方法といえば?

あいのー先生
あいのー先生

それは低温調理で決まりだね。

あいどん君
あいどん君

て、低温調理!?ステーキとかそういう答えが返ってくるかと思った。

ここ数年で話題になり始めた新しい調理方法、「低温調理」はご存じですか?

低温調理で作ったお肉の美味しさは格別です。

低温調理をするだけでお店の味が自宅で味わえる。それだけ美味しくなる調理法。

今回は、低温調理とは?どうすればできるのか?を調査しました。

スポンサーリンク

低温調理とは

通常の調理は肉や魚をフライパンで焼いたり沸騰状態の鍋で煮たりしますが、
低温調理とは、真空にした状態の食材を一定の温度(低温)で長時間加熱する調理法のことです。正式名称は「真空低温調理法」。

低温調理をすることで、肉や魚のみずみずしさを保ち、食感もよくジューシーにいただけるという利点があります。

低温調理はどうすればできる?

100℃以下の低温調理を自宅のフライパンや鍋で行うことは難しいですが、
自宅でも簡単に低温調理ができるように開発された温度を一定温度にキープできる低温調理機というものがあります。

低温調理器を鍋などの容器に入れることで、張った水の温度と保持時間を設定することができます。
その中にジップ付き袋などで真空状態にした食材を入れるだけで、本格的な低温調理の味を楽しむことができます。

「BONIQ」で肉も魚もレストラン並みの仕上がりに

低温調理器具というと有名なのが「BONIQ」と「ANOVA」です。
日本人には断然「BONIQ」をおすすめします。

「Anova」は海外製品なので説明書が英文だったり、コンセントが3P方式だったりと使うのが若干難しいのですが、「BONIQ」は日本のブランドなのでその点は心配ありません。

「BONIQ」の使い方は簡単で、
①まずは食材にした味を付けて、フリーザーバッグに入れる
②BONIQで時間と温度を設定して、鍋に食材を入れる

これだけでOKです。あとは食材に応じた調理時間分待つだけ。
香ばしい焼き目が欲しい方は、その後にフライパンでちょっと焼きをいれてもいいですね。

これだけで自宅で簡単に、店の味を味わうことができます。

低温調理で気を付ける事

低温調理の際、特に初心者が気をつけたいのは加熱不足による食中毒です。
以下の6つのポイントを抑えて、安全かつ美味しい料理を楽しみましょう。

①清潔な手で行い、まな板・包丁・バッグなど清潔な道具を使う
②新鮮な食材を使う
③食材を汚染させない
④食肉の場合、「低温調理 加熱時間基準表」のBONIQ設定温度・時間を守る
⑤正しい方法で加熱を行う
⑥調理後、保存する場合は急冷する

低温調理に向いている食材

・牛、豚、鳥などのお肉全般

お肉が一番美味しいと感じる温度は55℃~58℃辺りです。この温度帯での調理が一番お肉を柔らかく感じれます。

タンパク質に熱を加えると50℃辺りから変化を起こし、70℃を超えるあたりには硬く縮んで肉汁(旨味や栄養分)も失ってしまいます。

低温調理では、一番いい温度を保てるため、柔らかさ肉汁を失わずに調理することが可能です。
旨味を保ったまま、噛めば噛むほど美味しさが溢れてくる調理法となります。

その他(魚や野菜もOK)

低温調理で肉だけではなく魚や野菜なども美味しくすることができます。
BONiQの公式サイトでレシピを公開しているので、参考にどうぞ。

低温調理レシピ:BONIQ公式簡単おいしい低温調理レシピ
日本最大級の簡単おいしい低温調理レシピサイト。国内売上No.1の低温調理器「BONIQ(ボニーク)」が考案する低温調理レシピやレシピ動画、 低温調理の比較実験コンテンツ。人気ランキングや低温調理イベント紹介も。

まとめ

低温調理は「低温」で「長時間」「真空」のまま温めて旨味を凝縮させる調理法です。

特に肉料理におすすめで、お店で食べるような柔らかくてジューシーなお肉の味を自宅でも簡単に作れてしまいます。

調理方法も慣れてしまえばとても簡単なので、是非試してもらいたい調理方法です。

あまりのおいしさに、外食の回数が減ってしまうこと間違いなしです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました